妊娠中の黒ずみを改善してくれるサロンってあるの?

妊娠してからデリケートゾーンを始め、いろんなところが黒ずみはじめていることに不安や悩みを抱えていませんか?

 

そんな体の黒ずみは自分で改善していく方法もありますが、具体的にどうして良いか分からず、
下手に手を出して胎児に何らかの悪影響が及んでしまうのも怖いですよね。

 

そうなると、妊娠中の黒ずみをサロンで改善しようと考えている方もいらっしゃるかと思います。
結論から言うと、妊娠中の黒ずみを改善してくれるサロンはないようです。

 

ですが、ご安心ください。

 

胎児の安全についても考えなければならないデリケートな時期の妊婦さんでも、
自分で安全に体の黒ずみを改善する方法はきちんとあるんですよ!

 

このページでは、妊娠中の黒ずみをお金をかけずについて具体的にどのように治して行くのかを
詳しく紹介していきますので、一緒に見ていきましょう。

 

妊娠期に黒ずみが増えるのはなぜ?

黒ずみを改善するためには、なぜこうなってしまったのか?
肌が黒ずんでしまう原因をある程度知っておくことも大切です。

 

もともと黒ずみは、刺激から肌を守ろうとして発生するメラニン色素が生成・沈着することによって発生します。

 

そして妊娠中に黒ずみが増えてしまった原因には、妊娠してから盛んに分泌されている女性ホルモンが大きく関係しています。

 

女性ホルモンには、黒ずみの元となっているメラニン色素をたくさん生成させる働きがあります。

 

つまり妊娠中は、以前と同じ様に外部からの刺激を受けたときに
発生するメラニン色素の量が圧倒的に多いことから、妊娠中に黒ずみが発生しやすいんですね。

 

このような体の変化は、妊娠に必要なものですので、この仕組み自体にアプローチをするのはできないと言われています。

 

妊娠中でも安全に黒ずみを改善する方法

妊娠中でも安全に黒ずみを改善していくためには、肌のターンオーバー(新陳代謝)を正常に機能させることが重要です。

 

皮膚に埋め込まれているような形で発生している黒ずみを、正常なターンオーバーを促すことで徐々に皮膚の表面に持っていきます。

 

そうすることで、髪の毛がどんどん生え変わっていくように肌の黒ずみが消えていき、黒ずみのないきれいな新しい肌に生まれ変わることができます。

 

黒ずみ改善と言えばこの方法になります。

 

この方法であれば、どこにお世話になることもなく、特にお金をかけることもなく、
体が持つ本来の回復力を生かした黒ずみ改善になりますよ。

 

もちろん、妊娠中のママでも安心して行うことができます。

 

ただし、妊娠中に安全にできる黒ずみ対策のスキンケアは、やり方や使えるものが限られるなどの制約がありますので
もう少し詳しく見て行きましょう。

ターンオーバーを正常に働かせるには

先程の段落で妊娠中の黒ずみを改善するためには、肌のターンオーバーを正常に働かせることが重要だということがわかりました。

 

ここでは、その肌のターンオーバーを正常に働かせるためのコツを紹介していきたいと思います。

 

血行促進

血行が悪くなると、肌の新陳代謝に必要なビタミンCが破壊されると言われています。

 

このような状態だと正常な肌のターンオーバーの足を引っ張ってしまう要因となりますので、血行促進を図るのはとても大切なことです。

 

そのためには、妊娠中の健康維持の意味も踏まえて適度なウォーキングをするのがオススメです。

 

睡眠不足解消

ターンオーバーは寝ている間に行われるのはご存じでしたか?

 

中には聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、
夜の10時から夜中の2時の間は、肌の代謝を活性化させる代謝酵素の働きが
向上する時間で、肌のゴールデンタイムとも言われています。

 

寝る前にスマホなどの液晶画面を見る習慣を止めて睡眠の質を高めることと、
できるだけ肌のゴールデンタイムの時間に寝るようにすると効果的です。

 

ストレスコントロール

ストレスが溜まった状態は、肌のバリア機能を低下させ外部からの刺激を受けやすい状態にしてしまいます。

 

また、直接的なターンオーバーを乱す要因にも関わっているんですよ。

 

ストレスの元となっていることを改善するか、生活の中で上手にストレスを解消することも必要となってきます。

 

バランスのとれた栄養

食生活が乱れているとどうしても肌のターンオーバーに悪い影響があるようです。

 

野菜や果物を積極的に摂取し、ビタミン豊富な食生活に改善していくのが好ましいと言われています。

 

