多胎児妊娠中の妊婦さんの食事とカロリーについて

多胎児妊娠のママさんは体重管理や体調、健康の管理に本当に大変な思いをされてると思います。

 

私の知り合いでも、双子ちゃんを産んだままがいるのですが、彼女も妊娠中は本当に吐き気がひどかったり、
そうかと思えば食べつわりがひどかったりと本当に不安定な体調に苦しめられていました。

 

また、貧血に悩まされることも多かったようで、出かけられなくなることもありストレスが溜まっていたようです。
多胎児妊娠の場合はこのように大変な要素がたくさんあるのですが、それでも妊娠中の食事とカロリーを管理することで
無事に赤ちゃんを出産したときの充実感や赤ちゃんの可愛さは2倍3倍と大きく感じることができますよ。

 

そのため、このページでは妊娠中の食事とカロリーの管理について妊娠初期、中期、後期に分けて見ていきたいと思います。

 

多胎児妊娠の妊娠初期の食事とカロリー

ただ1人親とは言え、妊娠初期の場合は赤ちゃんがまだ全然大きくなく胎嚢から赤ちゃんとしての形が出来上がる時期で、
特に食事に関しては葉酸と鉄分をしっかり取る必要はありますが、それ以上にこれといって注意するところはありません。

 

あまり神経質になりすぎるのもよくないので、葉酸と鉄分できるだけしっかり取るというイメージで妊娠初期を過ごしましょう。

 

また、カロリーについては、赤ちゃんが1人の場合の妊娠に比べて増える事はありません。
1日あたり自分自身の通常の摂取カロリー+50キロカロリー程度を心がけるようにしましょう。

 

また多胎児妊娠の場合はその分とらなければいけない葉酸や鉄分カルシウム、タンパク質などの量が増えるのかといった疑問を感じるままさんも多いと思います。
ですがこの点に関しては、ほぼ同じで赤ちゃんが1人の場合と全く変わりがありません。

 

厚生労働省の妊娠中の栄養摂取の目安の量に関しても多胎児妊娠でも特にこれといって大きく数値が違うといった形での設定はされていません。ですのであまり神経質になりすぎないように過ごしましょう。

 

食事に関しては赤ちゃんが2人もしくは3人といるため妊娠安定期や後期に差し掛かるとその分子宮が大きくなっていきますので、体重が増えすぎないようにコントロールするという意味もあって糖質、脂質、塩分の妊娠中に避けたい要素を意識しておくと良いでしょう。例えば、味付けは、カレー粉や山椒などのスパイス系をちょっと聞かせ気味にしてその分塩分を使う量を減らす。
などの工夫が必要です。

 

多胎児妊娠の妊娠中期の食事とカロリー

多胎児妊娠の妊娠中に、食事とカロリーの摂取量を意識することが妊娠中高血圧症候群を防ぐことにもつながり、
元気な赤ちゃんを無事に出産するための安全を確保することにもつながります。

 

その観点から妊娠中期の多胎児妊娠の食事のカロリーを見ていくと、
必要なカロリーは妊娠中期でいちにちあたり通常+250~300キロカロリーまでとなっています。

 

赤ちゃんが1人の場合の妊婦さんに対して+50キロカロリー程度増える位なのでほとんど差がないと考えていいでしょう。
また、お肉を食べる際には、調理する段階で事前に脂身を取り除いて置いたり、ボイルして余分な脂をできるだけとらないようにするということが大切です。

 

なぜなら、妊娠中期は特に胎児妊娠の場合で胎盤への負担が大きく、この時期に妊娠中高血圧症候群を発症してしまう方が多いためです。
結果の中にコレステロールとして溜まってしまう脂身が多くなると、そのまま血圧も上がりやすくなるため非常に危険です。

 

多胎児妊娠の後期における食事とカロリー

ここまで妊娠初期と妊娠中期について多胎児妊娠の場合の食事とカロリーを見てきましたが、妊娠後期でもその基本的な流れは変わりません。
やはり余分な糖質と脂質、塩分の摂取はできるだけ控える必要があります。

 

貧血になりやすいということを妊娠初期の時にお話しをしましたが、
鉄分と葉酸の摂取については重要度が赤ちゃんが1人の場合に比べて多くなっていることは変わりません。
妊娠後期についても引き続き葉酸と鉄分に関しては特に積極的に摂るように心がけましょう。

 

また赤ちゃんの体がかなり出来上がってくる時期が妊娠後期ですのでカルシウムも非常に大切になってきます。
毎日、妊娠中に牛乳を温めて飲むなど、出来る限りカルシウムを積極的に取るようにしましょうまたカルシウムと鉄分を結びつけて取った場合に吸収効率が悪くなるため、ビタミンCをとることも大切ですよ。

 

そういった条件から多胎児妊娠の後期の食事を見ていくと、ありつけに対して塩分を控えるためにレモン汁を使ってビタミンCをとりながら余分な塩分を取らないように控えつつ、脂質と糖質も引き続き控えるようにしたいものです。
多胎児妊娠の妊娠後期にとって良いカロリーですがいちにちあたり約500から550キロカロリーとなるのがおおよその目安となります。

 

多胎児妊娠中の食事とカロリーのまとめ

多胎児妊娠というと、赤ちゃんが2人や3人と増えている分だけその分栄養をたっぷり取らなければいけないように思われる方が多いと思いますが実はそんな事はありません。お腹の赤ちゃんは結構思っているよりもしっかりしたもので必要な栄養素をちゃんとママの体と食べ物からとっていくことになっています。もちろん赤ちゃんのタイプによって胎盤が1つのものを共有している赤ちゃんや赤ちゃんが人数分だけ胎盤を個別に持っているタイプによっても変わってくるのですが、基本的に栄養と食事、そしてカロリーの管理は体重が増えすぎないように注意しなければいけないのが多胎児妊娠の妊娠中の食事とカロリーの管理なんですね。

TOPへ