妊娠中の体重管理ダイエットで産後にキレイになろう!

妊娠中の体重管理ダイエットに大変な思いをされていませんか?

 

妊娠中は、初期の頃のつわりが終わると、食欲が急に増したり
そもそも食べづわりで食欲が止まらなくて、これじゃ太っちゃうよ・・・という妊婦さんがとても多いんです。

 

でも、TVに出演している芸能人のママさんを見ていると、妊娠前よりもむしろキレイになったんじゃない?という方もたくさんいますよね。

 

例えば、最近で言うと妊娠中に14kgも太ったけど、産後にすぐに体重を戻した藤本美貴さんとかは妊娠中に増えた体重とお肉はどこへ行ったの?!
というくらいになりました。

 

実は、藤本美貴さんもそうなのですが、妊娠中に食べづわりが酷くて激太りに悩まされていました。
妊娠中から『しっかり栄養を摂る』ことで産後ダイエットの下地を作っていた事もあって

 

産後にキレイなプロポーションを取り戻しました。

 

このページでは、妊娠中の体重管理に悩まされている今の状況から、
産後にキレイな自分を取り戻すための下地作りになる妊娠中の体重管理を一緒に詳しく見て行きたいと思います。

妊娠中に太りやすくなるのはなぜ?

妊娠中に太りやすくなる理由は、ホルモンバランスの変化によって、お腹の中で成長している赤ちゃんにちゃんと栄養を送り届けるようにするためです。

 

食べたものいや飲んだものから、水分と脂肪を溜め込むようになるからです。

 

これぱ、妊娠中に分泌量が増えるプロゲステロンの働きによるものなんですが、お腹の中で赤ちゃんのベッドになっている胎盤を安定させたり、妊娠中の安定期から後期にかけてお産に備えるために体の中で血液量を増やしたりするための水分と脂肪を溜め込む性質があります。

 

また、妊娠中は安定期から後期にかけてお腹もどんどん大きくなってくるので、運動不足気味にもなります。

 

さらに、もう一つの要素として、『つわり』や『食べつわり』があります。

 

食べづわりについては、ちょっとでも空腹感を感じると吐き気を催してしまったり
臭いにもとても敏感になりますよね。

 

これらの要素に加えて、つわりが終わって「赤ちゃんの成長期間」になれば、体がたくさんの栄養を求めるようになるため、必然的に食欲が増えていきます。

 

これらの影響によって、妊娠中は太りやすくなると言われているんです。

妊娠中に安全に痩せる方法は?

妊娠中に安全に痩せる方法は、極端な空腹感を感じないようにちゃんと食べながら栄養管理をすることです。

 

妊娠中に取りたい栄養は主に4大栄養素と言われています。

  • 鉄分
  • 葉酸
  • カルシウム
  • タンパク質

の4つが主に妊娠中に重要な栄養素になります。

 

その反対にあまりとりたくない者としては

  • 脂質
  • 糖質
  • 塩分

と言う3つの要素になります。

 

なので、できるだけ野菜をたっぷりとりながら、味付けは薄めに、そして炭水化物は控えめに…と言いたいところなのですが、やっぱり「おいしいものが食べたい!」というのは本音ですよね。

 

おいしい食べ物と言うのは、やはり味付けがしっかりしていて、食べ応えがあるメニューになります。

 

そこで妊娠中に、美味しくしっかり食べながら、なおかつ低カロリーで栄養をしっかり補給できる食べ物を中心に食べたり、サプリメントや酵素ドリンクなどを利用する妊婦さんが多いんですね。

妊婦が体重管理のために摂るべき栄養は?

妊娠中の体重管理のために絶対に取っておきたい栄養素と言うものがあります。
それは次の3つになります。

  • 酵素
  • カリウム
  • ポリフェノール

という3つが主なものです。
これはちょっとしたポイントというかコツになるのですが、妊娠中に太りやすい体質で先ほど水分と脂肪を溜め込むというお話をしましたよね。

 

妊娠中に付きやすい脂肪は通常時に太るのとは性質が違うものなんです。

 

では、妊娠中の体重管理に対して酵素やカリウム、ポリフェノールが良い理由をそれぞれちょっと詳しく見て行きましょう。

酵素が妊娠中の体重管理に良い理由

この妊娠中に着いた『水分をたっぷり含んだ柔らかい脂肪』は、酵素を補給することで、代謝をあげるのがコツです。

 

消化酵素と代謝酵素の働きで、ため込みにくい体質にもっていくことで、痩せやすく、ちゃんと栄養を赤ちゃんに送り届ながら太りにくい体にしていくことができます。

 

妊娠中に付きやすい脂肪は、通常時の脂肪とは違うと言いましたが、それはホルモンバランスの変化による『水分を含んだ柔らかい脂肪』なんです
このような、脂肪が付いてしまうのを防ぎやすくなるのが酵素なんですよ。

 

カリウムは妊娠中のむくみ解消に効果的

そして、妊娠中に太りやすくなるもう一つのポイントとしては「むくみ」も挙げることができます。
妊娠中のむくみは、先ほど触れたホルモンバランスによるため込み体質と妊娠中の食生活で塩分を摂りすぎてしまっている事によるものです。

 

塩分を摂りすぎると、体の中にナトリウムと言う物質になって蓄積されていきます。このナトリウムは、人間の体の中で60%から70パーセントを占めると言われる水分の浸透圧を一定レベルに保つために大切なミネラルの1つです。

 

