妊娠中ダイエットは大事なポイントがあります!

産後ダイエットに備えて

産後ダイエットに備えて妊娠中にダイエットしたい・・・これは女性ならではの悩みだとも言えます。

 

妊娠中は体が出産の準備のために、多くの栄養を蓄えようとします。
通常よりも多くの栄養を補給しなくてはならず、この時期にダイエットというと昔は反対されるのが当たり前でした。

しかし、妊娠中のダイエットというのは、実はダイエットの準備に最適なんです!

 

妊娠、出産、産後という時期というのは女性の体が大きく変化をする期間というのが大きなポイントなのです。
この時期にちゃんとただしいダイエットをすることは、やせるどころか、キレイになるチャンスでもあるんですね♪

 

この時期は様々な変化があります。
妊娠中の妊婦さんが多くの悩みを抱えたり、
自分を見つめ直すいい機会になったりと、その人なりの時間を過ごすことでしょう。

 

出産は体型が崩れる、体重が増えて当たり前などといったようなイメージが当たり前になっていませんか?
しかし、人間の体のメカニズムを考慮すると、産後こそ女性として美しくなれるチャンスなんです。

 

例えば、最近で言うと井川遥さんや神田うのさんとかは、出産を挟んで前よりもキレイって言われるようになりましたよね。
あんな風になれ。なんていうつもりはありませんけど、充分にチャンスがあるんですよ。

 

芸能人の方や周囲の先輩ママさんを思い出してください。
出産したのにきれいだったり、むしろ出産後によりきれいになった方をみたことありませんか?
もちろん逆に出産を機に老けたり、女性としての魅力を減らした方もおられると思います。

 

この差は一体なんなんでしょうか?

 

それこそ、しっかりと妊娠中ダイエットで産後に備えることができたのかどうかが大きな要因になっているんですね。
妊娠中ダイエットをせずに、産後にきれいになった方は意識せずにその備えができていたということなんです♪

 

妊娠中ダイエットのポイントというのは妊娠中に一気に痩せることよりも、
産後にきれいに痩せれる準備ができているかをポイントにして行うことで
あなたも女性として更なる美を目指してもいいのではないでしょうか。

 

産後は妊娠前とは違って生まれた赤ちゃんの育児や、
体力の落ちたママさんの回復、毎日の家事などとまどうこともとても多くあります。

 

産後になってから準備をするのではなく、妊娠中から
徐々にきれいにやせていける準備をすることはとても大事な差となって出てきます。

 

妊婦さんのダイエットはこのポイントを押さえるだけでも大きく差が出ます。
このサイトを気になってご覧頂いているという事は、あなた自身にも「キレイになれる意識がある」という事だと思います。

 

その考え方は間違っていません!今は出産直後の育児休暇が終わったら
すぐに職場復帰される方もいらっしゃいますし、それも普通の事として捉えられています。
周囲の人たちに「出産を経てキレイになったあなた」を魅せつけるチャンスでもあるんです。

 

そのためには代謝をあげるための酵素の必要性や、
筋肉を落とさないようにする工夫の方法など注目して頂きたいことがあります。

 

なんで妊娠中に太るの?

妊婦さんが太るのは当たり前・・・そう思われているのですが、
実際は妊娠する前のBMIの値や体質などによって
太る=体重が増加するということが、あまり出産に向けて
よろしくないという状況になるケースも意外と多いんですよね。

 

そこで妊婦さんが太ってしまう原因というのを
代表的なものをあげて見ていきたいと思います。

 

  • 赤ちゃんを育てるための体の変化
  • 妊娠初期のつわり後の過食
  • 食生活の乱れ
  • 運動不足

 

代表的な妊婦さんが太る原因はこの4つになります。

 

赤ちゃんを育てるための体の変化

お腹の中の赤ちゃんを育てるためには、妊婦さんの体にある程度の脂肪が蓄えられないと、赤ちゃんに必要になる栄養や糖質を十分与えることができません。
そのため、妊婦さんの体はホルモン分泌が活発化して体に脂肪がつきやすい状態になるんです。

 

 

また、赤ちゃんに与える栄養などを送るための血液の量も増加します。
血液量の増加は妊娠する前と比べると約50%も増え、血液量が増えるため、体に蓄えられる水分量も比例して増え、体重の増加につながります。

 

ただし、これらの変化は赤ちゃんを育てるためには必要な妊婦さんの体の変化ともいえるため、これらの変化がダメな太る原因ではありません。

 

妊娠初期のつわり後の過食

妊娠初期につわりを体験する妊婦さんは多いのですが、中にはつわりを体験せずに済んだという方もおられます。

 

つわりでご飯が食べられないという方や、お腹が減った状態になると感じる食べづわりで食生活が難しかったと感じる先輩ママさんも多いんですよね。

 

このようなつわりの影響で、つわりが落ち着いたタイミングで反動としてついつい食べすぎたという方も多く、つわりのせいで体重のコントロールが難しかったと感じる方も多いことでしょう。

 

 

食生活の乱れ

先ほどのつわりの影響での過食にも若干被る部分でもあるのですが、妊娠期間は体や先進的な変化に驚いたり、疲労やストレスを感じやすいことから、食生活が乱れることがあります。

 

自分が食事の準備をしない場合、つまり親と同居していてサポートしてくれるといったようなケースだといいのですが、妊婦さんと旦那さんだけの場合、食生活が乱れることで体重の増加や減少といったことにつながることもあります。

 

疲労やストレスをうまく発散して食事面の栄養をしっかりと意識していきたいものです。

 

運動不足

妊娠することによってつわりや体重の変化によって、運動不足になることがあります。
産婦人科からなるべくウォーキングなどの適度な運動はするように言われるのですが、日々意識していかなければ、なかなか運動が続かなかったりしますよね。

 

産休などで自宅にいる時間が長くなると、より動かないという方が多くなる傾向があるため、自然と体重の増加につながることがあります。

 

妊婦さんの体は太りやすい状態になっているため、普段より余計に運動不足の影響は顕著に表れてしまうんです。

 

なお、これらはこちらのページにてより詳しく解説しています。

 

妊娠中の妊婦さんが太る原因

 

もし良かったら、こちらのページも読んでくださいね。

 

妊婦さんにありがちな下半身太りの対策などをまとめたページです。

 

妊娠中に気を付けたい下半身太り

 

 

TOPへ