正しいスキンケア

間違ったスキンケアをしてしまうと、逆に肌の機能を悪くさせてしまい、肌のターンオーバーを乱してしまう要因となるようです。

 

かといってスキンケアをしてはいけないわけではありませんが、スキンケアを行う際は正しいスキンケアの方法を取り入れることをお勧めします。

 

正しいスキンケアとは、保湿をしっかり行い、肌の常在菌によるバリア機能を壊さないことです。

 

顔なら洗顔のしすぎに注意するといったことになります。

 

ひじやヒザ、くるぶし、ワキなどの関節系の部位も、黒ずみを改善したくて、
ゴシゴシ強く洗ってしまうと、余計にメラニン色素を生成・沈着させてしまう原因になります。

 

このような、注意点を守りつつビタミンC誘導体配合の化粧品などを積極的に使って行くことで
肌のターンオーバーサイクルも改善されていくため、黒ずみが改善されて行きますよ。

 

妊娠期の黒ずみは改善よりも予防が重要

妊娠中に黒ずみが増えてしまう原因では、妊娠期を通してたくさん分泌される女性ホルモンの影響が大きいと言う内容でした。

 

つまり、妊娠期間を通して黒ずみが発生しやすい状態にあるということです。

 

もちろんできてしまった黒ずみを改善することも大切です。

 

ですがそれだけではなく、同時にこれ以上黒ずみができないようにできるだけメラニン色素が発生してしまう要因を回避することも大切です。

 

これからそのためにはどうしたら良いのかについてみていきたいと思います。

 

保湿を徹底する

黒ずみの原因であるメラニン色素が発生してしまう原因の部分で、外部からの刺激の話がありました。

 

実は肌が乾燥している状態だと、潤っている状態よりも外部からの刺激に反応しやすいと言われています。

 

つまり、肌が乾燥していると外部からの刺激を受けやすいためメラニン色素生成の頻度が高くなってしまいます。

 

そうなると、せっかく黒ずみを改善しても、新たな黒ずみを作るだけとなってしまいますので、
黒ずみ予防をするのであれば黒ずみが気になる部分の保湿を徹底していく必要があります。

 

衣類を柔らかい素材にする

実は硬い生地などの衣類を身に付けていると、その分肌への刺激が強くなってしまいメラニン色素が発生する原因となると言われています。

 

できるだけ肌に対して刺激を与えないように、身に付ける衣類はコットンやシルクを使った優しいもの選ぶと黒ずみ予防に効果的です。

清潔に保つ

肌への刺激は目に見えるものだけではありません。

 

空気中に存在する雑菌などによっても肌はダメージを受けると言われています。

 

そうならないためにも、特に脇の下やデリケートゾーンなどの清潔を保つことが大切だと言われています。

妊娠中に黒ずみ用の美白クリームってどうなの?

黒ずみ用の美白クリームには、肌のターンオーバーを正常にするための有効成分が配合されていると言われています。

 

ここまで紹介したいくつかの方法を実践することで肌のターンオーバーを正常化する効果が期待できますが、
お金をかけた方法を何かお探しであれば、黒ずみ用の美白クリームを使ってみると良いかもしれません。

 

なお、妊娠中は肌もデリケートですし、胎児への影響が心配ですよね。

 

美白クリームを選ぶ際は妊婦さんでも安心の無添加な作りになっているものを選ぶことが大切です。

 

例えば、美白クリームとして知られるハイドロキノンなどは、確かに黒ずみやシミ、そばかすなどに改善効果が期待できますが

 

妊娠中は、使用を控えるようにしましょう。

 

また、レチノールもビタミンA(動物性)なので、肌からの桂皮摂取で過剰摂取になる可能性がないとは言い切れません。

 

ですので、ビタミンC誘導体やプラセンタなどの天然由来の美白成分のクリームを選ぶと妊娠中でも安心して黒ずみ対策ができますよ。

妊娠中に自宅でできる安全な黒ずみ改善法のまとめ

妊娠中に自宅でできる安全な黒ずみ改善の方法を分かりやすくまとめてみました。

  • 保湿を中心とした正しいスキンケア
  • ターンオーバーを活性化させる適度な運動
  • 睡眠不足をできる限りしない
  • バランスの取れた栄養摂取
  • ストレスをためないようにする

これらの生活習慣やスキンケアの見直しで、安全な黒ずみ対策を行うことができます。

 

また、化粧品選びについては、ハイドロキノンやレチノールなど、妊娠中に使用できないものもあります。

 

妊娠中でも安全に使える天然由来の美白成分の化粧品を選んで使うなどを意識しましょうね。

TOPへ