近しながら、ナトリウムの取りすぎは水分を溜め込んでしまう原因になってしまうんです。体内の水分の浸透圧を一定に保つための円分と言うのは体内の塩分濃度が一定に保たれていることによって初めて成立します。
そのためには、ナトリウムを適度に排出する役割を持っているミネラルも必要になるんですね。
このミネラルがカリウムなんです。カリウムは、主に緑黄色野菜に豊富に含まれています。

 

ちなみに野菜の中で最もカリウムをいっぱい含んでいるのがパセリです。
その他にはきゅうりやスイカもカリウムが比較的含まれています。

 

このカリウムを積極的に取ることになって、体内のナトリウム濃度を一定に保つことができて、水分と脂肪が結びつく妊娠中の貯め込み体質の原因を予防することができるんですね。

ポリフェノールで妊娠中の血流を活性化!

また、ポリフェノールが妊娠中に痩せるために取りたい栄養素の中に含まれている理由は、血管の柔軟性をあげて、血液をサラサラにする働きがあるからです。

 

これは、妊娠中にホルモンバランスの変化によってため込み体質になっているものを、血液のさらさら効果や結果の柔軟性を上げることによって、血液の巡りが良くなって、赤ちゃんにもしっかり栄養が届けられて、なおかつ妊娠中の運動不足による消費カロリーの低下も緩和することができるんですよ。

 

わかりやすい例としては、ちょっと前にトマトダイエットと言うのが流行しましたよね。

 

これはトマトの中に含まれる赤い色素成分であるトマトリコピンと言うポリフェノールのうちの1つの働きによって血流が活性化して代謝が上がり、結果として消費カロリーを上昇させることができるんです。

 

もちろん消費カロリーを上昇させることができるといっても、その分食べて摂取カロリーも増やしてしまったらチャラなってしまいますので、摂取カロリーをコントロールすることも大切です。

 

ただし、妊娠中は極端な食事制限をする事は赤ちゃんに栄養を送り届けるためには危険なことですよね。

 

そのためにも、しっかり食べつつ血流を活性化させることによって
赤ちゃんに栄養もちゃんと送り届けて消費カロリーを上げられるポリフェノールは、
妊娠中に無理なく安全に痩せるために取りたい栄養素の1つなんですね。

 

妊娠中に食べて痩せるコツは?

妊娠中にしっかり食べながら痩せるコツというものもあります。

 

それは、妊娠中の貯め込み体質に拍車をかけないために、緑黄色野菜からカリウムをしっかり取ったり、酵素を補給できる食事を心がけたり、ポリフェノールを取れるようにスーパーフルーツと呼ばれるキウイやカシス、マキベリー、ブルーベリー、ストロベリー、などのベリー類を適度に食べる事も大切です。

 

もう一つ付け加えるならば、出来る限り味付けを控えめにしながら、なおかつ美味しく食べられる調理の工夫も大切です。

 

例えば脂肪と水分を溜め込みやすくなっているのですから、
甘いジュースや油こってりの食べ物などを控えて、
野菜や植物性タンパク質が取れる大豆食品、
一生にならない程度に動物性タンパクしつをとることも大切なので、
鶏のささみ肉等をメニューに取り入れて、
塩分少なめの味付けでもちゃんと美味しく食べられる工夫が大切になってくるんですね。

 

そのためには塩胡椒で味付けをしていたところを、
レモンやゆずなどの柑橘類の果汁やコショウやターメリックなどのスパイス類を
上手に組み合わせて、塩分をできるだけ減らしていくことも工夫の1つです。

 

こういった普段の食生活に取り入れることができる工夫を楽しみながら、
大きくなっていくお腹で腰痛や膝、足の痛みなどにつながらないように、
適度な運動を組み合わせることで、
妊娠中の体重管理に役立てながら、ちゃんと栄養をとっていく事で
妊娠中のホルモンバランスでため込み体質になっていたとしても
「痩せやすく太りにくい体」を作っていくことで出産を終えた後に
赤ちゃんの子育てで忙しいながらも、極端ながんばり方をしなくても
「産後ダイエットがスムーズに結果につながる」体質を作っていくことができるんですね。

 

まとめ|産後に頑張るダイエットは大変

最新式のグラヴィティヨガなど、産後に痩せる方法として紹介されていたりします。
グラヴィティヨガ(グラヴィティは重力や負荷という意味)は結構大変です。汗

 

旦那さん育児や家事に熱心だったり、
疲れた時にマッサージしてくれたりなんていう協力がないと実際には難しいのが『運動系の産後ダイエット』です。

 

でも、本当に妊娠中に自分自身の健康と
赤ちゃんの成長のために必要な栄養を可能な限り
低カロリーにしっかり摂るというポイントで妊娠中の体重管理ダイエットに
楽しく取り組む方法を実践することで、
産後に普通に子育てをしているだけで
『キュッと引き締まったプロポーション』に戻すことも出来るんですよ。

 

このサイトでは、そんな妊娠中の体重管理ダイエットの方法を
いろいろな角度から、その人のタイプに合わせて徹底的に詳しくご紹介しています。

 

もし、今このページを読んで頂いているあなたが

  • 妊娠中に体重管理が難しくて失敗しそう・・・
  • 食べづわりがきつくて食欲を抑えるのは無理・・・
  • 出来るだけ体重を増やしたくないけど妊婦は無理だよね・・・

なんて諦めているなら、このページの内容を思い出して見て下さいね。

TOPへ