MCTオイルと3種類のダイエットオイルのカロリー・効果を比較

妊娠中の体重管理ダイエットに効果的なオイルとも言われている
『MCTオイル』のカロリーについて詳しく見ていきたいと思います。
ただし、MCTオイルは100グラムあたり何キロカロリーですよ。
と言われたところで、毎日の生活で使う“油”としての見る角度で見て行くために
ここでは実際にダイエットに対してどうなの?
そして妊娠中の体にとって安全かどうか?

  • ココナッツオイル
  • オリーブオイル
  • キャノーラ油
  • MCTオイル

これら4種類のオイルを比べてどうなのかといったところを詳しく見ていきたいと思います。

 

妊娠中にオイルの違いが大切な理由

妊娠中には、体重管理ダイエットを行う必要がありますよね。
でも実は体重管理ダイエットよりももっと大切なことがあるんです。
それは血液の質を良いものに保つということです。
これはあまりご存じない方の方が多いかもしれませんが、
実際には妊娠中には血糖値を上げてしまったり、血液が酸化した状態を作り出してしまったりといったことが一番危険な影響与えてしまいます。
これは、妊娠中高血圧症候群や妊娠糖尿病に直結するため、本当に命の危険さえあり得る影響なんです。

 

そこで、大切なのが妊娠中に体に対して悪いオイルを使わないということです。
できるだけ毎日の生活の中で使うオイルで、妊娠中のお腹の赤ちゃんや自分自身への影響も含めて一番健康的で、
なおかつ美味しく使えるオイルを使うべきです。

 

そのためにも、毎日の生活の中でどんなお色を使うのは一番良いのかというところを知るために、
このページではココナッツオイル、オリーブオイル、キャノーラ油とMCTオイルの4つで比較をしてみることにしました。
それぞれに健康に対しての効果とダイエット効果をご紹介していますのでよろしかったら参考にしてみてください。

ダイエット効果が高いオイルはどれ?

この4つの中で一番ダイエット効果が高いオイルは、MCTオイルです。
結論から先にしまうと実はMCTオイルというのは中鎖脂肪酸100%オイルというべきもので、体の中でほぼ全てが10分以内にエネルギー源として燃焼される使われるオイルなんです。
この中鎖脂肪酸に関しては詳しいページを用意しましたのでそちらをご覧ください。

 

MCTオイルとは

実はダイエット上で一番大切なのは血糖値を上げないという低カロリーであること同時に
体の中で既に蓄積されている内臓脂肪や血管の血流を悪くしてしまう
血中コレステロールの値をできるだけ下げたりする血栓予防効果が大切です。
この2つの要素が揃っていて初めて本当にダイエット効果が高い理由ということができます。
実はMCTオイルというのはココナッツオイルにも含まれている中鎖脂肪酸なのですが、
中鎖脂肪酸で作り出すことができるケトン体には体の中のコレステロールをエネルギーに変えることができる作用があるため、
この中鎖脂肪酸が100%で作られているMCTオイルのダイエット効果が注目されているんです。それと同時に健康にもなれるんです。

 

各オイルのカロリー比較

それぞれのオイルのカロリーを比較してみましょう。カロリーの比較という意味では、実はキャノーラ油が一番カロリーが低くなっています。
カロリーが低い順番に上から並べていくと…

  1. キャノーラ油・・・100グラム当たり884キロカロリー
  2. MCTオイル・・・ 900キロカロリー
  3. ココナッツオイル・・・920キロカロリー
  4. オリーブオイル・・・920キロカロリー

とこのような順番になっています。ただしこれらのカロリーといってもすべて100グラムあたりで比べていますから実際に毎日の生活の中で使うというと大さじいっぱいあたりに変換したほうがわかりやすいですよね。
それで言うと大さじ1杯あたり(12グラム)

  1. キャノーラ油・・・110キロカロリー
  2. MCTオイル・・・112キロカロリー
  3. ココナッツオイル・・・115キロカロリー
  4. オリーブオイル・・・115キロカロリー

という順番になります。
どうやらカロリーの量が少ないかという順番で言うと、
キャノーラ油が一番カロリーが低くなりますね。

 

とはいえ4種類のオイルの比較で言うとそれほど大きな差ではありません。
2キロカロリーとか3キロカロリーというと大体ご飯粒でいうと20〜30粒くらいの違い程度です。
では、これらのオイルそれぞれの効果を比較してみましょう。効果というとやはりダイエット効果になるのですが、それ以外にも健康効果といった側面も含めてお話をしたいと思います。

 

4種類のオイルの効果を比較

こちらのオイルのそれぞれの効果を比較すると、毎日の生活の中で使うべきかどうかといった部分がわかりやすくなってくると思います。
では先ほどカロリーが一番低かったキャノーラ油から見ていきましょう。

 

