妊娠中のワキガを安全に改善する方法まとめ

妊婦さんで意外と多い悩みが、妊娠中のワキガです。

 

出掛けている時に、汗をかいてなんか変なニオイがすると思ったら『自分の腋からの異臭』がする・・・
こんな事ってあるの?毎日お風呂だって入っているし清潔にもしてるのにワキガなんて信じられない・・・

 

実は、こんな風に悩んでおられる妊婦さんは意外と多いんです。
これは、妊娠中に起こるホルモンバランスの変化によって、基礎体温が上がり、代謝が活発になるためです。

 

そこでここでは、 妊娠中のワキガを安全に改善する方法について一緒に見ていきたいと思います。

 

妊娠中のワキガの原因は?

先ほども触れましたが、妊娠中は基礎体温も上がり代謝が活発になるため、汗をかきやすくなります。

 

しかし、汗じたいはかいた直後はニオイはしないものなのですが、汗の中にはただの水分ではなくアポクリン腺という汗腺から分泌された汗があります
このアポクリン腺から出てくる汗は

  • タンパク質
  • 皮脂
  • アンモニア

これらの成分を含んでいます。
これらの成分を含んだ汗が乾燥しながら空気中の雑菌を混ざり合う事で、ワキガのニオイにつながってしまいます。

 

また、もう一つの要因として妊娠中は他の人が気にならないようなニオイにも敏感になっています。
つわりがある方にとっては体調にも影響しますし、自分のワキガで気分が悪くなってしまう方もおられます。
では、こういったワキガの悩みを解消するための方法を一般的なものと妊娠中のワキガ対策に使えるものの2つに分けてみて行きたいと思います。

一般的なワキガの対策方法

ワキガの対策方法全部を見てみるといろいろな方法があります。

  • 汗腺除去手術
  • ワキ毛を剃る
  • 汗をかいたらすぐに拭き取る

これらがワキガの対策方法の一般的な対策です。

 

ただし、妊娠中のワキガは時期が限られているものなので、ワキガのために汗腺を取り除くような手術は現実的ではありません。

 

また、汗をかいたらすぐに拭き取るというのも場所によっては出来ない場合もあります
ワキ毛を剃るというのも、雑菌の温床になってしまう元を絶つことで有効な対策ですが、剃った後に毛が伸びかけの時にかゆみが出たりします。
また、妊娠中はホルモンバランスによって肌も敏感になっているため小まめに剃るのは肌を傷める事にもなりかねません。
それに、すでにワキ毛を剃毛されている方は出来ません。

 

妊娠中のワキガ対策

妊娠中のワキガ対策は、先ほどの汗腺除去手術やワキ毛を剃るといった一般的な対策は問題もある事が分かりました。
残るは食事の改善と制汗剤なのですが、この2つを詳しく見て行きましょう。

 

食事の改善

食事の改善は、アポクリン腺から分泌される汗のニオイを抑えるのに効果的です。
アポクリン腺から分泌されている汗の中に含まれる成分を覚えておられますか?
タンパク質、皮脂、アンモニアの3つなのですが、この3つの成分は、食べた物の質に左右されます。

 

お肉類や糖質の多いものを食べる事で、これらの3つの成分量が増えてしまうのですが、妊娠中に体重管理のダイエットをされていらっしゃる妊婦さんなら、すでに糖質もお肉類も控えておられる方が多いと思います。
それでもワキガが臭ってしまうというのは、食事の改善では無理という事になります。

制汗剤

制汗剤は、近所のドラッグストアでもコンビニでも販売されています。
手軽に購入できるのがメリットですが、市販の制汗剤には、殺菌のための強い成分が入っていたり、合成香料や界面活性剤、着色料なども使われています。
これらが、妊娠中に赤ちゃんへ経皮摂取されると、赤ちゃんへの影響が心配です。

 

また、先ほどから言っていますが、妊娠中のワキガは、ホルモンバランスの変化による時期的に限定されたものです。

 

