妊娠中に食べてはいけないものを食べるとどうなるの?

妊娠中に食べてはいけないものや、程々にするべき食べ物は意外とたくさんあります。

 

また、種類も豊富にあり、それを口にするとどのような悪影響につながるのか?というのはその食べ物によって変わってきます。
なので一概に、妊娠中に食べてはいけないものを食べるとこうなります。とは言えません。
そこでこのページでは、妊娠中に食べてはいけないものや食べ過ぎない方が良い食べ物の種類とその理由、注意すべき飲み物や調味料などをご紹介していきたいと思います。

 

妊娠中に食べてはいけないもの

普段は大丈夫でも妊娠中は避けた方が良い。と言う食べ物はいくつかあります。
それらについてそれぞれの理由や、具体的な悪影響についてご紹介していきます。

リステリア食中毒の危険がある食べ物

これに該当する食べ物は

  • ナチュラルチーズなどの加工せずに製造された乳製品
  • 生ハムなどの食肉加工食
  • スモークサーモンなどの魚介類系の加工食

こういった食べ物は以前までは何のことなく食べることができましたが、妊娠すると体力や免疫力などが低下してしまいやすく、これらの食べ物に含まれるリステリア菌という細菌に感染しやすいと言われています。

 

もし妊婦さんがリステリア菌に感染するとおなかの中の赤ちゃんにも感染する恐れがあり、それがきっかけで流産や早産の原因となると言われています。

トキソプラズマの恐れがある食べ物

これに該当する食べ物は

  • レアステーキ
  • 生ハム
  • ユッケ
  • レバ刺し

などの加熱が不十分なお肉です。

 

トキソプラズマとは簡単に言うと猫の糞や土の中にいる寄生虫のことで、健康な人が感染しても全く問題ないと言われています。

 

ただし妊婦さんの場合は感染してしまうと赤ちゃんに感染する可能性があり、そうなることで流産や資産になるリスクが高まったり、赤ちゃんの脳や目に障害が生じる可能性があると言われています。

水銀を含む食べ物

妊娠中は水銀を含むマグロなどの魚は避けるようにと言う話は有名です。
具体的には

  • 本マグロ
  • インドマグロ
  • メバチまぐろ
  • クロカジキ
  • メカジキ
  • マカジキ

といったまぐろ類の料理や加工食が該当します。

 

通常であれば、私たちがマグロなど食べても水銀は体の中からだんだんと排出されていくと言われています。

 

ただし、胎児の場合は体の外に水銀を排出する機能がないため、神経障害・発達障害につながる恐れがあると言われています。

サルモネラ菌の危険がある食べ物

サルモネラ菌と言えば生卵が有名ですが、その他にも生スプラウトや十分に加熱されていないお肉、低温殺菌しか行われていない乳製品なども該当します。

 

サルモネラ菌は直接的に胎児に何らかの悪影響を及ぼすと言うものではありませんが、これに感染してしまうと食中毒につながる可能性があります。

 

食中毒で1番怖いのが、激しい下痢による子宮収縮から流産や切迫早産になることです。

 

日本の生卵は世界一安全性が高いと言われているため、深く気にする必要は無いかもしれませんが、念には念を入れて生卵はきちんと加熱してから食べるようにしたいところです。

子宮収縮を促す働きがある食べ物

先ほど食中毒で1番怖いのが激しい下痢による子宮収縮だと言う話がありましたが、実は直接的に子宮収縮を促してしまう働きがある食べ物があります。
それは

  • ウコン
  • シナモン
  • タイム
  • セージ
  • バジル
  • ナツメグ
  • パセリ

などのスパイス類です。
それに加えてアロエも該当すると言われています。

 

これらの食材は体を温めて血行促進を促し食欲を増進させてくれることから、一般的には体に良い食べ物と言う認識があります。
ですが妊娠中にこれらを過剰摂取してしまうと、早産や流産を引き起こす可能性があると言われています。

 

また私たちの身の回りにあるお菓子類にはシナモンが使われていることが多く、妊娠中も知らず知らずのうちに口にしている可能性が高いと考えられます。

 

お菓子に限った話ではありませんが、可能な限り成分表を確認すると言う習慣をつけるのも必要かもしれません。

ヨウ素を含む食べ物

これに該当する食べ物は

  • ひじき
  • 昆布
  • わかめ
  • 海苔

といった海藻類の食べ物です。
また

  • 外食やインスタント系の食べ物
  • 合わせ調味料
  • 昆布エキスや海藻エキスが入っている飲み物

なども注意が必要です。

 

ヨウ素には、体の成長を促してくれる効果が期待されているのですが、この成分を過剰摂取し続けてしまうと甲状腺機能を低下させる恐れがあると言われています。

 

また、全く摂取しないことによって、流産や胎児の脳機能障害等の危険につながることもあるようです。

 

どっちかにしてほしいところですが、ヨウ素については食べ物の出汁としても使われていることが多いため、ほとんどの方が知らず知らずのうちに摂取していると言われています。

 

