妊娠中から気をつけたい妊娠線対策

妊娠線

妊娠して、すでに産後にできてしまう妊娠線の対策をされている方は割と多くいらっしゃいます。
妊娠線は妊婦さんならきっと、「なんとかしたいな」という気持ちが強いために、すでに情報をしっかりと得ている方も多いと思います。

 

妊娠線の対策が様々な説がありネット上では、「こうだ!」と断言するようなサイトもありますが、ここではそういった意見も踏まえて本当に有効な妊娠線対策について見ていきたいと思います♪

 

妊娠線についておさらい

妊婦さんの8割近くの人に妊娠線ができてしまう事実をご存知ですか?
これは目に見えるものも、表面上は見えてはいないけど、よく見てみるとといったものも含めるとこんなに多くの妊婦さんに妊娠線ができてしまうんですね。
妊娠線とは、妊婦さんのお腹やお尻、横腹、胸、太もも、ふくらはぎなどの皮膚にできる亀裂で、肉割れのようなものです。

 

できたばかりの線は薄めの赤紫色で、細かいギザギザが集まって線状に伸びているため、触ると凹凸が確認できるものもあります。
妊娠中はお腹の赤ちゃんが大きくなるので、ママの皮膚が引っ張られるのは当たり前なのですが、それでも妊娠線は出産が終わっても消えない方もおられるので、しっかりと対策をとりたいと思うのがたいていの意見です。

 

妊娠線ができやすい人はこんな人

あくまで妊娠線ができやすいタイプの人。と言う話ですが

  • もともとぽっちゃりしている方
  • 乾燥肌の方
  • 小柄な体型な方
  • 双子を身ごもっている方
  • 経産婦の方

これに該当する方は、該当しない方に比べて妊娠線の発生リスクが高いと言われています。
該当しなければ安心できるかと言われればそうではありませんが、上記の内容に該当している方は、特に保湿ケアや体重コントロールを心がけたほうが良いかもしれません。

 

なぜ妊娠線はできるの?原因は?

先程の段落でも軽く触れましたが、妊娠線ができる原因は急激な皮膚の伸びです。

 

妊娠中は、当然お腹が大きく膨らみますし、人によってはバストサイズが2カップ程度大きくなったりもしますよね。
このような、妊娠に伴う身体の変化で急に体が大きくなり、その膨張に皮膚の伸びがついて行けず、亀裂が入ってしまうんです。

 

…でも、それってみんな同じじゃないの?なんで妊娠線ができる人とできない人がいるの?

 

このような疑問も生まれてくるかと思います。
本当にその通りで、なんで発生する人としない人がいるのか不思議ですよね。

 

妊娠線が発生する人としない人の違いのポイントとしては、
お肌の状態が乾燥しているか潤っているか。
だと言われています。

 

例えばですが、輪ゴムありますよね。
あれは袋から出したばかりの新品の状態だと、ある程度伸ばして遊んでもちぎれたりしないですよね。
それは、輪ゴム自体が水分を含んでいてみずみずしい状態なので、弾力があるからなんです。

 

逆に、袋から出してしばらく時間が経った輪ゴムは、とても硬くなっていますし伸ばそうとするとすぐに切れてしまいますよね。
これは先ほどと反対に、時間の経過とともに弾力が失われてしまっているからです。

 

妊娠線の発生もこれによく似ていて、妊娠中期頃のお腹が大きくなるときにお肌が乾燥しているとどうしても妊娠線が発生しやすく、事前に保湿クリームやオイルなどを活用して継続的なケアをしていれば、発生のリスクを下げることができるんです。
「妊娠線対策は先手必勝。」と言われるのは、こういったことが関係していると思います。

 

妊娠線はいつからできるの?

これは人によって違いはありますが、一般的には妊娠5ヶ月目から6ヶ月目あたりから現れるパターンが多いようです。
私の妹もちょうどそのくらいだった気がします。
とは言え、妊娠初期だったら何もしなくていいや。と思っていたら大間違いです。
妊娠線は発生してしまってからでは手遅れです。
妊娠初期こそ、妊娠線が発生しないために対策をする重要な時期になります。
妊娠中期になってからでは遅いわけではありませんが、まだ間に合う方はできるだけ早くクリームなどを用意して、早めのケアをすることをお勧めします!

