妊娠中ダイエット@ハーブアブソリュートコンブッカ

妊娠中の体重管理に菌活で話題のコンブチャを使いたい試してみたいと言う妊婦さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

 

このサイトでは、妊娠中の体重管理ダイエットや健康維持体調管理に今流行りのコンブチャの元祖とも言える存在のハーブアブソリュートコンブッカがどのような効果があるのかメリットはあるのか。
また安全性はどうなのか。飲み方の注意点などは無いのかといった点のところまで詳しく見ていきたいと思います。

ハーブアブソリュートコンブッカ

ハーブアブソリュートコンブッカは、フジテレビのめざましテレビで紹介されたことがきっかけで一躍有名になりました。結論から言ってしまうと、妊娠中の妊婦さんにとってハーブアブソリュートコンブッカはとてもオススメです。
このページでは、妊娠中の健康管理やダイエットに対して効果的なハーブアブソリュートコンブッカの効果や安全性飲み方口コミなども含めて詳しくご紹介していきたいと思います。
まずはハーブアブソリュートコンブッカの特徴から一緒に見ていきましょう。

ハーブアブソリュートコンブッカ

ハーブアブソリュートコンブッカの特徴

ハーブアブソリュートコンブッカは、先ほども軽く触れましたが
フジテレビの人気番組めざましテレビに紹介されたことがきっかけで一躍話題の健康飲料として注目を集めました。

 

その理由は、海外セレブのミランダカーやジェシカアルバなどが、実際に健康維持と美容の為に、
またダイエットのためにも飲んで役に立てています。
この特にこのハーブアブソリュートコンブッカで特徴なのは妊娠中にホルモンバランスの影響で
水分不足になって腸内環境が悪化しやすくなっている所に対して働きかける乳酸菌が取れる菌活ドリンクであるという点です。

 

また、妊婦さんにとってもお腹の赤ちゃんにとっても安心のノンアルコールで
カフェインも控えめになっていることから安全性の点においてもハーブアブソリュートコンブッカを飲む事はおすすめと言えるんですよ。

 

KOMBUCHA(コンブチャ)

 

ハーブアブソリュートコンブッカの効果

ハーブアブソリュートコンブッカの効果は、妊娠中の体重管理ダイエットに対して使えるカロリーの低さや乳酸菌の摂取による腸内環境の改善、豊富に含まれるポリフェノールによる血液に関連する妊娠中のトラブルの予防といったことがあげられます。ではこれらの要素を1つずつゆっくり見ていきましょう。

 

妊娠中ダイエットにおすすめの一杯当たり34Kcal

ハーブアブソリュートコンブッカのいっぱいあたりのカロリーは、原液20ccを白湯で割った状態で検索したら頃一杯当たり34キロカロリーでした。
これは、標準的な日本人の通常の朝食の卵焼きや鮭、お味噌汁などといった組み合わせの朝食の約10分の1程度のカロリーと言うことになります。

 

そしてとることができる栄養素は、先ほど触れたようにビタミン類や乳酸菌、ポリフェノール、酵素、アミノ酸といった
幅広い栄養素をバランスよく摂取することができます。
これらの栄養素をバランスよく摂取することが妊娠中の高血圧症候群の予防や妊娠糖尿病の予防などの健康管理と栄養補給の両立につながるからです。

 

乳酸菌による腸内環境の改善

妊娠中はホルモンバランスの変化によってお腹の赤ちゃんがいる子宮に水分を集めてこようとする働きがあります。
そのため、腸内環境が悪化しやすく、それに加えて妊娠中は太りやすいと言う事のために
食事制限を行う妊婦さんも多いため、栄養バランスの乱れや水分不足と言ったことから便秘になってしまう方が多いんですね。

 

このような妊娠中に起こる便秘はそのまま放置しておくと、血流の悪化による内臓周りの冷え性と言う
体の内側から起こる根深い冷えにつながってしまいます。
そうなるとどんなことが起こるのかと言うと実は逆子や帝王切開などのリスクにもつながってしまうんです。
こういったリスクを回避することができるのがハーブアブソリュートコンブッカの効果の1つなんですね。

 

妊娠中のポリフェノール摂取は大丈夫?

