二の腕痩せで失敗するのはこんな人!成功の為に知っておきたい体の仕組み

二の腕痩せは、意外と多くの女性が悩む大きな課題でもあります。
そしてこの二の腕と言う部分は、体のいろんな部分を見ても、
特に太りやすく痩せにくいパーツになりますので、
的を得た実践をしないとなかなかこのダイエットを成功させることができません。
ですが安心してください。
この記事では、過去に二の腕のシェイプアップに失敗し続けた私の体験談を踏まえて、
二の腕をなかなか細くできない根本的な原因や、不足するためには
具体的に何を意識して何を実践すれば良いのか、という部分についてわかりやすく解説していきます。

 

なので、二の腕痩せ初挑戦の方も、過去に失敗を繰り返してきた方も、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか♪

二の腕がタプタプ

二の腕がなかなか痩せない!その理由は?

二の腕と言う部分は、先ほども軽く触れたように太りやすい部分になります。
しかし、厄介なことに痩せにくい部分でもあります。
その最大の原因は、体のどの部分よりも筋力が低下しやすいことが原因と考えられています。
もちろん職業柄二の腕の筋肉をよく使う方もいらっしゃるかもしれませんが、
そうでない方の場合は基本的に普段の日常生活で二の腕を使う事はあまり無いかと思います。
体の筋肉と言うのは、使われなければあっという間に筋肉量が低下し、脂肪が蓄積されたるんでしまいます。

 

「日常生活で二の腕を使うことがほとんどない」という部分で心当たりがある方も少なくないと思います。
まさにそれに該当する方の場合は、現場として二の腕の筋力が
ほとんど失われている可能性が考えられ、
それこそが二の腕ダイエットが今までうまくいかなかった大きな原因だといえます。

 

なぜ二の腕は太るの?

一般的に二の腕と呼ばれる部分は、上腕二頭筋と上腕三頭筋という2つの筋肉が主なものとしてあるんです。
この上腕二頭筋というのは日常生活の中の、家事やちょっとした運動などでも使われて、
鍛えたり、その部分の脂肪燃焼などにも一役買っているのですが、
問題は上腕三頭筋。。。

 

実は上腕三頭筋というのは普段の生活の中であまり動かされることなく、
その影響で二の腕にタプタプとした羽衣、、、いやお肉がついてしまうという仕組みがあるんです!
上腕三頭筋は使われずにいると、二の腕に脂肪がついてしまい、
外見でもわかるレベルまでタプタプとした状態になってしまいます。

 

そして筋肉が使われることなく衰えていくと肌を支える力も衰えてしまい、
皮膚がたるんでよりタプタプしていきます・・・。

 

これらが主な二の腕が太る原因となっているのですが、
脇付近にあるリンパの流れが悪くても二の腕は太っていきます。
ブラの締め付けや、日常の不摂生などでリンパの流れが滞っていたりするような方は注意が必要です。

 

理想の二の腕の細さは計算式で導き出せる

「二の腕痩せして細くなるぞ!」と意気込んでも
具体的に今の二の腕の太さが何センチだから、あと何センチ減らそう。
と言う部分がわからないとダイエット自体もあやふやになってしまい、
ゴールもよくわからないままダイエットが失敗に終わってしまうこともあります。
また、ダイエットに成功したとしても、極端に腕が細くなりすぎてしまうと、
逆に「ガリガリ過ぎ」と言うネガティブな印象を持たれてしまい、それももったいないですよね。。
そこで、目標設定として実の理想的な細さを最初に把握しておくことが重要となります。

 

その計算式は非常に簡単で、ご自身の身長× 0.15の簡単な計算で導き出すことができます。
その数値のこそ腕が太すぎず細すぎずで、
いわゆる「きれいなスタイル」に見られやすい細さですので、そこを目標にして二の腕ダイエットを行っていきましょう♪

 

二の腕痩せに必要な2つのポイント

二の腕痩せに効果的な実践方法は、調べれば調べるほどいろんなやり方が出てきます。
ですので、基本的には自分の好きな方法を取り入れていただくのがベストだと思いますが、
ここで食事と運動の2つのポイントを同時進行で行うことをお勧めしています。

 

1番に行いたいのが普段の食事の見直し

やはり、ダイエットするのであれば、この食事の見直しを避けては通れません。
二の腕ダイエットでもそれは同じです。
なぜならば、たとえ二の腕の筋肉が衰退しようとも、どれだけ毎日家の中で
ゴロゴロしていようとも私たちが1日に消費するカロリーが、
食事で摂取するカロリーの数が下回っていれば、まず太る事はありません。
しかし、多くの方の場合、毎日1日中何もせず家の中でゴロゴロしている事はおそらく無いかと思います。
主婦の方であれば家の中で家事をしていらっしゃるでしょうし、
毎日会社に通勤してお勤めされている方も多いと思います。

