ピンキープラスの効果|産後に気になるバストケアはお任せ!

ピンキープラスの画像

妊娠中に大きくなったバストを産後の授乳中の後でもしっかりときれいな形のまま大きく保ちたい!
当たり前の話かも知れませんが赤ちゃんのためとは言っても、産後のバストのタレやしわしわ、しぼみ気になりますよね。
妊娠中は平均すると2〜3カップほどバストが大きくなると言われていますよね。
それは、産後に赤ちゃんに授乳をするためで乳腺が発達するからなのですが、問題はその授乳期を終えた後にどんどんバストがしぼんでいって、しわしわになったり、たれてしまったりすることですよね。

 

そんな心配を解消してくれる『産後の授乳中から離乳食を食べ始める頃までしっかりと使い続けられるお勧めのバストアップサプリメントがあるんです。
その名前は『ピンキープラス』です。
このページではそんなピンキープラスの特徴や効果、授乳に影響しない安全性が確立された成分などをしっかりご紹介しています。
実際にバストアップサプリは様々な種類があり、クリームなどのその他の商品も加えると相当な種類があります。

 

私は、バストアップサプリメントやバストアップクリームなどをご紹介しているサイトをいくつも運営しているので、日本中のすべてのバストアップ商品を実際に買って試したり、
成分分析をして比較したりしています。そんな中で授乳中から安心して飲むことができて産後うつの予防にも効果が期待できるサプリメントという意味でこのピンキープラスをおすすめなんです!

 

pinky plus

 

その理由を、この先でもしっかり紹介していきます。もしよかったらご覧になってください。
ほとんどすべての妊婦さんが経験する、妊娠中のバストのサイズアップで大きくなったムネを産後の授乳を終えた後でもきれいに保つのは決して不可能ではないんです!

妊娠中でも大丈夫?ピンキープラスの安全性と実感力

ピンキープラス授乳期後のバストケアにお勧めする理由

妊娠中でも大丈夫?ピンキープラスの安全性と実感力

ピンキープラスが、授乳中から授乳期が終わる頃(もしくはもっと先まで)のままのバストケアにオススメな理由は、女性ホルモンのバランスに直接影響を与えない安心できる成分配合によるものなんです。
通常、バストアップサプリやバストアップクリームなどは、ほとんどの製品が『プエラリア・ミリフィカ』という女性ホルモンの特にエストロゲンに対して強力に働きかけてしまう成分が入っています。
ですが、そのようなサプリメントは妊娠中はもちろん産後の授乳中のママにとっても決してお勧めできるものではないんです。

 

産後の授乳中のママの赤ちゃんに対して母乳を与えるための特別なホルモンバランスというものがあります。
骨盤を緩めるためのリラクシンの分泌が終わった頃から出始めるプロラクチンというホルモンがその幸せな授乳を支えるためのホルモンなんです。

 

このホルモンの引き換えに徐々に収まりながら出てくるホルモンが、通常の女性ホルモンであるエストロゲンです。
このようなホルモン分泌の移り変わりがあるため、産後の生理再開が産後1年も経ってからになってしまったという方も多いんです。

 

つまり産後の授乳中にエストロゲンに対して分泌を増やすように協力に働きかけてしまうプエラリア・ミリフィカの配合されたサプリメントやバストアップクリームを使うのは母乳育児で赤ちゃんの健康を第一に守りたいと考えているママさんにとってはとても危険なものでもあるんです。
ピンキープラスは、プエラリアミリフィ光を一切使っていないバストアップサプリです。その主成分になるのはブラック子捕手がバレリアンというホルモンの中でもリラックスさせる働きを持っているトリプトファンやセロトニンの分泌つに関係しているハーブ系の成分が主に使われています。
実はこれが、産後の授乳中のママにバストが垂れたり、しぼんだり、しわしわになってしまったりすることを予防するためのケアとしてピンキープラスをお勧めする理由なんです。

妊娠中でも大丈夫?ピンキープラスの安全性と実感力

ピンキープラスのバストアップ効果

ピンキープラスのバストアップ効果は、やはり気になりますよね。
この点についても先ほどご紹介した通り私は、バストアップサプリやクリームなどのアイテムを比較してランキングをつけるサイトをたくさん運営しています。
その中でも人気ランキングでトップクラスの商品がピンキープラスなんです。

 

実際に私が運営しているサイトを経由してピンキープラスを購入する方の効果の実感度に関しても5人中4人までが何らかの効果を実感しているんですよ。
それだけ効果が高いという事なのですが、にもかかわらず、女性ホルモンのエストロゲンに直接的な影響を与えるてしまう心配がないというのが、ピンキープラスを産後の授乳中に安心して使ってもらえる理由なんです。

 