キャノーラ油の健康、ダイエット効果

キャノーラ油の健康、ダイエット効果は、決してお勧めできるものではありません。
実は妊娠中の体にとっては本当に危険な存在とも言えるトランス脂肪酸を含んだオイルだからです。
トランス脂肪酸というのは、血液の中に吸収されて血栓を作ってしまったり血圧を上げてしまったり、
様々な健康に対してのデメリットがあります。
そのため、できることが避けて欲しいオイルということができます。
もちろん、それでも他に普通に市販されているサラダ油に比べれば良いという話なのですが、
ここでご紹介しているMCTオイルやココナッツオイル、オリーブオイルに比べると明らかに悪い油ということができます。

 

ココナッツオイルの健康・ダイエット効果

ココナッツオイルの健康とダイエットに貢献できる効果というのは、MCTオイルの中で話題になっている中鎖脂肪酸が約50%以上も含まれているものだからです。
MCTオイルというのは人工的に作り出されたオイルなのですが、本当にオーガニックなものにこだわりたいという方にとってはココナッツオイルというのも悪い存在ではありません。
というのもダイエット効果はMCTオイルほどではありませんが、特に妊娠後期で母乳を作る準備のためにおっぱいが張り始めている妊婦さん等については、
赤ちゃんに与える初乳としてとても免疫力を高める効果が高いと言われるラウリン酸も含んでいます。
中鎖脂肪酸とラウリン酸のほぼ純粋の塊と言っているのがココナッツオイルなんです。
当然ですが、血液に対しては決戦を作ったり血中コレステロール値を高めてしまったり、そういった事は一切ありません。
ココナッツオイルがつい最近までミランダカーやローラちゃんなどが使っていて健康とダイエットのためにと言われ注目されていたのはこういった理由からです。

 

オリーブオイルの健康・ダイエット効果

オリーブオイルの健康とダイエットに対しての効果は非常にシンプルなもので、長鎖脂肪酸でありながらオレイン酸とαリノレン酸が含まれているために、取り入れる料理法によっては、健康効果が非常に高いものといえます。ただしダイエット効果については、αリノレン酸もオレイン酸もどちらも体内に蓄積される脂肪酸のうちの1つですので、実はダイエット効果というのはほとんどありません。あくまで妊娠中の血液の質を高めることのための健康効果としてオリーブオイルを取り入れるというのならばオススメなのですがダイエット効果を求めていくならココナッツオイルやMCTオイルの方が遥かに上です。また、オリーブオイルの基本的な性質として長鎖脂肪酸という酸化しやすいオイルであり、またオリーブオイルの基本的な特性として蛍光灯の光ですが酸化をし始めてしまうという非常に敏感な性質を持っているため扱いが難しいんです。そのためオリーブオイルを使うならばまずできるだけ加熱しないこと、そしてできるだけ光に当てないことこの2つをできるだけ守った方が良いですね。

 

MCTオイルの健康・ダイエット効果

MCTオイルの健康とダイエットに関する効果については、ほぼ満点(というか現場世界の中で存在する油の中で最も健康とダイエットの効果が高いオイルと言えます)をあげるべきでしょう。というのは、まず中鎖脂肪酸100%のオイルであること、この中鎖脂肪酸というのは体の中に吸収されてから物10分以内にエネルギーとしていろいろな脂肪と結びついてそれでも一緒に巻き込んで燃やしてくれる分解と燃焼の働きがあるんです。そして中鎖脂肪酸は他の今までに体内に蓄積された脂肪を分解、燃焼してくれる働きもありながら自分自身も非常に素早く分解されて体内でケトン体を作り出すエネルギーになります。このケトン体に今までの酸化してしまった体内脂肪の分解と燃焼を促進する働きがあるんです。
また、中鎖脂肪酸自体には、他のラウリン酸やオリーブオイルには含まれているカプリル酸などが含まれていないため、まさに中鎖脂肪酸100%のオイルとなっています。そのためエネルギー効率は非常に良いのですが、例えば肌に塗ってスキンケア効果が出たり、潤いを保つ働きが強いのはオリーブオイルですので、もしスキンケア目的で肌に塗る事を考えるならばMCTオイルよりもオリーブオイルの方が良いと言えるでしょう。

 

4種類のオイルの比較まとめ

ここまで4種類のキャノーラ油、オリーブオイル、ココナッツオイル、MCTオイルの4種類のオイルを比較してきましたがいかがでしたでしょうか。
今までダイエットを食事量や糖質(カロリー)の高さや低さといったものにしか注目できなかったのは情報量が少なかったからだけだと思います。
正しい情報を下にしてこのようにオイルの種類を比較してみると今自分にとって必要なオイルがどれなのかを選ぶことができると思います。
また、最近では、MCTオイルとコーヒークロロゲン酸、オメガ3脂肪酸といったダイエットと血液の質を高めるといったことで健康効果に貢献する脂質だけをメインとしたサプリメントも市販されています。
ですので、妊娠中のダイエットと健康効果に正しく着目した自分にとって一番良い選択をした上で妊娠中の体重管理ダイエットを実践する役に立ててくださいね。

スポンサードリンク