なのでどちらかと言うと、過剰摂取に注意を傾けたほうがよさそうです。

ビタミンAをたくさん含む動物性の食材

これに該当する食材は

  • レバー
  • うなぎ
  • あゆ
  • ホタルイカ

になります。

 

ビタミンAは過剰摂取をしなければ特に問題はないと言われているのですが、仮に過剰摂取をしてしまうと、胎児の奇形のリスクが高まってしまうと言われています。

妊娠中に食べてはいけないものまとめ

私たちの身近な食べ物の多くに妊娠中に食べてはいけないものとして該当しているものがありました。

 

なお、そういった食べ物を少しでも口にすると必ず何かしらの悪影響につながってしまうと言うわけではありませんが、胎児の危険が高まってしまうと言うのは間違いありません。

 

何かと大変な妊娠中のママの負担を増やしたくて言っているわけではありませんが、食材によっては胎児の命に関わるものもあるので、スーパーで買い物をする際は胎児への悪影響を考慮しながら食材選びをしたいところです。

妊娠中に避けるべき調味料は?

あれだけ身近な食べ物が妊娠中は胎児にとって危険な食べ物であるならば、調味料はどうなの?
と気になるところです。

 

ですが結論から言うと、多くの調味料が問題なく使うことができるようですが、妊娠中は何らかの害につながると言われている調味料も適量、または程ほどに使う分にはさほど心配する必要は無いとも言われています。

 

それではいくつかの調味料をあげて、それらの調味料が問題なく使用できるのか?適度に抑えといた方が良いのか?といった部分についてみていきたいと思います。

問題なく使用できる調味料

  • 蜂蜜
  • こしょう

使いすぎに注意したい調味料

  • マヨネーズ
  • だし醤油
  • 料理酒
  • 白だし
  • ポン酢
  • 塩こうじ
  • ケチャップ
  • 薬味
  • 醤油
  • 味噌

大量摂取を避けたい調味料

  • 人工甘味料

妊娠中と調味料のまとめ

料理をする際は調味料は必要不可欠といっても過言ではありませんね。
今後料理をする際に、この調味料はどうだったっけ?と迷われた際は、上記の一覧を参考にしてみてはいかがでしょうか?

妊娠中に良くない飲み物は?

食べ物や調味料とくれば、飲み物も気になる方もいらっしゃるかと思います。

 

それでは、どんな飲み物が大丈夫でどんな飲み物が控えるべきなのか?についてみていきたいと思います。

妊娠中でも安心の飲み物

  • 麦茶
  • そば茶
  • 牛乳
  • ヨーグルト
  • 乳酸菌飲料

妊娠中に気をつけたい飲み物

  • 炭酸飲料
  • 青汁
  • ハーブティー
  • ウーロン茶
  • 日本茶
  • 紅茶
  • コーヒー

妊娠中に絶対に避けたい飲み物

  • アルコール類

妊娠中と飲み物のまとめ

妊娠中に気をつけたい飲み物は完全にいけない!と言うわけではありませんが、炭酸飲料で言えば過剰な糖分やカフェインが胎児に悪影響を及ぼすことが心配されていたり、青汁も物によってはビタミンAなどの妊婦さんにとって避けたい成分が凝縮されているために過剰摂取の恐れがある。

 

といったように、全体的に良くないと言うわけではありませんが、このように場合によっては気をつけたい飲み物もたくさんありますので、これはどうなの?と曖昧になってしまった場合は、念のため安全性を確認することも大切です。

助産師が教える妊娠中に良い食べ物

このページのテーマとしては妊娠中に避けたい物ですが、最後に妊娠中に良い。と言われている食べ物もおまけにご紹介していきたいと思います♪

 

妊娠中に良いとされている食べ物は未精製の主食です。

 

未精製のものには、妊婦さんに嬉しいミネラルがたくさん含まれています。
特にお米は、栄養があるのは胚芽の部分だと言われていますので、妊娠中は胚芽米を選ぶことをお勧めします。

 

また、玄米や雑穀米も妊娠中に良いと言われています。

 

なお、パンについては私たちにとって身近な白くて柔らかい食パンなどよりは、ライ麦で作った雑穀パンなどがオススメだと言われています。

 

私たちの普段の食卓には精製されているものがほとんどで、そういったものはアレルギーの要因になるとも言われているんです。
このように妊娠中の主食を未精製のものにすることによって、様々な面で嬉しいメリットが期待できます♪

まとめ

妊娠中に口にする食べ物や飲み物は自分だけでなく大事な大事な赤ちゃんの栄養となりますので、食材1つ選ぶにしてもかなりの神経を使いますよね。。

 

それを習慣的に行うのは決して簡単なことではありません。
ですがそういったママの努力は絶対に無駄にはなりません。
むしろ、赤ちゃんの健やかな成長に大きなプラスになっている事は間違いありません!
ただ、気をつけたい食べ物の数も多いため、もし買い物の時に「これって大丈夫だったっけ?」と迷われた際は、このページに書いてあったことをぜひ参考にしてみてください♪

TOPへ