 

妊娠線発生の予兆とかってないの?

妊娠線発生の予兆、兆候と言って良いのか分かりませんが、一般的にはその部分に痒みを感じたら黄色信号だと言われています。
なぜならば、その痒みの原因は妊娠に伴う女性ホルモンのバランスの変化だと考えられており、このホルモンバランスの変化によってお肌は乾燥しやすいと言われているからです。

 

そして実際にかゆくなって爪で引っ掻いてしまうと、さらにお肌の状態は悪くなり乾燥が進みます。
それこそ体重コントロールや妊娠線クリームなどを使っても、痒くてかいてしまっては自ら妊娠線発生の原因を作ることにもなりかねません。
もしも痒みが発生してしまったら、スキンケアの頻度を高めるなどの対策をとってみると良いかもしれません。
また、添加物などを使っていない安全性の高いクリームに切り替えるのも1つの手です。

 

妊娠線ができると消えない!?

妊娠線と言うものは、できる方でもそのでき方も様々です。
中には大量に筋が入ってしまったお腹はまるでスイカのようになってしまいとても目立つような方もおられます。

 

そういった妊娠線は、一度出来ると完全には消えないとも言われています。

 

私自身はしっかりと妊娠中から妊娠線対策をしていたおかげか、産後にはある程度見えなくなりましたが、妹のお腹には出産2年がたった今でもうっすらと残っていて、本人は気にしているようです。

 

本来、女性は美しさに貪欲ですし、妊娠中にはストレスなどの影響で情緒不安定やに陥りやすいため、妊娠線が原因でマタニティブルーを引き起こすケースもあるほど女性にとっては繊細なポイントなんです。

 

妊娠線は絶対に消すことができないの?

基本的に、巷で販売されているような妊娠線クリームなどで妊娠線を消す事は無理だと言われています。

 

では、他の方法でも妊娠線を完全に消すことができないのでしょうか?
私自身も色々と調べてみましたが、手術による治療だとしても、たとえレーザーを使ってもできるのは「目立たなくすること」位だそうです。
高額なお金やたくさんの時間をかけて目立たなくなるだけ。というのはちょっと悲しいですよね…

 

完全に皮膚を移植でもしない限りは、完全に消す事はかなり厳しそうです。
医療の発達などで、今後その常識が変わる時が来るかもしれませんが、今のところはこのような認識になっているようです。

 

妊娠線対策はどうすれば良い?

産婦人科のお医者様や皮膚科の専門家の方に聞いても、絶対という対策はないのが現状です。
しかも一度できてしまった妊娠線は、白銀色に変色して薄くなったり産後に目立たなくする治療もあるようですが、完全に元に戻ることは難しいとされています。

 

もちろん中には妊娠線ができにくい体質の人もいますが、それでもほとんどの女性は妊娠中に予防策やケアに尽力しています。
中には無意識で妊娠線対策をしていたなんて方もおられました。

 

原因で考えられる皮膚の伸縮性や、それに伴う皮膚の乾燥など多くのことを考えると、やはり妊娠線対策にはオイルやクリームがいいだろうと考え付きます。

 

中には通常のボディークリームがいいとか、乳液をそのまま体にも塗るとかいろんな意見があるのですが、総合すると、しっかり妊娠線の対策用に作られている商品のほうがいいのではないかと思います。

 

できるできない、その程度の差など個人差があるので、万全の対策をしておいたほうがいいと私は考えます。

 

妊娠線対策で最も選ばれている方法は「保湿ケア」

私自身もそうでしたが、妊娠線対策をしたい!と言う方が最も取り入れている予防方法は、お肌の保湿ケアです。
体重コントロールにより、一気にお肌が伸びてしまうのを防ぐのも重要なのですが、お肌の状態がパサパサでボロボロだと、ちょっと伸びただけでも皮膚が裂けてしまう恐れもあります。
だからこそ、第一に取り入れたいのがお肌の保湿ケアです。

 

お肌の保湿ケアはどうやるの?

