妊娠中の鉄分不足の危険性と選ばれている摂取方法

鉄分の話

あなたは病院で『鉄分をしっかりと摂取してください』と言われたことありませんか?

 

妊娠中は、産婦人科などでも初期・中期・後期と3回の血球検査をして妊婦さんに鉄分を摂取するようにアドバイスされると思います。
それだけ妊娠中は鉄分が重要な存在だということです。

 

特に妊娠中に鉄分不足になってしまうと、大事な赤ちゃんの生命や成長にも大きなデメリットとなってしまいかねません
また、鉄分は妊娠中ダイエット(体重コントロール)にもかかわってきます。

 

そこでこのページでは、妊娠中と鉄分不足の危険や安全な改善方法を紹介していきたいと思います。

 

妊娠中の鉄分不足の危険性

妊娠中の鉄分不足には以下のような危険があります。

  • 出産時に出血量が増えてしまう
  • お腹の中の赤ちゃんへの血液の供給量が不足
  • ママの血液の働きが鈍くなることによって赤ちゃんに栄養がしっかりと行かない

 

妊娠する前から女性は鉄分不足の方が多いのもご存知だと思いますが、妊娠中に鉄分が不足するとこのような状態になるので、産婦人科などでもしっかりと鉄分を摂取するように言われるんです。

 

特に妊娠中はお腹の中で成長するために、血液を通じて赤ちゃんに栄養を届けます。
産後でも授乳期はお母さんの母乳は大事な赤ちゃんの栄養源です。その母乳も血液から作られているんです。

 

また、ある調査でも妊娠中は妊娠前と比べても妊娠中期以降は特に血液が必要になり、約3~4倍の量の鉄分が必要になってくると言われています。
だからこそ妊娠中は鉄分は必要になるんです。

妊娠中の鉄分不足は危険!安全な摂り方まとめ

 

妊娠中の鉄分不足解消に効果的な食べ物

妊娠中は、今まで生きてきた中でも最も血液量が増えるため、最も鉄分が必要な時期だと言われています。

 

だからこそ妊娠中の必須栄養素の中に鉄分も含まれているんです。
そんな鉄分だからこそ、普段の食事で意識的に摂取していく必要があります。

 

また、鉄分の中にもヘム鉄、非ヘム鉄の2種類あると言われており、それぞれメリットを兼ね備えていますのでこれらをバランスよく摂取して行くのもポイントです。

 

それでは、鉄分がどんな食べ物に豊富に含まれているのか見ていきたいと思います。

 

ヘム鉄が多い食べ物

ヘム鉄は主に肉類、魚介類に多く含まれており、目を上げると以下の食べ物にたくさん含まれています。

 

  • 豚レバー(焼き鳥1串/約30g):3.9g
  • 鶏レバー(焼き鳥1串/約30g):2.7g
  • かき(むき身5個/約75g):1.4g
  • 牛もも肉(赤身約1枚/70g):1.9g
  • めじまぐろ(切身1切/70g):1.3g
  • あさり(むき身約10個/30g):1.1g
  • しじみ(むき身約10個/20g):1.1g

 

非ヘム鉄が多い食べ物

非ヘム鉄は、主に副菜として食べられるものに豊富に含まれています。

 

  • 乾燥大豆(40g):3.8g
  • 小松菜(70g) :2.0g
  • 切干大根(20g):2.0g
  • ほうれん草(70g):1.4g
  • 高野豆腐(20g):1.4g
  • 納豆(1パック):1.3g

 

鉄分は普段の食事では意識的に摂取していかなければ、1日に必要な摂取量に到達しない場合が多いと言われています。
そのため、おやつなどに鉄分が豊富に含まれる食物を積極的に取り入れるのも、鉄分を摂取するためのテクニックの1つです。

 

 

妊娠中の鉄分摂取の効率を上げる食べ物

 

