妊娠中の生理痛のような痛みの正体は?

妊娠中に起こる生理痛のような痛みの原因と対処法

妊娠中にもかかわらず、生理痛のような下腹部の痛みを感じると、

切迫早産などの良くないことが脳裏に浮かんで、不安になってしまいますよね。

 

実は妊娠中の中でも特に妊娠中期にこのような悩みを持つ方が多く、
このような生理痛のような痛みは心配いらない痛みと、
場合によっては危険な場合がある痛みがあります。

 

このページでは、いくつかある妊娠中の生理痛のようなお腹の痛みの正体についてと、それらの対策についてまとめています。

 

  • 妊娠中の生理痛のような痛みの原因はコレ
  • 妊娠中の生理痛のような痛みの対策 
  • 妊娠中の生理痛のような痛みを予防するには
  • まとめ

 

またこれからのことで、何か予防できることはないかと探している方のために、生理中に生理痛のような痛みが起きないように予防する方法などもまとめています。

 

まずは生理中に怒ってしまう、生理痛のような痛みの原因について見ていきましょう。

 

妊娠中の生理痛のような痛みの原因はコレ

実は、妊娠中の生理痛のような鈍い痛みは、妊娠中期の方によくある話なんです。

 

複数ある中で考えられる原因の1つとしては、引っ張られたような痛みであることです。子宮が大きくなっていくときに、それを支えている靱帯が引っ張られるときに感じる痛みのことです。
このような痛みは下腹部や、足の付け根あたりに鈍い腹痛を感じるといいます。このような痛みに関しては正常な体の変化に伴うものですので、特に心配する必要はありません。

 

胃炎が原因で痛い

お腹の上の方が痛いと言う場合は、胃炎の可能性もあります。妊娠中と言うのは、以外と消化器官系のトラブルが多いんです。つわりの関係で遺産が正常に分泌されなかったり、空腹時にムカムカしてしまったり、過食になってしまったり、こういった場合は胃炎の可能性を疑いましょう。

 

便秘が原因でお腹が痛い

つわりがいったん落ち着き、食欲が増してきた妊娠中期に便秘に悩む方が多いんです。
特に妊娠中と言うのは便秘などのトラブルはつきもので、中には便秘ではなく、下痢に悩む方もいらっしゃいます。

 

切迫流産、切迫早産

これらの痛みは良く生理痛のような痛みと表現されます。これが妊娠中の方全員が恐れている下腹部の痛みの原因だと思います。加えて他のお腹の痛みと区別が自分だとなかなかつきにくいため、よくある妊娠中のお腹の不調だと勘違いしてしまう方も少なくありません。

 

妊娠中にある生理痛のような痛みの対策

妊娠中のひどい生理痛のような痛みを感じる場合、どのような対処をすればいいのでしょうか。

 

胃腸炎などの場合

これに関しては特効薬があると言うわけではありません。こういった症状の二次災害を防ぐためにも、できるだけ脱水症状にならないように水分補給が必要になります。胃腸炎の場合は幸いにもおなかの中の赤ちゃんに悪い影響を及ぶことはない病気ですが
、心配な方は、水分補給をこまめにする上で病院の先生に診てもらいましょう。

 

便秘が原因でお腹が痛い場合

便秘が原因でお腹が痛くなっている場合は、早め早めの対策がポイントです。食物繊維が豊富な、便通が良くなるような食生活にすることや、無理のない程度の適度な運動、こまめな水分補給。これらを徹底して便秘にならないような生活を心がけていきましょう。
妊娠中は特に市販の便秘薬などで解決することは無いようにして、あまりにもひどいようでしたら主治医に相談しましょう。

 

切迫流産、切迫早産

生理痛のような痛みのほか、おりものの変化、膣液体は出ていないか、腰や骨盤のあたりに異常は無いが、子宮の動きはどうだろう、最近無理はしていないか、そういったことを確認し、あまりにも長い間痛みが続くような場合や、生理痛のような痛みが、激痛に変わるようであればすぐに病院へ行ってください。

 

妊娠中の生理痛のような痛みを予防するには

生理痛のような嫌な痛みを予防するためには、日常から心がけたいことが2つだけあります。

 

まずはストレスをためないような生活を心がけること。

特に日本はストレスをコントロールするのが非常に難しい国です。なのでストレスを感じないようにしましょうと言ってもなかなか難しいかと思います。そのためすぐにできる対策としては、ストレスを感じた場合その日にすぐに発散することを心がけるということです。

 

ストレスが溜まってしまうと、お腹の調子を悪くしてしまうだけでなく、様々な病気への抵抗力が低くなってしまうため、それ以上に悩みが増えてしまう場合もあります。ストレスを溜めずにこまめに解消している事は実際に健康法の1つとして認められています。穏やかなマタニティーライフを送るためにも自分の好きな方法で日々のストレスを方法を身に付けましょう。

 

仕事なので無理をしないこと

特にお腹のトラブルが増えてくる妊娠中期と言うのは、立っていようが椅子に座っていようが、苦しく感じる時が増えてくるかと思います。ですから無理に動きすぎてしまうと苦しみはさらに大きくなり、お腹の痛みを強く感じてしまう原因になりかねません。

 

周りに流されずに自分のできる範囲の仕事量で、母体の安全、赤ちゃんの健康第一で行動するように心がけましょう。

 

まとめ

このページでは妊娠中にも関わらず生理痛のような痛みがある方のために、その痛みの原因や対処法などをいくつか紹介しました。

 

その後にはお腹の痛みを予防するための方法をまとめましたが、特にこの2つはお腹の痛みを予防する以外にも様々な事に言える事ですので、特に取り入れて欲しい習慣です。

TOPへ