やり方はとても簡単で、まずは妊娠線の予防や対策に特化したクリーム、ジェル、オイルなど、お好きなアイテムを選びます。
それを毎日優しく、お腹、胸、ニノウデ、太もも、ふくらはぎ、など、妊娠線が発生しやすいと言われているポイントに、集中的に塗るだけです。

 

塗るのは、特別なやり方とかはなく、ふつうにお肌に馴染ませるようにゆっくりと丁寧に塗っていただければ大丈夫です。
(強いて言うならば、朝と夜毎日続けることが大切です)

 

妊娠線対策アイテムの正しい選び方

妊娠線予防のために使うアイテムとして選ばれているのは

  • クリーム
  • ジェル
  • オイル

主にこの3つだと思います。
中でも私が使っていたのはクリームです。なぜクリームを選んだのかと言うのはとても単純な理由で、信用できるメーカーのそのアイテムがたまたまクリームだったからです。
(そのクリームは後ほどご紹介しますね♪)

 

なお、クリームにしても、オイルにしても、ジェルにしても、とにかくお肌に浸透しやすいものを選ぶことが重要です。
なぜならば、どれだけ優れた成分を使っていようとも、それがお肌の中にきちんと浸透してくれなければ意味ないです。
なので、優秀な成分を使っている上に、お肌に浸透しやすい作りになっているものを選ぶのがポイントです。
後は、妊娠中に使うわけですから、添加物や危険な成分などが入っていない「オーガニック仕様」になっているものを選ぶのもポイントですね。

 

クリーム、オイル、ジェルそれぞれのメリットとデメリット

妊娠線対策で使われるアイテムとしては、クリーム、オイル、ジェルこの3つが一般的です。
それぞれのアイテムにメリットやデメリットがあるので、それを簡単にご紹介したいと思います。

 

クリームのメリットとデメリット

クリームの場合は、水分と油分のバランスを整えやすいメリットがあり、実際にお肌に塗る時も扱いやすいのがいいですね。
あと個人的には、オイルよりもジェルよりも、クリームタイプの方が有効成分の配合が優れているように感じます。
クリームの方が、お肌にとって良い成分が配合しやすいのかもしれませんね。

 

デメリットとしては、人によってはちょっと重く感じてしまうかもしれない。と言うところでしょうか。
私は気になりませんでしたが、さっぱりとした塗り心地が好きな人はあまり向いてないかもしれません。そこが気にならないならば特に問題はなさそうです

 

オイルのメリットデメリット

オイルの場合、寝るときに伸びがとても良いのがいいですね。
また、オイルであるが故にお肌に必要な行分を十分に補給することができます。

 

ただ、デメリットとしては何回も塗り直してしまうとどうしてもお肌がべた付いてしまいます。
シチュエーションによりますが、個人的には、どんなときにでも使いたいアイテムではありません。

 

ジェルのメリットとデメリット

ジェルの良いところは、塗った後もきちんとさっぱりしてるところが良いです。
お肌に必要な水分を補給することができ、汗でべたつきやすい季節でも何回か塗り直しが聞くのも魅力です。
ただ、乾燥肌の人にはあまりオススメできないかもしれません。保湿力に頼りなさがあるのがジェルタイプのデメリットです。
妊娠線対策では保湿力が命ですので…。

 

妊娠線クリームのオススメランキング

それでは、妊娠線クリームのお勧めランキングを簡単にご紹介したいと思います。

第1位 ベルタマザークリーム
第2位 miteteマタニティクリーム
第3位 ナチュラルマーククリーム

 

妊娠線オイルのオススメランキング

次に、オイルで妊娠線対策をしたい方に向けて、妊娠線オイルのお勧めランキングをご紹介します。

第1位 ノコアファーストボディートリートメントオイル
第2位 ヴェレダマザーズボディオイル
第3位 エルバビーバ ストレッチマークオイル

 

妊娠線対策クリームはベルタマザークリームがオススメ!その理由は?

