妊娠中に体毛が増える理由と効果的な処理方法

妊娠中にはいろいろな出来事や変化がありますよね。

 

わたしも妊娠中には、体中のムダ毛が増えて『旦那に見せられない・・・』と落ち込んだことがありました。
妊娠中には、身体の変化が『体毛が増える』という形で現れる方もたくさんいるんですね。

 

そこでこのページでは、妊娠する前よりもなんだか体の体毛が増えてきた、または濃くなってきたかもという方のためにその原因と対策などを特集を、専門家の話しもふまえていきます。

 

また、妊娠中ダイエットをお考えの方はこうした現象もかかわってくるので一度読んでみてください。

 

私も妊娠中に体毛が増えて恥ずかしくて誰にも聞けませんでしたし、自分で認めるのが嫌で見て見ないふりをしていました。
当時はこんなことはネットで調べてもなかったので、私の経験も踏まえてお話して行きますんで気軽に目を通してみてください♪

妊娠中に体毛は増えるの?

 

結論から言ったら、妊娠中に髪の毛などの量や体毛が増えたなと感じるのは女性ホルモンのひとつであるプロゲステロンの分泌が関わってくるために、個人差はありますが、そう言ったことは起こるんですね。


だそうです。
このプロゲステロン(黄体ホルモン)は、妊娠中の女性には多く分泌されます。

 

また、妊娠していなくとも、女性にとってはとても密接なホルモンで、排卵~月経前に、多く分泌されて、その女性ホルモンであるプロゲステロンの働きによって多くの効果が表れてきます。

体毛が増える原因のプロゲステロンの働き

体毛が増える原因であるプロゲステロンは妊娠中の体内でいろいろな働きをしています。

  • 子宮内膜が生理のように剥がれることを防ぐ(子宮内膜剥離は流産の原因)
  • 胎盤を安定させる
  • 血液を増産させる

このように見るといいことづくしのように感じるかもしれませんね。しかし、こういった効果の反面、

  • 皮脂量を増やす
  • メラニンの生成を活発化する
  • 肌にシミなどできやすくなる
  • 体毛が増えたり、濃ゆくなったりもする

といったような効果も持っているんですね。人間の体はとても複雑にできています。

 

シミがいやだからメラニンなんてと思っていても、紫外線を吸収させるという大事な役目を持っていたり、必ず何かしら必要がある為に存在するんですね。

妊娠中に増えた体毛の対策

ではどうすれば対策になるのかと言ったら、実はこの現象は妊娠中の妊婦さんの特有の現象なので、多くは出産を終えて産後になるとプロゲステロンは分泌が収まり、現象するとともに増えた髪の毛や体毛は一気に抜け落ちるんです。

 

ということは、思う浮かぶ方も多いかもしれませんが、産後になって薄毛に悩む方は同じような理由で髪の毛が抜けおちる為なんですね。

 

産後になって薄毛や、抜け毛で悩む方って意外に多いんですよ。これも女性ホルモンのプロゲステロンが要因になっているということだったんですね。

 

妊娠中に髪の毛や体毛の増加や毛の太さなどの変化を感じなかった方でも、こういった変化が実は起きていたんです。

 

妊娠中にあまり髪の毛が抜けなくて、産後に一気に抜けてびっくりしたなどといったエピソードは私だけではなく、多くの先輩ママさんが経験されているんですね。

 

産後の抜け毛というのは半年から1年もすれば必ず落ち着いてきます。逆に気にしすぎるとストレスになり別の要因で抜け毛ということにもつながります。

 

妊娠中はストレスなどを受けやすい状況にあるので、不安にならないようにこういった理由があるんだと納得しておきましょうね。

 

また、妊娠中に体毛が増え始めると、皮脂分泌もプロゲステロンの影響でできやすくなるなります。

 

顔、首筋、デコルテ、背中も例外ではありません。

 

しかしながら、この妊娠中に体毛が増えると同時にできやすくなるニキビはちゃんと対処法があります。

 

詳しくはこちらの下のリンク先をご覧ください♪
体毛が増えると背中にキビも増える?

妊娠中のお腹の体毛は産後に元に戻る?

妊娠中の体毛には女性ホルモンのバランスが関係しており、出産後には下のホルモンバランスの状態に戻っていきます。

 

なので、一般的には妊娠中に入れてしまったお腹などの体毛は、出産後に元に戻るとも言われています。

 

しかしながら、その『増えていた体毛が戻るまでの時間の長さは個人差がある』ということも覚えておいた方が良いでしょう。

 

また、妊娠中と違って、ホルモンバランスが完全に元に戻っていないためフラッシュ脱毛器を持っている方でも
脱毛器を使ってのムダ毛処理はおすすめできませんが、ムダ毛処理自体は妊娠中と違ってできます。

 

肌がデリケートなだけに『しっかり保湿したり、ケガがないように注意する』のは当然ですが、
妊娠中のような、切迫早産や流産などの危険はないためです。

 

だからこそあまり気にしすぎないことも大切です。

妊娠中のお腹の体毛処理はしても良いの?