鉄分が豊富に含まれた食べ物を食べるのはもちろん必要なことですが、その役割をきちんと果たすためにはまずは体内に吸収されなければ意味がありません。

 

そのため、可能であれば鉄分を効率よく体内に吸収するためのサポート能力が高い食べ物もあわせて摂取することをお勧めします。

 

具体的には以下の食べ物です↓

 

しらす干し、豆腐(大豆類)、いわしの丸干、あじ、ハマグリ、ピーマン、パセリ、レモン、アセロラ、ケール、芽キャベツ、柿、ブロッコリーなど

 

妊娠中の鉄分不足解消に効果的な飲み物

先ほどお伝えしたように、妊娠中は特に以前のの2倍程度の鉄分が必要になってきますので、生活の中で鉄分を摂取する機会が多いに越した事はありません。

 

おやつの中にも鉄分が効率よく取れる食べ物を取り入れると良いでしょう。
と言う話をしましたが、それ以外にも飲み物によって鉄分を摂取することもお勧めです。

 

なお、鉄分が補給できる飲み物は主に、

  • 牛乳
  • ベリー系の飲み物

だと言われています。

 

これに合わせてもう一つ知っておきたいのが、逆に鉄分不足になりやすい飲み物です。
その飲み物は、アルコール飲料、炭酸飲料だと言われています。

 

妊娠中ですので、アルコール飲料飲む事は無いかと思いますが、炭酸飲料はできるだけ飲む機会を減らしたほうがよさそうです。

 

鉄分の摂りすぎも危険

 

ほとんどの場合鉄分の過剰摂取になるような事は無いかと思いますが、仮に鉄分を過剰摂取してしまうとどんな危険があるのかについても知っておく必要があると思いますので、簡単に見ていきたいと思います。

 

胃腸障害

これは、吐き気、嘔吐、下痢、腸の損傷などが起こると言われています。

 

血色素症

鉄分が体内の中にありすぎると、血管を始め、脳、肝臓、すい臓など、様々な臓器にダメージを与えるといわれています。
その状態が長く続いてしまうと、血管が劣化して切れやすくなったり、糖尿病につながることもあるそうです。

 

妊娠中の1日の鉄分摂取の目安は?

 

どの栄養素にも該当しますが、鉄分にもいちにちの摂取量の目安と言うものがあります。

  • 妊娠していない時は8.5mg
  • 妊娠初期は17.5mg
  • 妊娠中期から後期は20mg

妊娠中の鉄分の摂取量の目安はこのようになっています。

 

見てわかるように、妊娠初期はあまり鉄分を必要としないのに対し、妊娠中期から一気に必要な摂取量が倍増します。

 

ちょうど妊娠中期明かりから必要な鉄分を十分に補給することができなく、鉄分不足の様々な症状に悩まされる方がたくさんいらっしゃるんです。

 

なお、先程の段落では、鉄分の過剰摂取が危険だと言う話がありましたが、鉄分の過剰摂取はおよそ50mgだと言われています。

 

そのため、必要以上に鉄分を摂取するのは危険ですが、多少オーバーする位では過剰摂取にはならないようですので、そこまで心配する必要はなさそうです。

 

食事だけでは必要な鉄分を摂取するのは困難

普段の食事から妊娠中期や後期に必要な鉄分を摂取するのは、非常に困難だと言われています。

 

先程のいちにちの摂取量の目安を見たように、妊娠中期になるとおよそ20ミリグラムの鉄分が1日に必要になってきます。

 

なお、10ミリグラムの鉄分を摂取するのにはこれだけの食べ物が必要になります↓

  • 納豆なら約7パック
  • 牛ヒレ肉なら約440グラム
  • 豚レバーなら約85グラム
  • 大豆なら約120グラム
  • ひじきなら約20グラム
  • ほうれん草なら約550グラム

これだけの量を食べても、妊娠中期や後期に必要な鉄分の半分しか賄うことができないんです。

 

だからこそ普段の食事だけでは、1日に必要な鉄分を的確に摂取するのは非常に厳しいと言われているんです。

 

鉄分不足を補う為に妊婦さんに選ばれている『美めぐり習慣』

ここまで見ていく中で、妊娠中の鉄分不足がどれだけ危険なことかお分かりいただけたかと思います。
また、1日に必要な鉄分をきちんと摂取していくのが簡単なことではないのもわかりました。

 

じゃあどうしたらいいのか?

