妊娠中と葉酸サプリについて知りたいことをまとめてみた

妊娠中のことを調べていると、どうやら葉酸を適度に摂取したほうが良いと言う情報を、見たことがあると言う方も少なくないのではないでしょうか?
そもそも葉酸とは、ビタミンB群に分類される栄養素の1つで、確かに妊婦や胎児にとって必要不可欠な栄養素であります。

 

そんな葉酸は、レバーや卵、緑黄色野菜や豆類など、意外と身近な食材に含まれていることが多く、摂取するのが困難だと言う訳では無いのですが、妊娠中は、葉酸サプリメントから葉酸を適切に摂取することが勧められています。(妊娠中でない時は1日240マイクログラム、妊娠中は1日480マイクログラム、授乳中は1日280マイクログラムが理想の摂取量とされています)

 

また、それがなぜなのかといった部分も、引っかかる点ではありますが、そういった部分も含めてこのページでは、妊娠中と葉酸サプリメントについて詳しく調べた結果をわかりやすく解説していきたいと思います^^

 

目次

  1. 妊娠中に葉酸が必要なのはなぜ?
  2. 妊娠中に葉酸と摂らなかったらどうなるの
  3. 妊娠中に葉酸が必要な時期
  4. 葉酸は食事から摂れるけど、葉酸サプリの方が断然いい!
  5. 葉酸サプリには『天然』と『合成』の2種類ある
  6. 間違いない葉酸サプリの選び方
  7. まとめ

 

編集部おすすめの葉酸サプリ3選

ベルタ葉酸サプリの特徴
価格
定期購入3,980円(132円/1日)
評価
評価5
備考

 

妊娠中に葉酸が必要なのはなぜ?

雑誌やインターネットなどで妊娠中の栄養素について調べていると、ほとんど必ずと言っていいほど登場するのが葉酸です。
多くの妊婦さんは妊娠中に葉酸が必要である事は、おそらく理解していると思います。

 

ですが、なぜ葉酸が必要なのか?
という根本的な部分については、まだあまり詳しくないと言う方も少なくないはずです。

 

知らなくてはいけないわけではありませんが、納得して葉酸を積極的に取り入れていく上で、根本的な部分をきちんと理解してからの方が、モチベーションも変わってくると思いますので、最初に妊娠中に葉酸が必要な理由について軽くおさらいしていきましょう!

 

あまり専門的なことばかり解説してしまうと話が難しくなってしまうので、シンプルに書きますが、以下の通りになります↓

 

妊娠初期

赤ちゃんの無脳症や、二分脊椎などの先天異常のリスクから守ってくれる
この時期は、赤ちゃんの体の中でも根幹になる部分が作られる時期です。

 

葉酸不足は、前述のような先天性異常のリスクを高めてしまいますよ。

妊娠中期以降

  • 血液を作り出す効果によって、胎児の栄養不足を防いでくれる
  • 貧血を軽減する
  • 鉄分不足による、氷食症、むずむず脚症候群などのトラブルを予防してくれる

 

ざっくり言うとこのような効果が葉酸にはあります。
それだけではなく、これは出産後の話になってしまいますが、
授乳期間にも適切な葉酸補給をしていると、赤ちゃんの発達障害のリスクを軽減することも可能なんです。

 

このように葉酸は妊娠中の妊婦さんとおなかの中の赤ちゃんの安全に大きな役割を果たしてくれるため、
不足しないよう摂取が必要だと言われているんです♪

 

妊娠中に葉酸と摂らなかったらどうなるの

妊娠中に葉酸を摂らなかった場合、あるいは不足していた場合はどうなるかを見てみましょう。

 

まず、前述の通り、赤ちゃんに先天性異常の奇形が起こってしまう確率が上がってしまいます。
また、葉酸は体作りの中で細胞を増やす働きを担当しています。

 

そのため、ただ栄養補給をしていただけでは
『赤ちゃんの身体づくりの最後のカギが足りない』ということになりかねません。
確かに、妊娠中に適切な量の葉酸を摂取し続けることでこのようなリスクを軽減させることは間違い無いのですが、意識して葉酸を摂取しなかったからといって、そのような症状が必ず発生してしまうというわけでもありません。(むしろそのような場合はほとんどありません。)

 

そのため神経質になる事は無いのですが、母体や赤ちゃんに対してその他にも良い影響を与えてくれると言うことには変わりがないため、葉酸を意識して必要な分摂取していくことに越した事は無いという事は覚えておきましょう!

 

妊娠中に葉酸が必要な時期

実際に妊娠中のいつからいつまで、適切な量の葉酸を摂取していったらよいのかという部分については、「妊娠中に葉酸が必要なのはなぜ?」の段落でまとめたように、妊娠中から授乳期までになります。
ただ、たしかに妊娠中から授乳期まで葉酸が大活躍する事は前述の通りです。

 

ですが、詳しく調べてみると、葉酸を摂取するタイミングは妊娠する前からが理想的だということがわかりました。

 

妊娠前も葉酸の適度な摂取が必要な理由

もしも妊娠を望んでいる場合は、意識して普段から積極的に葉酸を摂取することをお勧めします。
そうすることのメリットとしては、いざ妊娠した時にも、安心して胎児に葉酸を送り続けることが可能になるからです。

 

多くの場合妊娠2ヶ月前後になるまで、妊娠に気づかないと言うのがほとんどです。
ですが葉酸の1番重要な摂取の時期は、妊娠3ヶ月から4ヶ月くらいだと言われているので、妊活の段階から適度に葉酸を摂取していく事はとても理想的なんです。

 

葉酸は食事から摂れるけど、葉酸サプリの方が断然いい!

