妊娠中も口内炎の薬は使えます!薬以外の治し方と予防法

口内炎って、できてしまうと意外と辛いですよね。食事の時に痛むし、何よりおいしい食べ物も美味しく感じにくくなってしまいます。

 

実は、妊娠中はどうしても口内炎ができやすい時期なんです。
ここでは、その理由や口内炎発生の原因から、
発生した口内炎を治すための対処方法や、今後口内炎を発生させないための予防方法等について特集しています。
また、妊婦さんでも安心して使える薬や、薬を探す際の注意点等も特集していますので、そちらも併せてご覧ください。

 

口内炎発生の原因

そもそも口内炎と言うのは、口の中の粘膜に発生している炎症の事ですが、口内炎発生の原因としてはいろんな要素が関係してきます。
体内のホルモン分泌の状態や栄養の摂取の状況、
体の免疫力の状態、肉体的、精神的な疲れなど、これらの要素が口内炎発生の原因として関係しています。
その発生のタイミングや、人によって口内炎発生の原因は変わってくるため、
一概ににピンポイントで今発生している口内炎の原因はこれ!と指摘するのはちょっと難しいのです。

 

ただ、このように様々な体の内側の状態が口内炎発生に関係している、というポイントは頭の片隅に入れていただければと思います。

 

特に妊娠初期は口内炎に要注意!

妊娠期間の中でも、特に妊娠初期は口内炎ができやすいと言われています。
その理由としてよく言われるのは、妊娠してから急激にホルモンバランスが変わったことや、
つわりによって食事の内容が変わり栄養バランスが偏り始めていることなど、妊娠による様々な変化が関係しているといわれています。
もちろん、どのタイプの口内炎なのかによっても原因が変わってきますし、
先ほどもお伝えしたように人によって原因は変わってくるので、妊娠初期の口内炎についてもピンポイントで指摘できないのが現状です。
ただ、妊娠による口内炎の発生は妊娠初期だけでなく
妊娠中期、妊娠後期、臨月でも充分あり得ることですので、妊娠期間を通して予防をしておくことが大切です。
※予防方法についてはページの後半部分でご紹介しています。

 

妊婦向けの口内炎治療方法

口内炎を治す薬と言えば、近所のドラッグストアに行けばすぐに手に入ります。
しかし、妊娠中は下手に市販の薬を使うのはよくないですよね。
その状態の妊婦さんは、どのように口内炎の治療すれば良いのでしょうか?

 

すぐに対処したいと言う内容であれば、お医者さんに診てもらうのが1番です。
なお、足を運ぶ病院は、産婦人科、口膣外科、歯科などに相談するのが一般的です。
ただし、産婦人科以外に見てもらう場合は今妊娠中であることを絶対に伝えてくださいね。

 

基本的に自己判断で薬を活用するのはよろしくないのですが、
妊娠中でも安心して使える薬、もっと言うとその時のあなたの状態を判断した上で
安心して使える薬をお医者さんがチョイスして渡してくれるので、やはりこの方法が1番安全で効果的です。

 

セルフケアで口内炎治療はできないの?

状況によっては、すぐに病院に行くのが厳しいと言う方もいらっしゃると思います。
その時行いたいのは、「うがい」です。
なぜならば、口内炎を治す際の基本的な要素としては口の中の衛生状態を清潔に保つことが重要だからです。
なお、うがいをする際は、普通に水でうがいをするのも良いですし、
殺菌消毒効果が期待されているイソジン、マウスウォッシュなどを活用するのもオススメです。

 

口の中はすぐに菌が繁殖してしまうので、外出していなくても1日に数回うがいをするのがオススメです。

 

妊婦でも安心して使える市販薬

妊婦にとって、基本的には市販で取り扱われている薬は、
病院の先生や薬剤師に相談した上で使うことを推奨されているか、もしくはそもそも使ってはいけないかのどちらかです。

 

ただ、例外としてチョコラBBプラスと言う薬は、妊婦さんでも問題なく使えると明記されています。
こういったものでも念のため薬剤師や医師に相談してから使うのをオススメしますが、
どうしても薬を使いたい!でも病院にはいけない状況。と言う内容であれば
近所のドラッグストアでチョコラBBプラスを探してみるのもありですね。

 

妊娠中の口内炎を予防するためには

原因が分かり、基本的な治療方法がわかったところで、今度はこれからの口内炎を予防するために重要となる予防方法についてお話ししていきます。

 

ポイントは3つです。

 

口の中の衛生環境を保つ

セルフケアで口内炎を治すためのポイントでもありましたが、口の中を清潔に保つことが非常に重要です。
なのでこまめにうがいをしたりすることをお勧めします。
もちろんこの段階でイソジンなどを毎回使えれば良いですが、もったいないしめんどくさいですよね。
なので普通に水道水でうがいをするのでも大丈夫です。
あと、歯磨きを優しく丁寧に行うことも大切です。

 

疲れやストレスをため込まないこと

疲れやストレスを溜め込んでしまうと、体の免疫力が低下してしまい口内炎ができやすくなります。
ついつい頑張ってしまう気持ちはわかりますが、体を休める事はがんばり続けるためにも必要なことです。
物理的に体を休めることや、精神的にリラックスするための時間を増やしてみてはいかがでしょうか。

 

まとまったそういった時間を作れなくても、一息つく時間を作ったり、ちょっと仮眠を取ったり、
1日の中で好きなことをする時間を数分間だけでも設けたり、そういった風に生活習慣を見直すだけでも効果は大きいです。

 

ビタミンを積極的に補給する

妊娠中はいろんなビタミンやミネラルなどの栄養を
バランスよく補給していくことが大切ですが、特に口内炎に関わってくるのはビタミンです。
もっと詳しく言うと、ビタミンB2、ビタミンB6などが重要で、
ビタミンB2はレバーとか納豆、乳製品などに多く含まれていて、
ビタミンB6は、マグロ、カツオ、バナナなどにたくさん含まれていますので
普段の生活の中でうまく取り入れていけると良いでしょう♪
なお、毎回の食事でそういった栄養をいちいち気にするのはちょっと大変。
と言う方は、ビタミン豊富なサプリメントなどを活用するのも1つの手です。

 

舌に口内炎ができる場合もある

口内炎は舌にも発生することがあります。
ここにできる口内炎はちょっと厄介で、場合によっては舌癌の場合もあるんです。
舌にできるガンの場合は、一般的に50代から60代以上の方の発症がほとんどですが、最近では20代から30代の方にも時々見られるそうです。
発生する場所としては、主に舌の横の縁の部分、舌の裏側にできやすいと言われています。
とは言っても、私たち一般人にはとても判断しにくい部分になりますので、舌にできた口内炎の場合も、やはりお医者さんに診てもらうのが良いかと思います。

 

もちろん、ただの口内炎の場合も当然あります。
しかし、ただの口内炎だと思っていたものが、実は舌のガンだった。となってしまっては、知らなかったでは済まされないので、こちらも知識の1つとして頭の片隅に入れていただければと思います。
そしてもしもご自身や身の回りの方で、舌に口内炎ができてどうも怪しいと感じた場合はすぐにお医者さんにいかれることをお勧めします。

TOPへ