妊娠中の安全で効果的な太もも痩せのやり方

妊娠中は太ももやふくらはぎ、腰回りなどが本当に太りはじめてきて
『ぽってりとした体つき』になって嫌になってしまうことが本当に多いんです。
そうならないためにはできるだけ太ももを痩せるようにしたいものなのですが、
しかしながら妊娠中は元々太りやすい体質になっているため、
しかもその理由がもともとホルモンバランスによって起こっているもので
お腹の赤ちゃんを守るためでもあり基本的に改質の部分を変えることはできません。

 

ですがそれでも妊娠中に太もも痩せる方法でなおかつ妊娠中でも安全なものはちゃんとあるんです。
むしろ妊娠中の体重管理や健康面から積極的に行った方がいいものまであるんですよ。

下半身太り

 

そこでこのページでは妊娠中の太もも痩せについて詳しく見ていきたいと思います。

 

一言で妊娠中の太もも痩せといってもいくつもの方法があります。

  • スクワットやストレッチはどうなの?
  • お風呂の入り方は?
  • ヨガの効果はどうなの?
  • キャビテーションはどうなの?
  • またサプリメントで太らないようにする方法がむくみの改善も含めた方法あるの?

といった様々な方法があります。
このページでは、妊娠中に太ももを痩せる方法で安全で安心して行える方法と
なおかつ妊娠中の健康管理にも効果的な方法をご紹介したいと思います一緒に詳しく見て行きましょう。

 

妊娠中に太もも痩せる方法は?

妊娠中に太もも痩せさせる方法は先ほど軽く触れましたが

  • スクワットやストレッチ
  • お風呂の入り方
  • ヨガ(マタニティーヨガ)
  • サプリメント(カリウム配合のもの)
  • キャビテーション

大きく分けてこれら5つの方法があります。
ですが中には妊娠中には行うことができない方法も含まれているため、
その危険性いや理由なども含めて詳しくご紹介していきたいと思います。

 

まずは、妊娠中でも太もも痩せに使える方法から見ていきましょう。

 

妊娠中の太もも痩せに使える方法

妊娠中の太もも痩せに使える方法はお風呂とマタニティーヨガ、スクワットやストレッチ、サプリメントの4つになります。

 

ではこれらの方法を1つずつ詳しく見ていきましょう。
また、ご説明の必要はないかもしれませんが、
妊娠中に控えた方が良いと言われるのはエステで受けることができるキャビテーションです。
このキャビテーションがなぜ妊娠中にいけないのかという理由については後ほどまた詳しく説明させていただきます。

 

妊娠中のスクワットやストレッチによる太もも痩せの効果とやり方

妊娠中の太もも痩せのためにスクワットやストレッチをやりたいという方もおられると思います。
このやり方は極めて簡単で、ただし1つだけ約束していただきたいことがあるんです。

 

それは妊娠中のお腹に対して負担がかからないように
少しでもお腹の張りや痛みを感じたらすぐに中断して休憩して欲しいという点なんです。

 

これはやり方の問題ではなく、どのくらいの運動量になるのか筋肉量に対して個人差で比例していますので、
いつどのようにお腹が痛くなるのかわかりません。ただしやっていてお腹が痛いと感じたらすぐにでも中断して休んで下さい。
決して無理をしてはいけませんよ。
具体的なスクワットやストレッチのやり方としては、
スクワットの場合は壁に背中、頭、腰を壁に着けた状態で空気イスのような体制をとります。
その状態で息を吸って太もも開いた状態でゆっくり体を下げていきます。
ゆっくり体を下げていきながら呼吸を吸って、そして体を戻すときにゆっくり同じように呼吸を吐くようにしましょう。
これをワンセットとして十回ほどおこないます。
また、この状態の足を開かないバージョンを行うのですが、その時にぜひお勧めしたいのが枕を内股に挟んで、
その枕を落とさないようにしながらスクワットを行うようにすることです。

 

このスクワットも同じく先ほどと呼吸も全く一緒で、回数も10回行うようにしましょう。
このスクワットの効果は太もも痩せるだけではなく、妊娠後期の方の安産体操のためにも役立ちます。
ただし、身体の状況や赤ちゃんの大きさその時の体調によっても個人差がありますし、
体調も常に同じではありませんので、もしお腹の痛みや激しい息切れを感じるようであれば
一旦休憩をしてその後に再び再開するようにしましょう。決して無理をしてはいけません。

 

