妊娠中の股ずれと黒ずみの対策|薬は使えるの?

このページでは、妊娠中に起こりやすい『股ずれ』の改善と再発予防について、
妊婦でも安心して使える安全な方法や対策を一緒に見て行きたいと思います。

 

また、インドネシアの伝承薬成分配合の黒ずみと匂いケア専用の石鹸もこのページの最後の方でご紹介しています。

 

管理人のわたしも妊娠5ヶ月目に入った安定期になって、太ももがどんどん太くなり、
それまでなった事がない『股ずれのヒリヒリする痛さ』に悩まされていたからです。泣

 

股ずれは、妊娠中でなくても起こります。

 

ですが、妊婦の場合は特に『ホルモンバランスの変化で下半身太りになりやすい』ということや肌のターンオーバーサイクル(肌の代謝)も落ち込みやすいため、股ずれが痛いだけではなくて『内腿の黒ずみ』になってしまいやすいんだそうです。

 

妊娠中は股ずれが出来やすい?

股ずれの原因は、皮膚が擦れ合ってしまうことで肌に負担が掛かって炎症を起こしてしまうことです。

 

先ほども、触れましたが妊娠中は脂肪や水分を溜め込みやすいため、どうしても太ってしまいやすいですよね。

 

また、妊娠すると肌が乾燥してガサガサになってしまう方も多いように、赤ちゃんのために栄養を最優先に母胎の仕組みになっているため、どうしても肌細胞の生まれ変わりが遅れがちなだけにケアしていく事が大切なんです。

 

股ずれが出来てしまった時の対処は?

妊娠中に股ずれが出来てしまった場合の対処は、まず痛みをなんとかしないといけません。

 

まずは、炎症を鎮める薬を塗りましょう。

 

市販薬としてはオロナインやフェミニーナ軟膏などが良いと言われていますが、コスパが良いのはオロナインですよね。

 

ただし、オロナインを塗っただけでは、炎症を鎮めるだけなので、股ずれの擦れによる痛みの再発防止にはなりません。

 

そこで、オロナインを塗った上から、ベビーパウダーを塗って、肌への摩擦の負担を減らしましょう。

 

こうしておかないと、肌に掛かる負担が、メラニンを生成して黒ずみになってしまうからです。

 

股ずれの再発防止は?

股ずれの再発防止は、妊娠中は太りやすい体質になっている事は、ご存じですよね。

 

妊娠中はホルモンバランスの影響で、どうしても太りやすくなっているため、

 

また、もうひとつの要素としては、肌が妊娠前よりも弱くなっている方が多いので、黒ずみになってしまう方も多く、出来ればそうなる前に対処したいものです。

 

簡単な方法としては、ロングガードルやスパッツを履いて、左右の内腿の肌同士が擦れ合わないようにすると良いと思います。

 

ちなみに管理人のわたしは、スパッツをゆるめにして履いて歩いていました♪

 

もともと、太りやすい体質(妊娠とは関係なく)だったので、パンツはタイトなものを履くと内股の部分が擦れて穴が開いてしまうことも多かったので、スカートでいることが多かったんですよ。

 

ちょっと話がわたしの個人的な『股ずれ防止』にそれてしまいましたけど、
もしわたしと同じようにもともと太りやすいとか、太っていたという方は、
普段からスパッツやロングガードルを履いてみてはいかがでしょうか。

 

気づいたら股ずれが黒ずみに!改善方法は?

股ずれが『黒ずみ』になってしまったら、少しずつ治していくしかありません。

 

黒ずみは、先ほども触れたとおり、肌の奥にいるメラニン色素によるもので、表面的な日焼けよりも深いところで起こっているからです。

 

メラニン色素を生み出すメラノサイトという組織があります。

 

股ずれで黒くなって行く場合は、肌表面の摩擦の刺激が原因で、少しずつ肌を固くして行って黒ずませてしまいます。

 

そのため、肌が表面的に日焼けするのと違って、肌の奥の方で黒ずみになって行ってしまうので治すのに時間が掛かるんですね。

 

妊娠中はおなかの赤ちゃんの安全性が最優先ですので、安全という意味では下記のようなケアがおすすめです。

 

具体的には、3つのステップでケアをしていくのが妊娠中でも安心して出来るでしょう。

 

  • お風呂のお湯で肌が柔らかい時にスクラブ系の洗浄料で優しく洗う
  • お風呂上りに黒ずみ部分を保湿してあげること
  • スパッツを履いたりロングガードルを履いたりすること

 

たまに、スキンケアアイテムや黒ずみを隠すためのメイク用品(BBクリーム)などを塗る方もおられますが、妊娠中なだけに肌への負担が心配です。

 

妊娠中は、肌がデリケートになっているだけに、無理に隠そうとか、早く治そうと思わずにゆっくり肌をケアしながら、黒ずみを改善して行きましょう。

 

ただし、すでに股ずれの黒ずみが気になっている方には、それを上手にカバーしながらケアしていく方法もあります。

 

股ずれの黒ずみを改善するおすすめ石鹸

先ほどは、股ずれの黒ずみを、肌が自らもっている再生能力を活かす対策を見て行きました。

 

ゆっくりではあるものの、より安全性が高い方法としてご紹介したのですが、
もう一つの股ずれの黒ずみ対策としては、石鹸を使った対策です。

 

その石鹸とは、『シークレットレディ・ジャムウソープ』という石鹸です。

 

ジャムウソープに使われている『ジャムウ』とは、インドネシアに古来から伝わる民間伝承薬です。

 

股ずれの汗ばみなどのニオイケア成分として

 

  • サトウキビエキス
  • 茶葉カテキン
  • 柿タンニンエキス

 

また、黒ずみ改善の成分として

 

  • プラセンタエキス
  • カミツレエキス
  • オタネニンジン根エキス
  • マグワエキス
  • クララエキス

 

このような8種類のハーブや抗菌・殺菌エキス、肌おうるおいを維持するプラセンタなどの美容成分が使われています。

 

ただし、プラセンタは妊娠中にホルモンバランスの変化による体調不良などの『波が激しい方』は、100%安全とは言い切れないかもしれない部分があります。

 

ジャムウソープに使われているプラセンタエキスも、豚の胎盤から抽出されているため、妊娠中にホルモンバランスから来る肌荒れに悩まされている方にとって『100%安全』とは断言できない部分もあるからです。

 

もちろん、体質には個人差がありますし、じゃあ危険なのかと聞かれると、
こちらも断言することが出来ないグレーゾーンになりますが・・・

 

ただし、使い方じたいはとても簡単です。
詳しくは、公式サイトをご覧いただくと分かりやすいのですが、付属品の『モコモコ泡立てパフ』を使ってふわふわに泡立てたら、黒ずみが気になる部分も含めて、身体全体をジャムウソープで洗う事が出来ます。

 

つまり、大丈夫な方にとっては、妊娠中のボディケアがジャムウソープひとつで完結するというメリットがあります。

 

また、成分のところでも先ほどご紹介した、サトウキビエキスや茶葉カテキンエキスなどの殺菌・抗菌作用が強い成分で、妊娠中に体温が高くなって汗をかきやすくなっている身体も軽く洗って流してあげるだけで、ちゃんと保護してくれます。

 

このようにメリットが大きいものなので、このページでご紹介したのですが、絶対にこれを使ってケアしてくださいとは言いません。
ジャムウソープの詳細を一度は、公式サイトをご覧になってご確認いただければと思います。

 


 

TOPへ