妊娠線対策のクリームは、ネットで調べると数え切れないほど存在します。
そんな中でも多くの妊婦さんにベルタマザークリームは選ばれるのには根拠があります。

 

その根拠はベルタマザークリームならではの浸透率です。

 

妊娠線クリームには、どれも妊娠線を予防するために有効な成分がたくさん入っているかと思います。

 

ですが、そういった成分がきちんとお肌に浸透していかなければその成分は意味がありません。
(お肌への浸透を重視していない妊娠線クリームは、意外と多くあるようです)

 

そこに着目したベルタマザークリームは、妊娠線予防に有効な成分をナノ化(成分がとてもきめ細かい)しています。
肌の保湿のために有効な成分たちが、どんどんお肌に浸透して行きやすい作りになっているんです。

 

だからこそ、ベルタマザークリームは妊娠線予防能力が高い。と評判で、実際に数多くある妊娠線クリームの中でもたくさんの妊婦さんに選ばれているのかもしれません。

 

ニベアの青缶ってどうなの?

ニベアの青缶はいろんな人が使っているかと思いますが、実際にそれを使って妊娠線対策をされた方もいらっしゃるようです。
口コミを見てみましたが、それで妊娠線ができなかった人もいれば、妊娠線が発生してしまった方もいらっしゃるようです。

 

どうしてもお金がない場合は、何もしないよりはそれを使ったほうが良いかもしれません。
ですが、本格的な妊娠線対策のクリームなどに比べると、大きな違いが出てしまうのは仕方がありません。
何年も使い続けるものではありませんから、妊娠期間のほんの数ヶ月だけでも、妊娠線クリームに投資する。という考え方も良いのかなと思います。
一度できてしまったら一生ものですからね!

 

妊娠線対策に良い保湿成分はどれ?

妊娠線対策のアイテムの中に入って欲しい保湿成分は、どんなものがあるのでしょうか?
代表的なもの上げると

  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • プラセンタ

最低限この3つはしっかりと入っていて欲しいですね。
他にも保湿成分や美容成分などがありますが、何かといろいろ入りまくってるものよりは、種類がある程度絞られていても、価値ある優秀なものがたくさん含まれているのが良い。という見方もあるようです。

 

なお、私がお勧めしたベルタマザークリームは、ヒアルロン酸もプラセンタもコラーゲンも当然入っていますし、妊婦さんにとって問題のある成分などは特に使われていないのでご安心を♪

 

原因からわかる「お金をかけない」もう一つの妊娠線対策

あなたが今まだ妊娠線ができていない状態と言うのであれば、特にこれからお話しする内容は押さえておいた方が良いかもしれません。

 

妊娠線ができてしまう原因をシンプルに言うと、
急成長するお腹に皮膚の伸び縮み機能がついて行くことができずに切れてしまう。
といったような状態です。

 

ここに妊娠線クリーム等を使って皮膚を保湿してあげることで、皮膚の伸び縮み機能をサポートしてあげる。
と言うのが妊娠線クリームのアプローチ方法になります。

 

この方法は確かに有効な手段だといえます。
ですが、妊娠線対策をする上でもう一つ気をつけた方が良いのが、理想的な体重増加のペースを保てるように体重コントロールをする事です。
この方法であれば工夫次第で何とでもなるため、お金をかけたくない!という方にはオススメの手段です。

 

そこで、理想的な体重増加のペースについてみていきたいと思います。

 

妊娠中の理想の体重増加の目安

それぞれ理想の体重増加の目安は多少異なってきますが、一般的に言われているのが、

 

1週間の目安→約300グラム

 

3周期に分けた体重増加の目安

  • 妊娠初期2キロ未満
  • 妊娠中期5キロ未満
  • 妊娠後期3キロ未満

 

あくまで一例ですが、このようなペースで体重増加をするのが好ましいと言われています。

 