 

新たな悩みが生まれてしまいますが、そこで活躍するのが美めぐり習慣という鉄分サプリメントです。
なぜ妊娠中の鉄分摂取に美めぐり習慣が選ばれているのかと言うと、

 

  • 妊娠中の方でも安心して飲める
  • 1日約20mgの鉄分摂取が楽々出来る
  • 鉄分以外に重要な栄養素を同時に補給することができる

 

これら3つの理由が妊娠中の方に美めぐり習慣が選ばれている理由です。
では、それぞれの理由について具体的な根拠を見ていきたいと思います。

 

妊娠中の方でも安心して飲める

妊婦さんにとっては何よりもこれが重要です。
美めぐり習慣は

  • 保存料ゼロ
  • 着色料ゼロ
  • 香料ゼロ

のスリーゼロの作りになっているため、安全性が何よりも大事な妊婦さんが服用しても大丈夫な作りになっています。

 

公式サイトの方では、どうしても心配であればかかりつけのお医者様にご相談ください。
と書いていますが、美めぐり習慣は薬ではなく食品ですので、基本的に妊婦さんでも安心して飲むことができますと書いてあります。

 

1日約20mgの鉄分摂取が楽々出来る

これがどういうことかと言うと、まず美めぐり習慣は基本的に1日5粒飲むことをすすめられています。

 

なぜならば、妊娠していない方の1日の鉄分摂取量が大体10ミリグラム未満になっており、美めぐり習慣を5粒飲むことで10ミリグラムの鉄分を補うことができるからです。
また妊娠初期のうちも1日の鉄分の摂取量がおよそ10ミリグラムであるため、1日5粒でも特に問題はありません。

 

ただ、妊娠中期や後期になると鉄分の摂取量も倍増していくため、5粒だけではいちにちに必要な鉄分の摂取量を補給することができません。
ですが美めぐり習慣は、1日10粒まで多めに飲むことができます。

 

なので、

 

5粒で約10mg
10粒なら約20mg

 

の摂取が可能になります。

 

つまり、困難だと言われている妊娠中期や後期の鉄分摂取の目安を、美めぐり習慣さえあれば楽々クリアすることができると言うわけです♪

 

また、食事から鉄分を摂取するのであればその分サプリメントの粒の数を減らすだけで大丈夫ですので、このような調整のしやすさも美めぐり習慣が選ばれる大きな理由の1つです。

 

鉄分以外に重要な栄養素を同時に補給することができる

美めぐり習慣には、鉄分をより効率よく吸収するための栄養素である葉酸やビタミンなどを同時に摂取することができます。

 

もともとこれらの成分は、摂取した鉄分をより効率よく体内に吸収するためのサポート役として配合されているのですが、特に葉酸に関しては妊娠中に必要な栄養素としても知られている成分です。

 

その理由は様々ありますが具体的な例を1つ挙げると、胎児が成長する際は細胞分裂が行われるのですが、葉酸はその細胞分裂を行うために必要不可欠な栄養分だと言われています。

 

つまり、葉酸なくしては胎児は成長することができないと言う事でもあります。
それほどにも重要な成分を鉄分を摂取すると同時に補給することができるんです。

 

 

…少し長くなってしまいましたが、妊娠中の鉄分補給に美めぐり習慣が選ばれるのはこのような理由があるからなんです。

 

 

関連ページ

 

妊婦さんの貧血予防

 

TOPへ