出産後には増加した体毛が元に戻るということがわかりましたが、妊娠期間にそのままにしておくのが恥ずかしいという方も中にはいらっしゃるかと思います。

 

妊娠中にお腹の体毛をカミソリなどで処理する事は可能ではあります。
ですが、次の点に注意して行っている方が多いですね。

  • お風呂で身体を温めながら行う
  • T字カミソリを使う
  • シェービングクリームで肌のすべりを良くする
  • 終わった後にもしっかり肌を保湿する
  • 頻繁には行わない(頻度は3ヵ月に1回程度という方が多いようです)

妊婦検診ではお腹が見られますので、その時に体毛がたくさん生えていれば恥ずかしいと感じるのもよくわかります。

 

ただ、カミソリなどムダ毛処理を行う際には充分注意をする必要があるんですね。

 

その理由はホルモンバランスが大きく変化している影響から、妊娠中の肌はとても敏感になっているため、カミソリなどを使った体毛処理を行うと肌トラブルが起きやすいんです。

 

妊娠線予防するためにはお手頃な保湿クリームなどよりも、妊娠線専用のクリームを使ったほうが圧倒的に効果が高いと言われています。

 

妊娠線の予防もされるのであれば、ムダ毛処理を行ったタイミングで妊娠線クリームを使うのも一石二鳥になりますよ。

プロゲステロンの分泌をコントロールするのは危険

妊娠中に体毛が増えてしまう原因の部分で、妊娠中にたくさん分泌されるプロゲステロンの影響がとても大きいと言う話がありましたが、そうならばプロゲステロンの分泌をコントロールしちゃえばいいんじゃないの?

 

と考える方も中にはいらっしゃるかもしれません。

 

ですがそれは非常に危険な事ですので絶対にやめてください!

 

女性ホルモンのバランスのコントロールと言えば、例えば生理前の不快な症状を改善するために、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするイソフラボンを適度に摂取してホルモンバランスをコントロールしよう。
といったものがありますが、それとは事情が違います。

 

妊娠中のプロゲステロンの場合は、分泌が増えるのは妊娠に必要だからであり、このバランスを意図的に崩してしまうと母体だけでなく胎児に危険が及んでしまうことも考えられます。

 

なので、根本的な原因であるプロゲステロンに対するアプローチはやめてくださいね。

ブラジリアンワックスはどうなの?

妊娠中のムダ毛処理を刃物で下手に行ってしまうと、お肌がひどく傷ついてしまい、そこから肌トラブルに発展するリスクが高まります。

 

一方、ブラジリアンワックスは肌へのダメージが全然無いわけではありませんが、根元から毛を抜き取る事ができるため一度行なえばしばらくは毛が顔を出すことはありません。
なのでとても有効な手段に思いますが、こちらも妊娠中は危険です。

 

実際にサロンやクリニックでも妊娠中の脱毛はお断りしているところがほとんどです。

 

その理由は、特にブラジリアンワックスによる脱毛に慣れていない方の場合、ワックスをはがした瞬間の強い刺激にびっくりして陣痛が引き起こしてしまったりと、脱毛をすることによって様々なトラブルを引き起こしてしまう可能性があるからです。

 

なので脱毛ワックスによるムダ毛処理もNGです。

カミソリよりも電気シェーバーがオススメ

電気シェーバーの場合は、深剃りができないと言う難点がありますが、お肌への負担が少なく、妊娠中のママさんでも安心して行えるムダ毛処理の方法になります。
なので、カミソリによるお肌へのダメージが心配だと言う方は電気シェーバーをお使いになってみてはいかがでしょうか?

電気シェーバーの値段は?

電気シェーバーは、電池式のものだと大体2,000円前後で、充電式のものだとおよそ4,000円前後で手に入ります。

 

カミソリに比べると少々コストがかかりますが、カミソリに比べて電気シェーバーの場合はお肌へのダメージがかなり少ないので、その分アフターケアの化粧品などもカミソリほど必要はありません。

 

また、カミソリによるムダ毛処理は先ほどご紹介したようなポイントを押さえることでダメージを限りなく抑えることができますが、仮にカミソリによってお肌のダメージが蓄積されてしまい妊娠線や黒ずみ等に発展してしまうと、今度はそれらを改善するためにクリームを買ったり何かとお金がかかってしまうことも考えられます。

 

といったような今後のことを考えると、最初からダメージが少なくダメージをカバーするためのケアがさほど必要ない電気シェーバーの方が魅力的かと思います。

TOPへ