妊娠中のポリフェノールの摂取は、全く問題ありません。というのもポリフェノール自体に血液をサラサラにする効果があるため、
妊娠中の高血圧症候群などの母体と赤ちゃんの両方に影響のある最悪の病気の予防はもちろんですが、

 

その他にも赤ちゃんの逆子や帝王切開につながってしまう冷え性等の予防も効果が期待できます。
というのもこのハーブアブソリュートコンブッカで摂ることができるポリフェノールは、血液をサラサラにする効果があり、
それによって赤ちゃんへの栄養供給はもちろん、血流が活性化することで冷え性の予防に役立つからです。

 

つまり体を内側から温める効果が期待できるという事なんですね。

 

ここまでハーブアブソリュートコンブッカの成分から見た妊娠中の妊婦さんへの効果を見てきました。
では仮に実際にハーブアブソリュートコンブッカを飲むとしたら飲み方にどういった行い方があったり注意点があったりするのでしょうか見ていましょう。

コンブチャはアルコール配合なし

ハーブアブソリュートコンブッカの飲み方は?

妊娠中の妊婦さんのハーブアブソリュートコンブッカの飲み方は、基本的には1日いっぱい朝食の時に飲むと良いと言われています。
というのも朝の食事の時間帯が1番体の中のめぐりの機能が落ち込んでいる時間帯だからです。

 

つまり、まだ完全に体の機能自体が目が覚めていない時間帯に身体を内側から優しく起こしてくれるという事。
この時間帯にハーブアブソリュートコンブッカを飲むことによって体を「ちゃんと起こしてあげる」効果が期待できるんです。

 

それによって例えば便秘に対しては腸の蠕動運動が活性化されて、便意を催す自然なお通じが期待できますし、
朝起き抜けで、まだ体が冷えている状態で血流を活性化させてあげることで、
体が内側から温まってきて赤ちゃんにもちゃんと栄養が回るようになると言う効果も期待できるんですね。

 

また朝は基本的に人間の午前中の酵素の働き自体が体質と代謝の時間帯とされていますので、
その時間帯に体の巡りを活発化させてあげることで妊娠中の体重管理ダイエットのための蓄え体質の緩和もできます。

 

つまり妊娠中に太りやすい体質を無理なく穏やかに変えていくことができるということなんです。
実はこの効果が「ハーブアブソリュートコンブッカ妊娠中に飲む1番のメリット」なんです。妊娠中は体重管理にとても気を遣わされますよね。
月齢ごとに頻度も増えていく妊婦検診でも体重や血圧、血糖値などは常に測定される項目として厳しく指摘されます。

ハーブアブソリュートコンブッカの飲み方

 

このようなタイミングでちゃんとした血液の働きによる体の内側からのめぐりの活性化が行われることが
1番妊娠中の蓄え体質による太り過ぎを予防する効果につながるんです。

 

妊娠中にも安心して飲むことができるハーブアブソリュートコンブッカの健康効果によって、
妊娠中の体重管理の大変さやお腹の赤ちゃんに対しての心遣いと言う意味でのストレス大変さといったもの少し和らげることができるんですね。

 

また、妊娠中に例えばお盆休みやお正月休みなので帰省したときに、
ついつい豪華な料理を食べ過ぎてしまうといったようなこともあると思いますが、
そんな時でもその翌日に食事と置き換えてハーブアブソリュートコンブッカを飲む事によって、栄養補給はちゃんと行いながら、
摂取カロリーだけはしっかり抑えて太り過ぎを予防することができるという事なんですよ。
こういったメリットもハーブアブソリュートコンブッカのもう一つの隠れたメリットと言うこともできるかもしれませんね。

 

ハーブアブソリュートコンブッカ

TOPへ