グルテンフリーダイエットは効果だけ?副作用はないの?

妊娠中の体重管理ダイエットで悩んでおられませんか?
体重管理のための制限は厳しいのに、それと反するようにお腹の赤ちゃんのために栄養はしっかりとらなければいけない。

 

これは当たり前のことですが、妊娠中にダイエットによるストレスを感じるというのも辛いものです。
そこでこのページでは、最近話題になっているグルテンフリーダイエットの効果いや好転反応をご紹介しながら、
妊娠中にグルテンフリーダイエットを行うためのやり方や注意点、
さらに効果を上げるためのおすすめのアイテムなどが紹介されているページへのご案内も掲載していますので、
もしよろしかったら最後まで読んでみてください。
まずはグルテンフリーダイエットがどのような効果があるのかといった点から見ていきましょう。

 

グルテンフリーダイエットの効果は?

グルテンフリーダイエットは既にご存知の方も多いと思いますが、ダイエット総選挙でも放送されていた通り
「小麦、大麦、ライ麦などの麦系の食材を含む一切のグルテンを取らない」というダイエット方法です。

 

麦に含まれているグルテンを一切取らないようにすることによって
血糖値の急上昇を防ぐことができる効果があり、
血糖値が上がることによって起こってしまう妊娠中の糖尿病や高血圧症候群などのリスクを予防する効果が期待できるということなんですね。
実は体重管理のダイエットに対しても非常に良い影響があるのがグルテンフリーダイエットなんですが、
その効果を具体的に見ていくと、次のようなものになります。

  • 疲れにくくなる
  • 朝の目覚めが快適になる
  • 便秘解消むくみや冷え性の予防と改善
  • 体重が急激な増加を予防できる

といったようなものが、妊娠中にグルテンフリーダイエットを行うことによって得られる効果であり、なおかつメリットでもあります。
また、生まれたばかりの赤ちゃんから小学生を卒業する位までに悩まされることが多い
「お子さんの小麦アレルギー」の原因とも関与しているのがグルテンなので、
これを予防する効果も期待できるだけではなく、実際に欧米諸国の研究論文ではその成果が発表されています。

 

というのも日本人はもともとお米を主食にしているため、
炭水化物はとっているもののグルテンは主食としてとっていないため、
グルテンが体に与える悪影響の研究やそれを解消するための研究といったものが欧米諸国に対してまだ10年以上の単位で遅れているのが現状なんです。

 

ちなみにアメリカでは、グルテンが含まれている食材に関しては加工食品でも全てにおいて
表示義務が徹底されて、アメリカ全土のスーパーマーケットではグルテンフリーの食材が置かれている棚の方が、
グルテンが含まれている通常食材の棚よりも品揃えが豊富で多い位になっているお店もあるくらいなんですよ。

 

なぜこれほどまでにグルテンが悪者になるのか、その理由を少しだけ軽くご紹介したいと思います。

 

グルテンは悪者?健康被害が多数報告

グルテンは、非常に研究が進んでいる欧米諸国では悪者扱いされているということを先ほどご紹介した通りです。
その理由はグルテンを取り続けることによる健康被害が多数報告されている事によるものなんです。

 

その健康被害とは、セリアック病と呼ばれる自己免疫疾患や
ママの体から間接的にグルテンを摂取したことによるお腹の赤ちゃんへの生まれてからの小麦アレルギーの発症など、
さまざまな病気の原因がグルテンによって引き起こされているのではないかと考えられています。

 

また特にアメリカの場合ですが、ファーストフードのフライドチキンの衣やピザ生地といった
小麦を使っている食品に対して1部のユーザー層で不買運動が起こる事でもあります。

 

そのため、妊娠中もできることならグルテンフリーダイエットを取り入れた方が良いという意見に変わってきているのが
最近の妊娠中の体重管理ダイエットの考え方になってきています。

 

実際に、グルテンが体の中に取り込まれることによって血糖値が上がり
血管の壁に粘り気のあるグルテンが付着することで老廃物も吸収して、
プラークとして定着してしまうことで血流が悪くなり血栓症などの病気のリスクも上がってきて、高血圧や糖尿病の原因にもなりやすいんです。
このような健康被害を防ぐことができるというのもグルテンフリーダイエットの効果の1つということができますね。かなりこれは大きなメリットだと思います。

 

妊娠中のグルテンフリーダイエット

 

では、この良いことだらけのように思えるグルテンフリーダイエットでも、
妊娠中にそれを急激にやり始めることによる体調不良などが心配という方のために、
グルテンフリーダイエットに体調不良を起こすような好転反や副作用があるのか、ないのか、
そしてあるならばどういったものなのかという点について次の段落でもう少し詳しく見ていきたいと思います。

 

グルテンフリーダイエットの副作用は?好転反応は起こる?

グルテンフリーダイエットを妊娠中に行うことで体調不良が起こる可能性は多少ながらあります。
この体調不良は好転反応であり、副作用ではないのですが、
びっくりしてグルテンフリーダイエットをやめてしまう方もいるんです。

 

このページで先ほどから見てきたように、グルテンフリーダイエットは効果は健康面でのメリットもたくさんあります。
せっかく始めたグルテンフリーダイエットを一時的な好転反応でやめてしまうのは「もったいない」と言えます。

 

好転反応とは、今まで体の中で溜まってきた毒素や老廃物が排出されるまでの間に血管の血液の中に溶け出して、
それが各臓器にまで行き渡ってそれがしっかりと解毒されて、体の外に排出されるまでの間は体調不良が続くというものです。

 

体質や今までもともと食べてきた物によっても好転反応がどのくらいの期間の間で続けるのかといったところは個人差がありますが、
概ねすると大体1日から3日位で好転反応は収まるというケースが多いようです。
では、好転反応の症状が具体的にどういったものなのか具体的に見て行きましょう。

好転反応の症状は?

好転反応の症状は、次のようなものが考えられます。

  • 頭痛、めまい
  • 肩こり、手足のしびれ
  • 腰痛、関節痛
  • 口臭がきつくなる
  • おならが臭くなる
  • 体のだるさを感じる

 

このような好転反応の症状となって現れるケースが多いようです。
ただし個人差はありますので、これが好転反応の全てというわけではありません。

 

ですが、先ほどもご紹介した通り短ければ1日、長くても3日から4日といったところが好転反応の期間となるので、
1週間くらいの間は少し我慢して様子を見る、といったこともせっかく始めたグルテンフリーダイエットを挫折しないために必要になってきます。

 

妊娠中の体重管理ダイエットを成功させるためにも血糖値を上げてしまったり
血圧を上げてしまう危険性が高いグルテンをできるだけとらないようにしていくという事は大切な事なんですね。

スポンサードリンク