妊娠中のお風呂での太もも痩せ

妊娠中のお風呂での太もも痩せは、たくさん汗をかくために温度を高く設定しようとする方がいらっしゃいますが、それも基本的にはお勧めできません。
温度は38度から高くても40度までに抑えて、時間も10分以内にしましょう。
その間に太もも痩せでできるものとしては、できるだけ圧力をかけないようにするリンパマッサージです。

 

お風呂に入っている間は、お湯によって浮力で体が重力の負荷がかかっていない状態ですので、
このリンパマッサージの効果が上がるんです。

 

基本的に妊娠中に浮腫が起こりやすい理由としては、体の中に水分を蓄えようとするプロゲステロンというホルモンの働きによって起こります。

 

また、少なくとも立っているときの方が下半身のほうにむくみの原因になる水分が溜まりやすいですよね。
この下半身のほうに水分が溜まりやすい状態生お風呂の中で解消してあげた状態でリンパマッサージを圧力をかけずにやるというのは効果がある方法なんです。

 

間違えても妊娠中に強くリンパマッサージを行ってはいけません。
というのも筋肉とリンパの間にある繊維組織の中にあるエピネフィリンという神経伝達物質の量に極端な増減が発生してしまうため
子宮収縮の原因になるからです。
エステなどでも妊娠中であることがわかるとリンパマッサージを断ったりキャビテーションが受けられなかったりする理由はこのためなんです。
お風呂でリンパマッサージをする事は太もも痩せのために効果が出やすいのですがくれぐれも圧力をかけすぎないように行ってください。

 

マタニティーヨガの太もも痩せ効果

マタニティーヨガの太もも痩せの効果についてはかなり効果が期待できるといえます。
一番最初にご紹介したスクワットやストレッチと同じように、
決して無理をしないように休憩を挟みながら自分の体の様子と相談しながら行うというのが第一条件にはなるのですが、
これをちゃんと守って続けることができればかなり効果は高いといえます。

 

また、通常のヨガと違って妊娠中のマタニティーヨガについては、

  • やはり呼吸と体を動かすリズムを整えてあげる
  • そして決して早いリズムで体を動かさないようにする

ということが1つの条件となってきますので、やはり妊娠中のお腹の赤ちゃんに対しての胎教の効果も期待できます。
呼吸を整えてリラックスしながら副交感神経の働きを活性化させてあげるようにしましょう。
妊娠中は、ストレスが溜まりやすくそのストレスの影響によってお腹の赤ちゃんに対して
将来的な多動性注意欠陥症候群などの障害の原因になってしまう場合があります。
それを防ぐためにも妊娠中の体調は非常に大切なことでもあります。
それと太もも痩せの効果を両方とも両立できるというのはマタニティーヨガのメリットでもありますね。

 

妊娠中のカリウムの摂取によるむくみ予防

太もも痩せを妊娠中に行うためにはやはり水分を溜め込んでしまう
ホルモンバランスによる体質の変化を可能な範囲で抵抗することが大切です。

 

このような『妊娠中のむくみ対策』で太もも痩せの効果も得られて
妊娠中高血圧症候群や妊娠糖尿病の予防などの『安全にお産を迎える』効果も得られます。

 

この時に妊娠中に水分補給をむくみが嫌だからといって怠ってしまう方がいらっしゃるのですが、
妊娠中の水分補給は赤ちゃんのいるお腹の用水をできるだけきれいな状態に保つようにするためにも、
また食事で撮った塩分を適度に排出するためにもとても大切です。

 

体の中に塩分が溜まってしまうとそれが新たなむくみの原因になり、
むくみは妊娠中の高血圧症候群や妊娠糖尿病の原因にもなります。
母子手帳に浮腫が検査項目の中に入っているのはこういった理由からなんです。

 

ですので、妊娠中のむくみ予防を積極的に行ってあげるためにも
カリウムのサプリメントなどを利用した積極的なカリウム摂取を行うようにしましょう。

 

また、妊娠中のカリウムの摂取量は一般的な成人女性の1日あたり2,800mgに対して
25%増の3,500mgが一般的な数値として効果的と言われています。

 

もともと腎臓に負担がかかってしまう方もいらっしゃいますし、
腎臓と膵臓、肝臓は人間の臓器の中でも非常に健康に直結的に影響を及ぼす臓器ですので、
もし心配な場合はカリウムを摂取する前に、
かかりつけの産婦人科医の先生と相談して丁寧に進めていくようにしてください。

TOPへ