このページの冒頭でも少し触れたように、葉酸と言うのは
普段私たちが食べる食材にもある程度含まれており、
摂取すること自体は確かに困難では無いのですが、妊娠中の葉酸摂取には、葉酸サプリメントが勧められています。

 

その理由についてひとつずつ一緒に見て行きましょう。

 

摂取量が分かりやすい

サプリメントですから、葉酸サプリメント1粒に含まれている葉酸の量はもちろんメーカーによって様々ですが、配合量は決まっています。
そのため、例えば妊娠中の方であれば、1粒におよそ480マイクログラムの葉酸が含まれているサプリメントを選ぶことで、1日の葉酸摂取はそれで完了になり、食事の面で気を使う事はほとんどありません♪

 

妊娠前から授乳中まで毎日毎日葉酸を適切な量補給するには、やはり食事からでは厳しい部分があります。
そういった面からも、サプリメントが多くの方に選ばれているんですよ♪

 

つわりの時にも摂取しやすい

特に妊娠初期の頃は、つわりの症状に悩む方が多く、食事がまともに取れないと言うことも少なくありません。
そういった時にも葉酸が多く含まれた食事を考えては作って、それを食べてという事は、決して簡単なことではありません。

 

ですがそこを葉酸サプリメントに代用することで、匂いや味、献立やメニューなど気にせずに、楽に必要な分だけの葉酸を摂取することができます♪

 

他の栄養素も同時に補給することが可能

こちらもメーカーによりますが、葉酸サプリは基本的に妊娠中の方に向けて作られているため
妊娠中に必要な他の栄養素も豊富に含まれているものが多いんです。

 

毎日バランスよく適度な栄養補給をするのが困難なのは、おそらく葉酸だけの話では無いはずです。
もちろんすべての栄養素をサプリメントだけで補給していくのはまた問題ですが
葉酸を補給していく中で、他にも必要な栄養素が同時に摂取できると言う事は、出来るに越した事は無いですよね。

 

少々長くなってしまいましたが、上記のような理由から、妊娠中の葉酸摂取は、サプリメントでの摂取が勧められているんです。
このように、妊娠中の葉酸摂取に葉酸サプリメントがオススメだと言う事は、厚生労働省も認めているようです♪

 

葉酸サプリには『天然』と『合成』の2種類ある

妊娠中の葉酸摂取は、葉酸サプリメントを用いることが好ましいということがわかったところで、
葉酸サプリについての誤解についてなのですが、これは絶対に知っておいた方が良いことなので、
ここで少し解説が必要です。

 

そもそも葉酸サプリには、食品から変換された天然の物と、合成化学物質から変換された合成の2種類があり、天然と合成では、葉酸の吸収率が変わってくると言われています。

 

なお、葉酸サプリは毎日摂取していくものですから、前者の、食品から抽出し変換された天然由来のもののサプリメントの方が好ましいです。
勘違いに気をつけたい点は、本来食材から摂取する葉酸は、熱や水など様々なものに弱く、吸収率がおよそ50パーセントだと言われているのですが、食材から変換されているサプリメントの葉酸の吸収率は、85%と大幅に上がっているということ。

 

また、化学合成されている葉酸サプリも、吸収率は同じく高いのですが、本来人が食べることができない石油などから作られた葉酸ですので、体内に消化、吸収されていく過程で、母体や胎児への肝臓や腎臓などの負担が発生してしまうということです。

 

胎児の場合は、内臓機能がまだ未熟なため、そういった化学合成等の成分を正常に分解することができずに、体内に残ってしまう可能性も非常に高いです。
そうなると、赤ちゃんが生まれてから喘息やアトピー性皮膚炎が起こってしまう可能性が高いと、研究者や専門家も指摘しているんです。

 

勘違いのないように改めていますが、葉酸サプリを選ぶときには、食品由来から抽出されている天然のモノグルタミン酸型の葉酸サプリを選ぶようにしてくださいね。

 

間違いない葉酸サプリの選び方

先程の段落で、天然と合成の違いで葉酸サプリでも大きく変わっていくので、天然の葉酸サプリを選ぶようにしましょう。
と言いましたが、その中でもさらに、低温調理で作られているものを選ぶのが間違いありません♪

 

少々専門的な話になってしまいますが、一般的に葉酸と言うのは熱にとても弱く
55度以上の高温にさらされると分解されてしまうんです。
そのような加工がされていると、葉酸サプリに求めている本来の効果を実感できない可能性もあります。

 

せっかく買うのにそれではもったいないですよね。
なので、葉酸サプリを選ぶ際は、食品由来の葉酸サプリの中でも、
製造時に加熱処理を配慮してある低温処理が行われているメーカーの商品を選ぶようにしましょう!

 

この選び方が間違いありません♪

 

なお、個人的には市販の中からそういったものを探すと、製造方法までは
パッケージ等に記載されていないものも多くそのような時は直接販売元に
電話かメールで問い合わせてみるのもありだと思います。

 

まとめ

このページでは、妊娠中と葉酸の関係や、葉酸サプリについて詳しく解説していきました。

 

妊娠中に葉酸サプリを利用する場合の選び方は・・・

  • 天然由来のモノグルタミン酸型の葉酸サプリを選ぶ
  • その他の栄養素もしっかり入っているサプリを選ぶ
  • 喉が細い方は粒が小さめのサプリを選ぶ
  • 一度に飲む粒数が少ない葉酸サプリを選ぶ

 

このような基準で葉酸サプリを選ばれると良いかと思います。
妊娠中に葉酸が必要であることは変わりはありませんので、
毎日毎日適切な量の葉酸を食事から摂取していくことが困難だと感じる場合は、
葉酸サプリを検討してみるのも1つの手だと思います。

 

その際はこのページで紹介した葉酸サプリの選び方をぜひ参考にしてください♪

TOPへ