 

そのような生活をされているのであれば、
もしも食事の内容に問題がなければ体が太っていく事は非常に考えにくいといえます。

 

なのでまずはあれこれエクササイズをする前に、
ご自身の食事の状態を見直して必要以上にカロリーを摂取していないか再確認してみましょう。
ここができていないと、筋トレ等をしても大きな成果にはつながりません。

 

二の腕の筋肉をしっかりとつける

先程の段落では食事の見直しが何よりも重要だとお伝えしましたが、
筋トレなどのエクササイズが一切無意味だとは言っていません。
実際に筋肉量が低下してしまうと、基礎代謝が低下しカロリーを消費する量が減ってしまいます。
その上、体が引き締まっていないと脂肪や皮膚でプルプルに見えてしまうので余計に太って見えてしまいます。
筋肉を鍛えることによりその部分を引き締めることになりますので、細く見えやすい状態を作れます。
その上基礎代謝が向上するので、エネルギーを消費しやすい体に近づけることができます♪

二の腕エクササイズ

筋トレやエクササイズの方法については、個人的には手を着く位置を狭める
腕立て伏せを推奨していますが、二の腕のエクササイズについてはYouTubeで
検索すると非常に様々なものが映像付きで紹介されていますので、そちらを参考にされると良いかと思います。

 

これについては、とにかくそこの筋肉が鍛えられれば何でも良いので、自分のお気に入りのものを取り入れてみてくださいね♪

 

なぜか何度も二の腕ダイエット失敗してしまう方の最大の欠点

二の腕ダイエットに限らずかもしれませんが、何度ダイエットに挑戦しても必ず失敗してしまう事ってありますよね。
私もそんな時がありましたが、その時は確かにこれからお話しする最大の欠点が移動していたのを今でも覚えています。
ここまでの内容をご覧になられた方であればなんとなく察しがつくかもしれませんが、
最大の欠点と言うのは、食事の見直しを一切していないと言うことです。
ちなみに、食事の見直しをしているのに結果が出ないと言う方もいらっしゃるかもしれませんが、
その場合は残念ながら的を外してしまっている可能性が考えられます。

 

例えばですが、食事の概念を一切無視して二の腕のエクササイズに励んだとします。
そうすればその時に消費されるカロリーは多少なりともあると思いますし、継続すれば筋肉もつくでしょう。
しかし、もしも普段の食事で自分に必要なカロリー数を多く上回るカロリーを
摂取してしまっては、普段の二の腕エクササイズの時に消費されるカロリーと、
そのエクササイズで鍛えた筋肉の基礎代謝だけではカバーしきれない事態になってしまうので、
結局カロリーの過剰摂取で余分に体内に脂肪が蓄積される結果になってしまうんです。

 

これこそが、一生懸命二の腕痩せエクササイズをしてもなかなか結果が出ない大きな原因でもあります。

 

ここでは、いろんなお話をしましたが、やるべき事はとてもシンプルです。
まずは普段の自分の食事を見直すこと。
(1日の消費カロリーよりも1日の摂取カロリーがきちんと下回る状態を作ることが重要です)
そうした上で筋肉をつけるために、自分にとって続けやすいエクササイズを行うことです。

 

なお、女性の場合は、生理期間で異常にお腹が痛かったり
妊娠初期で無理な運動ができなかったり、出産後の産褥期で運動が制限されたり、
そういったタイミングもあるかと思いますが、食事の見直しが正しくできていれば、
そういった状況でも少しずつ結果を出していく事は十分に可能です。
なので、その期間だけは無理せず、今まで以上に食事の内容を徹底していくように心がけていけると良いかと思います。

 

二の腕痩せにおすすめのアイテム

二の腕痩せには様々なエクササイズや
二の腕ねじりなどがそういったエクササイズの代表的なものだと思います。

 

しかし、正直時間もかかるし、妊婦さんや産後のママさんにはそういった時間もコストもないですよね。

 

そこでおすすめしたいアイテムがあるんです!!
ウデセレブという商品なのですが、この商品は二の腕の悩みに特化したクリームなんです。
二の腕の悩みは実は2つの種類があり、タプタプとぶつぶつの問題があります。
もしかしたら両方の悩みを抱えている方もおられるかもしれません。
ウデセレブはそういった両方の悩みに特化した商品なんです。

 

その商品の特集は次のページでしているのでご覧ください。

 

 

TOPへ