産後も、半年間くらいは、妊娠中のホルモンバランスが続きますが、それでも全部合算しても1年半ほどの短い期間です。
この限定された期間だけに、赤ちゃんへの安全性はもちろんですが敏感になっている肌のためにも、刺激や添加物の含まれていない安全な制汗剤を使いたいところです。

 

妊娠中でも安心の制汗剤は「ラポマイン」

妊娠中のワキガ対策では、

  • 安全性
  • 妊娠中ならではのワキガの仕組みへのアプローチ

これらが重要になるため、それができるワキガ対策アイテム出なければなりません。

 

先ほど、市販の制汗剤は強い殺菌成分や合成香料、界面活性剤などの添加物が妊娠中の身体には危険があるとお話ししました。
それとは違って、妊娠中にも安心して使えるのが『ラポマイン』という制汗剤です。

 

妊娠中のワキガ

 

ラポマインは、妊娠中のデリケートな肌や赤ちゃんへの心配もせずに安心して使える制汗剤です。
それでは、ラポマインの安全性について見ていきたいと思います。

 

ラポマインが妊婦さんでも安心な理由

ラポマインは完全無添加な上、国内製造で作られています。
わずかながらも、肌から体内に成分が吸収されていくことを考えると、完全無添加で作られているラポマインは妊婦さんにとってかなり安全なワキガ改善アイテムだと言えるでしょう。

 

また、海外工場で作られている商品で様々なトラブルが発生している世の中ですから、世界的に認められているメイドインジャパンである事は、さらなる安心できる要素の1つでもあります。

 

妊娠中のワキガ対策でラポマインが選ばれる理由

ラポマインは妊婦さんへの安全性も高いことが人気の理由ですが、それ以外にも人気の理由として、妊娠中のワキガの仕組みに対するアプローチもしっかり行われている。
というのも妊娠中のワキガ対策でラポマインが選ばれる理由です。

 

その根拠として、具体的に妊娠中のワキガの仕組みに対してどんなアプローチが行われているのかと言うと、保湿力を高める処方を採用していると言うポイントです。

 

ワキガの原因であるアポクリン腺から分泌される皮脂は肌が乾燥すればするほど増えていく仕組みです。(妊娠中はホルモンバランスによって肌が乾燥しやすい状態にあります)

 

市販の制汗剤だと、Agなどを使ったものが多く、アルコールで汗の乾燥を促します。
結局のところ肌が乾燥してしまうと、またさらにアポクリン腺からワキガの原因となる皮脂が余計に分泌されてしまい、さらにワキガが悪化してしまうと言う悪循環が生まれてしまいます。

 

それに対してラポマインは、先ほどもお伝えしたように、保湿力を高める処方が採用されています。
なので、市販の制汗剤で起こり得るワキガの悪循環に陥っ行ってしまわないような仕組みになっているんです♪

 

この様に、妊娠中のワキガの原因はホルモンバランスの影響が関係してくるため、一般の場合とは少々変わってきます。
その為、妊娠中のワキガの原因に対するアプローチができるラポマインは、妊娠中のママさんにとって相性バッチリだと言えるでしょう♪

 

ラポマインは90日間返金保証付だから初めての方も試しやすい

ラポマインは90日間の返金保証が付いています。
これは、初めてラポマインを購入した場合、万が一肌荒れ等のトラブルがあった場合は注文してから90日以内であればラポマインを購入した金額をそのまま返してもらえると言う制度です。

 

私も経験がありますが、ネット通販でそこそこの値段をするものを買うのはちょっと勇気がいりますよね?

 

妊娠中であれば安全性等も十分に考えなければならないためなおさらだと思います。

 

ですが、ラポマインであれば先ほどもお伝えしたように安全性も特に問題はありませんし、仮にご自身の肌に合わなかったとしても、返金してもらえると言うのはとてもありがたいですよね♪

 

ラポマインの詳細については、以下のボタンから公式ページにてチェックすることができます

 

TOPへ