妊娠中のバストアップサプリは百害あって一理なし!?

妊娠中のバストアップサプリが百害あって一理なしと言うと少々極端な表現になってしまうかもしれませんが、それくらい妊娠中のバストアップサプリは確かにメリットがなくデメリットが多いと言われています。
それはどうやら、妊娠中の体に重要な女性ホルモンとのバランスが関係しているようなんです。
なお、妊娠中の体と女性ホルモンのバランスとの関係については次の段落で詳しく見ていきたいと思います。

 

妊娠中はバストアップサプリに限らず、その他の方法も基本的には控えた方が良いと言われていますが、中には妊娠中でも可能なバストアップケアの方法があります。
ここではページの後半部分にいてそういった内容もまとめていますので、妊娠中のバストアップケアを検討されている方には参考になるかと思います。

 

目次

  • 妊娠中のバストアップサプリはなんで危ないのか
  • 妊娠中のバストアップサプリにメリットは一切ないの?
  • DHCのバストアップサプリも危険
  • 妊娠中でも行えるバストアップケア
  • 本来バストアップケアは産後に行うもの
  • まとめ

 

妊娠中のバストアップサプリはなんで危ないのか

 

妊娠中は、女性ホルモンのバランスが今まで以上にかなり重要なものとなってきます。
そんな中、女性ホルモンのうちの1つに似た働きを持つバストアップサプリの成分は、妊娠中のシビアな女性ホルモンのバランスを乱すきっかけともなってしまい、それが流産につながってしまう恐れもあるそうなんです。

 

このような危険があることから、妊娠中はバストアップサプリを控えた方が良いと言われているんです。

 

妊娠中のバストアップサプリにメリットは一切ないの?

 

妊娠中のバストアップサプリに関して調べた結果、妊娠中にバストアップサプリメントを飲むことのメリットは1つも見つからず、流産を始め色々な体の不調の元となると言うデメリットばかりが出てきました。

 

どうやら、妊娠中にバストアップサプリを飲まない方がいいと言う話は本当のようです。

 

DHCのバストアップサプリも危険

値段も安くコンビニなどで手軽に手に入ると言うことで多くの女性に人気のある、DHCのプエラリアサプリと言うバストアップサプリについても調べてみました。
ですが、あのDHCのバストアップサプリも、妊娠中の方にとっては安全なものとは言えないようです。

 

詳しく調べたところ、妊娠中だけではなく、授乳中の女性にとってもDHCのプエラリアサプリメントのプエラリアという成分は基本的に危険だと言われているようです。

 

先ほど、バストアップサプリが危険な理由で女性ホルモンが関係していると言う話がありました。
プエラリアも、摂取する事で女性ホルモンのバランスに悪い影響がでてしまうという事が理由で妊娠中の方には良くないとされているようです。

 

妊娠中でも行えるバストアップケア

妊娠中は、女性ホルモンの影響により約2カップ程度バストが大きくなる場合が多いようです。
ですが基本的には、大きくなったバストは授乳期が終わると下のサイズ、もしくは下のサイズよりもサイズが下がってしまうようです。

 

そうなってしまわないためにも、妊娠中に適切なタイミングで正しいバストアップケアを行っていくと良いようです。
ではどんなことができるのかと言うと、適切なタイミングでバストアップマッサージを行っていきます。

 

ここで重要になってくるのはやり方ももちろんそうですが、適切なタイミングに行うということです。

 

ではどのタイミングにバストアップケアを行いば良いのかについて見ていきましょう。

 

妊娠初期から中期は安静にする

 

そのままになってしまいますが、妊娠初期から中期の頃はホルモンバランスも安定していないため、バストアップケアは控えた方が良いと言われています。
その他にも、乳腺を傷めてしまう可能性なども挙げられます。

 

とにかく、この時期のバストアップマッサージはあまりいいことがないため、控えておくのが無難です。

 

妊娠7ヶ月以降が目安

 

妊娠7ヶ月ぴったりになったら始めて良いと言うわけでもありません。
ちょうどこのぐらいの時期になると、多くの場合女性ホルモンのバランスが安定してくると言われています。

 

そこでお医者さんに確認を取った上で、バストアップマッサージをしても良いか許可が出た場合行うようにしましょう。

 

自分の判断で勝手に行ってしまうと、胸や体調に異常が現れてしまう場合があります。
焦る事はありませんので、必ず確認だけはしておいた方が良さそうです。

 

また、バストアップマッサージを実際に行う際に意識していただきたいポイントがいくつかあります。

 

それは、

  • あくまで授乳の準備をするためのマッサージと言うイメージで行うこと。
  • 欲張って強く激しくやらないこと。
  • ジェルなどは使わないこと。
  • 異変を感じたらすぐに辞めてお医者さんに相談すること

 

また、バストアップマッサージは湯船の中で行うことによって血液循環が良くなりより効果が高くなるようです。

 

なお、妊娠中のバストアップマッサージのやり方については、以下のページでわかりやすく解説していますので、上記のような注意点を確認したうえで、「やってみたい!」という方は是非参考にしてみてください♪

 

★内部リンクお願いします★

 

本来バストアップケアは産後に行うもの

 

妊娠中のバストアップケアは危険と隣り合わせになっているため、無理して行う必要もありません。
適切なタイミングで正しいバストアップマッサージなどを行うことで、バストに良い影響が出るのはもちろんなのです。
ただ、そういったバストアップケアは出産後でも遅くないようです。

 

なので、安全を優先したいと言う方は無理に行う必要は無いかと思います。

 

まとめ

 

それではここまでの内容を振り返ってみたいと思います。

 

  • 妊娠中のバストアップサプリはデメリットだらけでメリットがない。
  • バストアップサプリが危険な理由は流産の恐れがあるから。
  • 妊娠中でも行えるバストアップケアもタイミングとやり方が重要。
  • バストアップケアは出産後でも遅くない。

 

もしあなたがバストアップサプリメントを検討していたのであれば、今は控えた方が良さそうです。
また、出産後に向けてどうしても何かを行いたいと言うのであれば、先ほど紹介したバストアップマッサージを適切なタイミングで正しく行うことをお勧めします。

 

ただ、バストアップマッサージなどを行う際は、注意点だけはしっかりと押さえておきたいところです。

TOPへ