妊娠中ダイエットは危険?つわりで痩せる場合は?

このページでは、妊娠中に痩せるのは危険なこと?つわりの場合はどうすれば良い?
という『妊娠中の体重管理』について詳しく見て行きたいと思います。

 

健康な赤ちゃんを産んで、産後にひとりの女性として母性も加わってきれいになるための
基準的な体重増加の適正値を見ながら、それを維持する方法をシンプルに分かりやすく見て行きたいと思います。

 

妊娠中に増えすぎた体重で産後ダイエットに苦労したり、妊娠中に健診で先生に叱られたり・・・
そういったことにならないためにも、もし良かったら参考にしてみてください♪

 

まずは、妊娠中の体重管理の基準から一緒に見て行きましょう。

妊娠中の体重管理って基準はあるの?

妊娠中,痩せる,つわり

現在では、昔とは異なり妊婦さんの体重管理に細かい病院もとても増えています。

 

産婦人科で妊娠中の食事面のアドバイスやエクササイズなど様々なことを言われたことはありませんか?

 

もちろん、妊娠中は赤ちゃんの成長分、胎盤、羊水、血液の増加分以上に太ってしまうのは危険と言われています。

 

ですが、前述の全部を合わせても『およそ7kg〜8kg』となっています。

 

妊娠前のもともとの体格や体脂肪率などの個人差を求めた『BMI(Body・Math・Index)』という数値があり、
妊娠中の体重管理の適正値というものがあります。

 

  • やせ型(BMI値:18以下)の方は10〜13kg増までは適正値
  • 普通(BMI値:18〜24まで)の方は7kg〜10kgまでは適正値
  • 肥満型(BMI値:25以上)の方は5kg〜7kg増加が適正値

 

厚生労働省で定めた、推奨値はこのような数値になっているんだそうです。

 

つまり、この数字から見ても分かりますが、妊娠中に『太っても良い推奨値がある』ということは、
逆に『妊娠中に痩せる目的のダイエットは必要ない』ということなんですね。

 

もちろん、体重管理に失敗して、明らかに推奨値からはみ出してしまって
それを、妊婦健診で指摘された場合や1ヵ月で2kg以上の急激な体重増加などの場合は
『ダイエットが必要になるケースもある』ということは例外としてあり得ます。

 

これらの適正値の体重増加分をコントロールするように求められるのが『妊娠中の体重管理の難しさ』です。

 

ただし、あまり『適正値にしばられてしまってストレスをためてしまう』となると、
それは大きな問題になるので、あくまでも『できる範囲で』を意識したいですね。

妊娠中の不安やストレスは避けよう!

妊娠中は特に適正体重をできる範囲で維持することが大切です。

 

その理由は、適正体重が守れなかった場合に『赤ちゃんに害が及ぶ危険があるから』ということです。

 

ただし、例外としては『泣きたくなってしまうほどの厳しい叱り方をする病院の先生や看護師』など
病院側に問題があるケースも事実としてあります。

 

妊娠中は、“吐きつわり”があったり、その反対に空腹になると吐き気がする“食べづわり”があったり・・・
矛盾がある真逆の症状が起こったりもします。

 

これは、意図的に自分でコントロールできることではありません。

 

あまり不安やストレスを抱えてしまわないように、食べられるものだけ食べつつ、
できる範囲で体重管理をすることや理想数値にこだわり過ぎないことも大切です。

 

そういった、例外がある場合は、まずは旦那さまに相談して病院を転院することや、
転院した先への健診などの移動手段は車で送り迎えしてもらうなどの
現実的な手段をとりつつ『ちゃんと病院に抗議する』ことも必要な場合が出てきます。

 

また、もうひとつ妊娠中に『痩せてしまう例外として“吐きつわり”』があります。

 

吐きつわりがあって、妊娠中に痩せてしまうのは『赤ちゃんに害がありそうで怖い』という方はこの続を読んでみてください。

妊娠中に痩せるのは危険?体重管理のまとめ

『赤ちゃんの分まで栄養取らなくてはいけないのだから、妊娠中は太るのが当たり前』
とされていた時代とは違い、現在では妊娠中でも赤ちゃんの体重分や胎盤の重さ分以上は
体重を増やさないように言われることが多いのです。

 

しかし、妊娠中にダイエット目的で痩せるというのはあまり好ましくないのも事実です。
中には妊娠中にダイエットをすること自体が危険だという方もおられます。

 

ただし、この言葉には妊娠中にどういった痩せ方もダメというわけではないんです。
安心して妊婦さんもお腹の中の赤ちゃんも悪い影響がない痩せ方というのはありますし、
無理をしないダイエットが大事ともいえます。

 

妊娠中に過度なダイエットをすることで、そのお母さんから生まれてきた子どもは太りやすくなる、というデータもありますので、あくまでも体重管理をして太りすぎないように心がければ十分です。

 

また、ダイエットをしなくてもつわりで痩せる場合もありますが、この場合にはあまり心配はありません。
つわりは自然な現象ですし、自力で止めることもできません。

 

栄養が摂れないから赤ちゃんは大丈夫かな?と思われるかもしれませんが、赤ちゃんはしっかりお母さんの体から栄養素を吸収しています。
ですから、つわりの間はムリせず、食べれるものを食べるようにしましょう。
また、あまりにもひどい時には病院に行って点滴をするという方法もあります。
ですから、気持ちをゆったり持ってゆっくりと過ごすようにしてくださいね。

スポンサードリンク