では、このような特徴を持っていて効果も期待できるというピンキープラスの成分を簡単に見て行きましょう。
わたしが、産後の授乳期や授乳期が終わって、離乳食を食べさせ始めているママでも安心して使えることを裏付けることができるのではないかと思います。

 

また、ピンキープラスの成分を見て行くことでもう一つのメリットが見えてくると思います。

ピンキープラスの成分

内容量
14.1g(470mg×30粒)
成分

  • ヘンプオイル
  • (血管の柔軟性UPと血液サラサラ成分・抗酸化作用が高い)

  • 発酵ウコン末
  • (カレーの香辛料のひとつで発酵することで吸収率向上・代謝UP“産後ダイエットにも効果を期待!)

  • ブラックコホシュエキス
  • (PMS改善サプリにも多く使われ、精神的な孤独感・焦燥感、不意な悲しみをケア)

  • マルトデキストリン
  • (オリゴ糖を含む炭水化物由来の食物繊維)

  • セイヨウカノコソウエキス
  • (抗ストレス・快眠・リラックス効果)

  • ロディオラロゼアエキス
  • (寝つきを良くしたり、眠りの質を良くする成分)

  • ワイルドヤムエキス末
  • (乳腺を発達させバストアップ効果を期待できる西洋ヤマイモ由来の成分)

ピンキープラスの安全性

産後バストケアにピンキープラス!その隠れたメリット

ピンキープラスを産後の授乳期のバストケアにオススメするもう一つの理由があるんです。

 

それは『産後うつの予防』なんです。

 

産後うつになってしまうままというのは実は非常に多いんです。しかもそのほとんどが産後の授乳中に赤ちゃんがぐずったり、夜泣きをして睡眠不足になってしまったり、普通の生活ができないような条件に置かれたときに発生しています。
産後うつというのは社会問題にもなっているほど深刻な病気の1つです。

 

愛しているはずの赤ちゃんを自らの手で傷つけてしまって自己嫌悪に陥り、それがきっかけで育児ノイローゼに発展してしまうママもいるほど。

 

本当ならそこで旦那さんからの手助けやフォローなどのケアが期待できれば良いのですが、
実際には、旦那さんは仕事から終わって帰ってくると赤ちゃんをちょっとあやして、おむつ交換やお風呂を入れてそれだけで精一杯といったケースが多いんです。

 

夜遅くまで仕事をがんばってきた旦那さんからしてみれば仕方がないことなのかもしれませんが、
本当ならパートナーとしての責任感から気遣いは絶対に必要なのですが、なかなかそうはいかないという現状があるのも事実なんですね。
しかも、そんな旦那さまを見て『わたしがこの子のために頑張らなきゃ!』と余計に自分を追い込んでしまう・・・まさに悪循環としか言いようがありません。

 

このような状態で心配なのが『産後うつ』です。
産後うつになってしまうと、なかなか泣き止まない赤ちゃんに対して怒鳴ってしまったり、頭を叩いてしまったり、中には熱いお湯を浴びせてしまって火傷をさせてしまうほどまでに精神状態を追い込まれてしまうママもいるんです。

 

周囲からの理解としっかりとしたフォローアップ、自分だけでがんばらなければならないという『非常に重い責任感』といったことがなければそこまで追い詰められないはずですし、
産後の子育ては赤ちゃんの笑顔とママ自身がもっと笑顔でいられるような毎日であれば本当ならとても幸せな時期のはずです。

 

そんな産後の子育てを送れないような時期になってしまう理由の1つに、慣れない子育ての物理的な負担もありますがもう一つは産後の授乳期とそれが終わり生理が再開するころに差し掛かる『ホルモンバランスの変化による不安定な精神状態』が挙げられます。

 

最近では、女性が生理前や生理中に感じる痛みや精神的な不安をPMSなど病気の1つとしてちゃんと認める風潮が少しずつ広がり始めてはいます。
ですが、それでもまだまだ理解が足りませんし、まして産後のママが赤ちゃんと『一見幸せそうに過ごしているところ』を見てママがそんな内面の問題をはらんでいるとは周囲の人間にはなかなかわかりにくいものです。

 

やはりそこを理解するには普段一緒に生活をしているパートナーである旦那様の理解が必要なのですが、なかなかそれも思った通りのものが得られないというのが現状です。
そのような状態を精神的な落ち着きや爽快感を演出してくれるハーブ系の成分で助けてくれるのはピンキープラスのもう一つ魅力と言えると思います。

 

ピンキープラス

 

ピンキープラスの効果を活かすためのバストケア

ピンキープラスを使うだけではなく、妊娠中から授乳期にかけての『自分の意識や意図ではコントロールできないバストアップ』をしっかりと産後のキレイなバストにつなげるためのバストケアが大切になってきます。
そのバストケアというのは大きく分けて2つです。

