妊娠中はバストアップブラよりもマタニティブラをつけよう

妊娠中は、ホルモンバランスの変化に伴い、私たちの身体に様々な変化をもたらします。

 

その中にはバストの変化もあり、バストの変化は、妊娠中には直接あまり関係ないかもしれませんが
出産後に授乳を控えているため、妊娠中に正しいバストケアなどを行う必要があります。

 

また、妊娠中のバストの変化に伴い、大きくなっていく傾向があるのですが、

 

それに合わせてバストアップブラをつける必要があるのかと言われれば、そういうわけではありません。

 

妊娠中のブラは、通常のものではなく、バストアップブラでもなく、マタニティブラをつけるのが良いと言われています。

 

ブラにも様々な種類があり、特に妊娠が初めてだと言う方は、
いつどんなブラをつけたら良いのかなど、妊娠中のブラジャーに関することで、
よくわからずに迷われている方もいらっしゃると思います。

 

このページでは、そういった方のために、妊娠中につけるブラジャーについてのをまとめています。

 

以下の順番でまとめているので、気になるトピックからチェックしていってください。

 

目次

  • バストアップブラとマタニティブラの違い
  • バストアップブラではなくマタニティブラを付けた方が良い理由
  • 妊娠中はバストアップブラは不要?
  • マタニティブラはいつから付けた方が良い?
  • まとめ

 

バストアップブラとマタニティブラの違い

妊娠中のバストアップに伴い、バストアップブラを検討される方もおられます。

 

妊娠中にバストアップブラよりもマタニティーブラをつけた方が良いのですが、
その理由を見て行く前に

 

バストアップブラと、マタニティーブラのそれぞれの特徴を見ていきましょう。

 

まずバストアップブラについてですが、そもそも私たちは、ブラジャーを何もつけずに寝転がると、
胸のお肉が横に逃げていくのがわかります。

 

そのまま立ち上がると、胸は重力の影響で、下に向かって行きます。

 

それらの状態は胸の形に良い影響を与えるわけではないので、そういったことを防ぐためにも、バストアップブラをつけます。

 

また、バストアップブラをつけることで、横に、下に逃げていくバストのお肉を
正しい位置に寄せ集め、美しい形をキープしてくれます。

 

またワイヤーなしのタイプのものを選べば、ブラジャーをつける際のストレスも感じにくくなりますね。

 

続いてマタニティブラですが、マタニティーブラには、妊娠中に変化し続ける女性の体を優しくガードしてくれる働きがあります。

 

また、出産前や出産後のままにとても優しい機能がたくさん詰まっており
使っている素材や、つけたときの付け心地に配慮されているだけでなく、

 

子供が生まれてから授乳しやすい。などといったような機能も付加されているんです。

 

妊娠中は、ただ単にバストアップしていくだけでなく、乳腺の発達も進んでいきます。

 

そういった変化を妨げないためにも、妊娠中に変化し続ける胸のサイズを優しくガードしてくれる
マタニティブラが選ばれているんですね。

 

妊娠中はバストアップブラは不要?

 

先程の段落を見てみると、妊娠中は、バストアップブラは使わずに
マタニティーブラを使った方が良さそうに思えていきますね。

 

では、妊娠中はバストアップブラが不要なのかと言われればそういうわけでもありません。

 

バストアップブラには、バストアップブラの良さがあるので、シーンによって使い分けることが大切です。

 

妊娠前の時に、会社に行く場合や、デートの時、家でくつろいだりする場合、
それぞれブラジャーに求めるものは違うかと思います。

 

妊娠中も日によって体調が異なってきます。

 

なので、その日の自分に合ったタイプのブラをつけるのが良いと言う考え方もあるんですよ。

 

例えば、バストアップブラには、バストのお肉を寄せて大きく見せてくれる効果があるので
デートの時なんかにはオススメです。

 

逆に、マタニティブラは、乳腺の発達を妨げないような構造であったり

 

大きく、重たくなっていくバストをきちんと支えていくこともでき、
なおかつ出産後の授乳中にも大活躍します。

 

それぞれの特徴を見ると、基本的には妊娠中はマタニティブラをつけた方が良いです。

 

ただバストアップブラが不要かと言うわけではないので、シーンによって使い分けましょう!

 

マタニティブラはいつから付けた方が良い?

ここまでで、妊娠中は、主にマタニティブラをつけた方が良さそうだということがわかりましたね。

 

ただ、妊娠が発覚してからすぐにつけなければならないと言うものでもなく

 

マタニティブラへの切り替えのタイミングがあるようです。

 

一般的には、妊娠2ヶ月ごろから、バストがきついと感じ始める人が多く
もちろんサイズには個人差があるので、自分の身体で感じることに正直に従うことが大切なんです。

 

これは、あくまで1つの例えですが、妊娠6ヶ月までは、1サイズ2サイズ大きいもの、
妊娠7ヶ月以降は3サイズ大きいものを選ぶのがちょうど良いという方が多いようです。

 

また選ぶ際に意識したいちょっとしたコツをご紹介します。

 

そもそもマタニティブラは、妊娠中に変化する女性の体をやさしく守るためのアイテムなので

 

基準としては乳腺を圧迫しないように、きついものではなく、つけ心地が良いブラを選ぶようにするのがポイントです。

 

まとめ

妊娠中は、体の変化に伴いブラジャーのことも気にしなくてはなりません。色々と大変な時期ですよね。

 

ここでまとめたように、妊娠中は、必ずしもマタニティブラをつけ泣ければいけないというわけではありません。

 

しかしながら、ここで説明したように、体をいたわると言う意味では、
妊娠中の期間はマタニティブラを着用することをお勧めします。

 

また、マタニティーブラは、出産後の授乳の時にも大活躍しますので、1つあると便利かもしれませんよ。

TOPへ