妊娠中の口唇ヘルペスの原因と治し方|薬は使って良いの?

口唇ヘルペスって本当になると痛くて、見た目もみっともないですし本当に嫌ですよね。
しかも、免疫力が落ちる傾向にある妊娠中や病中、病後などのタイミング、
また空気が乾燥している時期にも口唇ヘルペスになってしまう可能性が高いんだそうです。

妊娠中の口唇ヘルペスはなぜできる?対処法はどうしたら?

しかも口唇ヘルペスは、一度なってしまうと治ったとしても再びぶり返したり再発したり、
一か所治ったと思ったら違うところでまた出たり・・・とにかくしつこいのが口唇ヘルペスです。
このページでは口唇ヘルペスがなぜ起こってしまうのか、そしてどんな対策があるのか、

  • 治るまでにどのくらいかかるのか
  • 再発しないようにすることができるの?
  • 妊娠中になってしまったら早産や流産の心配は?
  • 妊娠中にヘルペスの薬は使える?飲み薬?塗り薬?

など口唇ヘルペスに関する疑問をわかりやすく特集でまとめていました。

口唇ヘルペスの原因は?

口唇ヘルペスは口の周りなどの粘膜が弱い部分にできる水ぶくれのような症状ですよね。できてしまうとピリピリと痛みますし、
何回も繰り返したりするのは、悩まされている方なら誰でも嫌な思いをしていますよね。

 

そんな、口唇ヘルペスですが、その原因は単純ヘルペスウィルスI型に感染してしまうことが原因なんです。
ヘルペスというと、口の周りや粘膜などにできるヘルペスや性器にできるヘルペスが夢ですよね。
ですがこの2つに関してはウィルスの種類が違うので、基本的には性器のヘルペスも口唇ヘルペスも普通に清潔にしている限りはうつってしまうようなものではありません。

 

ただし、口唇ヘルペスも性器ヘルペスもどちらもヘルペスウィルスの種類の中の1つで、
その種類が違うだけなので、オーラルセックスによって感染してしまうこともあり得ることなんだそうです。気をつけたいですよね。

 

また、口唇ヘルペスは、一度なってしまうと何度もぶり返します。
見た目的にも本当に目立ってしまって見っともなく見られてしまいます。

 

しかもヘルペスウィルスによって感染するということがほとんどの方が知っているため口唇ヘルペスができると、
不潔にしているように思われてしまうというのが1番辛いところです。

 

口唇ヘルペスは、単純ヘルペスウィルス1形に感染する事で発症してしまうのですが、問題は接触感染でどこにでも移ってしまう可能性があるということなんです。
例えば、口唇ヘルペスの晴れ上がった唇の周りを触った手で目をこすってしまったり、小鼻を触ってしまったりすることで、そういったところに口唇ヘルペスの単純ヘルペスウィルス1型が感染してしまう可能性が高いという事なんですね。
しかも、ヘルペスは症状が治まったとしても完治したわけではなく、また再発する恐れがあるということなんです。

 

というのもヘルペスウィルスは人間の体の中の抗体と結びついて、潜伏期間を持って体の中に潜んでしまう特性を持っているからなんだそうです。
妊娠中の妊婦さんの場合はやはり旦那さんとのスキンシップや、産後に向けて切迫早産や流産などの心配は?

 

無事に赤ちゃんが生まれたとしても赤ちゃんにもうつってしまうのでは?
など本当に気になることがたくさんありますよね。それでは順番にこれらの項目を一緒に確認しながら見ていきましょう。

 

口唇ヘルペスで早産や流産はある?

口唇ヘルペス自体が、妊婦さんの体の中で重大な病気につながってそれが切迫早産や流産等につながってしまう恐れはないんだそうです。

 

わたし自身気になったので、知り合いの産婦人科の先生に聞いてみたところ、性器ヘルペスに関しては、お産の時にタイミングが重なると
赤ちゃんにヘルペスウィルスが感染してしまう可能性があるため『帝王切開での出産をすすめることが多い』との事でしたが、
口唇ヘルペスだけで治まっているうちは、全く問題は無いんだそうです。

 

口唇ヘルペスは赤ちゃんに移る?

口唇ヘルペスは当然ながらママが感染していると赤ちゃんにも移る可能性があります。

 

例えば、ママが口唇ヘルペスを持っている状態で触った指先で赤ちゃんのほっぺに触れてしまった場合、またママ自身はとても注意して気をつけていて、
そのような感染させるような動きをしなかったとしても赤ちゃんがママに甘えてきて口づけをすることもあります。

 

その状態でママが口唇ヘルペスにかかっていると赤ちゃんも感染してしまう可能性があるんですね。

 

そのようなケースが考えられるのが、産後の子育て中なので、
予防策はもちろん万が一なってしまった場合でも、最低限として赤ちゃんにはうつさないようにしたいものですね。

 

口唇ヘルペスの薬は妊娠中にどうなの?

口唇ヘルペスの薬としては代表的なものが大きく分けて飲み薬と塗り薬になります。
バルトレックスいやアシクロビルなどがヘルペスウィルスを撃退するための飲み薬。
ソビラックスやアラセナ-Aなどが軟膏やクリームで患部に直接塗るタイプの対ヘルペス薬です。

 

どちらの薬も、ちゃんと妊娠中の妊婦検診や普通に病院に受診をして
その時に処方された薬ならば(妊娠中であることをちゃんと伝えた上で)処方された薬ならば全く問題はありません。
ただし、1回あたりの容量や用法は必ず指示に従って正しい使い方をしましょう!

 

このようにヘルペスの薬にもいろいろな種類があるのですが、
1番怖いのは自分自身で薬局などで市販薬を買ってきて
自己判断で勝手に使ってしまうというのは1番危険な行為なのかもしれません。
特に妊娠中はお腹の赤ちゃんのためにも薬については特に注意が必要です。

 

なぜなら、ヘルペスの治療薬はヘルペスウィルスを攻撃する強い特性を持っており、
ものにもよりますが、ウィルスの細胞膜を破壊する力を持っているからです。

 

なので面倒に感じるかもしれませんが必ず気になる病気や症状があったら、
最寄りの病院を受診して先生の指示を仰いでから正しい薬の使い方をしてしっかりと嫌な症状は治してしまいましょう。

 

最後にヘルペスは一度なると体内からウイルスが完全に消え去ることはありません。
体力の低下や免疫力の低下などの際に繰り返して起こる可能性は消えないんです。
そのような悩みにいいアイテムがあるんです!!

 

ヘルペケア|妊娠中も安心の口唇ヘルペス対策専用サプリ

 

薬ではないので副作用などを気にすることもないし、サプリメントという安全性も確保されているんですよ。

TOPへ