  • 妊娠中に大きくなるバストに合わせたブラをつける
  • バストやバスト周りを含めて妊娠線を予防する保湿ケア

このような、両面のケアをしっかり続けた上で、なおかつ妊娠中の体重管理にも出来る限り気を配って、つわりや食べつわりなどによる急激な体重増加や皮下脂肪の急激な増加などを起こさないように注意していきましょう。
とは言え、あまりにもバストや妊娠線に対してのケアのために妊娠中の全ての生活が犠牲になってしまうようではストレスが溜まってしまいます。

 

それでは赤ちゃんのためにも良くないので、妊娠中の体重管理ダイエットや妊娠線、太ももやふくらはぎお尻周り以外にもできるセルライトのケアなど、
このサイトでは様々な角度から妊娠中のままの産後まで続く『ママのためきれいへのアプローチ』を応援しています。
もしよろしかったら他のページもぜひチェックしてみてくださいね♪

ピンキープラスの飲み方【飲み始める時期】

ピンキープラスの飲み方はまったくもって簡単そのものです♪
一日当たり2粒を目安にお水かぬるめの白湯で飲むのですが、一日の中で朝昼晩のどのタイミングで飲むのかといった指定はされていません。
ただし、産後ダイエットをわずかながら助けてくれる発酵ウコンや精神的なリラックスで眠りを助けてくれる成分が入っていることを考えると、
夕方(特に夕食時or夕食後)に飲むのが良いでしょう。
通常のサプリなら、朝食時に飲んだり、お昼ご飯のタイミングで飲んだりするものが多いのですが、産後の忙しいママは、夜の寝つきを助けてくれる効果が期待できるタイミングで飲んだ方が良いと思います。
バストアップ効果についても、『女子力や“きれい”は夜寝ている間に作られる』と言われていますから、そのためにもピンキープラスを活かすのがもっとも効果的ではないかと思います。

ピンキープラスはいつ頃から飲める?妊娠中は?

ピンキープラスはいつ頃から飲める?
また、いつ頃から飲むのが産後の授乳期のバストケアに良いの?という疑問を持つのは当然です。
ブラックコホシュエキスやワイルドヤムエキスなど、プエラリアミリフィカほどではないものの多少なりとも間接的に
女性ホルモンのバランスに働きかける成分が含まれているので、妊娠中は飲まない方が良いかと思います。

 

プエラリアミリフィカに比べれば問題ないレベルとは思いますが、万が一がないとは言い切れませんし、
むやみに妊娠中から産後のために・・・と常用される方がいるかも知れないことを考えると無責任なことは言えません。

 

もし、ピンキープラスを妊娠中に飲んで、お腹の張りを感じた。などの感覚があったらすぐに服用を止めて様子を見てくださいね。
また、産後のバストのしぼみや垂れ、しわしわなどが心配な方はお産が終わった直後の産褥期の頃から飲み始めるのが良いと思います。

ピンキープラス愛用者の方の口コミ

なんとピンキープラスを試した方のおよそ94パーセントがボリュームアップを実感しているというデータが出ているようです。
そんなピンキープラスを今も愛用されている方の口コミを見ていきたいと思います。

 

私の意中の彼は、過去にスタイルがとても良い女性としか付き合ったことがないという噂を聞きました。そのせいか私のスタイルには不満だったのかな。ですが、ピンキープラスを使い始めてからは、私のスタイルにも変化が現れたまに食事に誘われるようになったんです。そしてつい最近一緒にディナーをした後についに告白をしてもらうことができました♪好きな人を振り向かせるならばピンキープラスがオススメかもしれません!
えりちゃんさん 23歳


 

まさか37歳で成長するとは思わなかった!
私は昔からなかなか変化がないバストがコンプレックスだったんです。もちろん今までいろいろなバストアップ方法を試みたのですが、それなりに年齢も重ねてきていますし、思うような結果が出なかったんですよね。ピンキープラスに出会った時はこれで最後のつもりで試してみました。ピンキープラスは今まで試してきたようなものとは全然違い、時間をかけてですがバストアップの効果をだんだんと実感することができたんです。それが嬉しくて嬉しくて最近では毎日がとても楽しく前向きな気持ちになっています。
ブンブンさん 37歳


 

私はピンキープラスを飲むようになってから以前にも増してバストアップしたような実感があります。歩くと揺れるほどで、自分が憧れていたスタイルになったのは嬉しいのですが、街中でジロジロ見られるのがちょっと気になっちゃいますが、そういうことすら心の中では正直うれしいです(笑)友達にも変わったねと言われるし、異性からも誘われる頻度が増えて人生が変わった気がします!
まいこはんさん 27歳


初回500円!?買うなら公式サイトが絶対お得

サブタイトルの部分でいきなり答えを言ってしまっていますが、ピンキープラスを最安値で購入したいとお考えなのであれば、楽天やアマゾンなどの大手通販サイトではなく、ピンキープラスの公式通販サイトで購入するほうが絶対にお得です!
なぜならば、まず大手通販サイトでピンキープラスを購入する際の最安値価格は以下のようになっています↓

  • Amazon 2,980円
  • 楽天市場 3,218円
  • Yahoo!ショッピング 3,218円

これに送料がかかるといったところでしょうか。
いずれにしてもすでにお伝えしている通り、ピンキープラスは初回限定で500円で購入することが可能です。
もちろん条件付きになっていますが、2回目以降も毎回2,980円で購入することができ、楽天やYahoo!ショッピングよりも安く購入することができます。

 

2回目以降の値段はアマゾンと同じになりますが、初回が500円で購入できますので、総合的に考えるとピンキープラスを最安値でお得に購入するのであれば公式サイトが断然オススメです。

 

絶対にここで買いたい!
という強いこだわりがなければピンキープラスを購入する際は公式通販サイトで購入することをお勧めします。

 

なお、ピンキープラスが500円で購入できるキャンペーンは、期間限定となっているようです。
ピンキープラスの購入についてもう少し詳しく知りたい方は公式サイトをいちどチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

ピンキープラス

スポンサードリンク

関連ページ

Vアップシェイプリフト
妊娠中の太ももなどの脚痩せやお尻のたるみなどの矯正に効果的なVアップシェイプリフトの効果や使い方、注意点などを一緒に見て行きたいと思います。
エクスレッグスリマー
エクスレッグスリマーは、脚を細くしながらツボ刺激で温熱作用や血流改善の働きでダイエット効果も得られると話題の加圧ソックスです。妊娠中にも使えるエクスレッグスリマーの正しい使い方や効果もご紹介しています。
ラ・シュシュ(La Chou Chou)
ラ・シュシュ(La Chou Chou)というバストアップ&ケアクリームは妊娠中にアップしたサイズをそのままにハリとツヤを保ったきれいな美乳を産後に維持することができると評判のクリームです。その効果や口コミ、成分の安全性などを特集しています。
女神フローラ
1.7兆個・17種類の乳酸菌が摂れる女神フローラについて特集しています。特徴や効果、使い方など女神フローラが気になっていらっしゃる方には必見の内容ですよ♪
美めぐり習慣
美めぐり習慣は鉄分だけではなく、葉酸、ビタミンなど多くの栄養素を吸収できるおすすめサプリメント。特徴や口コミ、効果など詳しく解説中です。
美甘麗茶
このページでは、美甘麗茶の特徴や効果、妊娠中に飲んでも良いの?などの疑問にお答えしながら、一緒に見て行きたいと思います。
ヘルペケア|妊娠中も安心の口唇ヘルペス対策専用サプリ
妊娠中の口唇ヘルペスにも安心して使えるヘルペケアというサプリメントをご紹介しています。成分や効果、全成分から安全性についても詳しくご紹介しています。
ビーグレントライアルセット
このページでは、ビーグレントライアルセットが妊娠中の肌トラブルである乾燥肌やニキビなどにどういった効果があるのか一緒に見て行きたいと思います。また、自分の肌に合うかどうか心配だけど使ってみたいという方に安心できるお試し方法もご紹介しています。
エンジェルリリアンプラスと妊娠中の抜け毛対策2選
妊娠中の抜け毛に悩んでいませんか?もしそうならエンジェルリリアンプラスという育毛剤がおすすめ。育毛剤以外にも妊娠中の抜け毛対策で大切なポイントをご紹介しています。
イビサクリームが妊婦の黒ずみ対策に選ばれる理由とは?
イビサクリームは近年多くの妊婦さんの黒ずみ対策に選ばれている陰部(デリケートゾーン)の黒ずみ対策の美白クリームです。ここではイビサクリームが多くの妊婦さんに選ばれる理由について詳しく見ていきたいともいます。
メイドバイマムクリーム|既にある正中線改善にも効果的
メイドバイマムクリームは妊娠中にできた正中線を予防、改善するのに効果的なアイテムです。さらに、妊娠線の予防効果も期待できる優れものなんですよ☆
利尻ヘアカラー|妊娠中でも安心して白髪染めが可能って本当?!
妊娠中の白髪染めアイテムとして大変人気がある利尻ヘアカラーの効果や安全性について詳しく紹介しています。また、ヘアマニキュアが初めてだと言う方のためにも、利尻ヘアカラーの使い方なども合わせて紹介しています。