妊娠中の体重を上手にコントロールするコツ

妊娠中の体重コントロールは、お腹の中の赤ちゃんのことも気にしながら行わなければいけないため、簡単なことではありません。
ですが、やる内容としてはこれといって難しい事はなくいたってシンプルです。

  • 食生活の改善(必要な栄養補給しながらカロリーを抑える)
  • 適度な運動(ウォーキングなどの簡単な有酸素運動)

ざっくり言うとこの2つになります。
どちらも、極端な方法を取らずにできる範囲で少しずつ取り入れてみると、上手に体重コントロールができると思います。

 

妊娠中の体重コントロールに選ばれているベルタ酵素ドリンク

最近のダイエットに詳しい方であれば、ベルタ酵素ドリンクの存在は既にご存知かもしれませんね。
妊娠中の方に限らず、健康的に安全にダイエットをしたい。と言う女性から大変支持を集めているアイテムです。

 

そんなベルタ酵素ドリンクは、酵素の力によって体の内側から健康的になっていくと言うもので、体に悪い成分も特に含まれておらず、妊婦さんでも安全に体重コントロールを行いやすいのが特徴です。

 

ですが、そういったダイエットアイテムは世の中にたくさん溢れています。
その中で、妊娠線対策を検討しているあなたに、ダイエットサプリなどではなく、わざわざベルタ酵素ドリンクをお勧めする理由は他にもあります。

 

それは、

  • お肌に良いヒアルロン酸とプラセンタが含まれていること
  • 吸収率が良いということ

この2つが関係しています。
ベルタ酵素ドリンクを飲むのは、主に体重コントロールが目的になるかと思います。
ただ、それに加えて、お肌に良い美容成分と言われているヒアルロン酸とプラセンタを摂取できると言う事は、同時に直接的にお肌に対する妊娠線対策も行えると言えるのではないでしょうか^^

 

また、ベルタ酵素にはサプリメントもありますが、サプリではなくドリンクを選ぶ理由として、吸収率が良いと言うことも挙げられます。
アイテムの効果を実感しやすくするためにはまずは体に有効成分を吸収させる必要があります。

 

サプリメントと違いドリンクタイプのベルタ酵素は、飲み物ですので体の中に入ってから消化する必要がないため、吸収率がとても良く他のものよりも効果を実感しやすいのが大きな特徴です。

 

このような理由から、妊娠線対策で体重コントロールをするのであれば、ベルタ酵素ドリンクが最も有効な手段だと私は考えています。

 

サポーターを使った妊娠線対策

豆知識的な感じにはなりますが、妊娠中に着用できるさらし、ガードル、コルセットなどを持っている方は、それを活用するのもオススメです。
こういったものを活用することで、わずかながらもお腹周りの皮膚の引っ張りを支えてあげることができます。
微々たるものかもしれませんが、少しでも皮膚の伸びを抑えることが妊娠線対策で重要になります。

 

お腹をきつく締めつけてしまっては行けませんが、もしもこういったアイテムをお持ちの方は使ってみるのもありですよ♪

 

産後の妊娠線ケアって意味ないの?

妊娠期間中に妊娠線が発生してしまった場合、出産後の妊娠線ケアは意味がないのか?と言う質問もあるかと思います。
結論から言うと、発生してしまった妊娠線に対してのスキンケアはとても意味があります。
妊娠線は完全には消えないものの、しっかりと保湿しターンオーバーが順調に行われていれば、目立たなくなるまでの時期が早まるという意見もあるのです。
そういった意味でも、妊娠期間に妊娠線クリームを買うのは決して無駄なことではありません。

 

やっちゃった!妊娠線発生の口コミ体験談

ネットでは、妊娠線が発生してしまった方の後悔の声もあります。

 

 

正直なめてた…
妊娠する前から、妊娠中に妊娠線ができてしまうと言う事は知っていたのですが、どこか「私は大丈夫だろう」と言う余裕があったんですよね。乾燥肌じゃないのも余裕を作ってしまった原因かもしれません。そんな私は文字通り何もしませんでした。お腹が痒くなったり、ちょっと異変を感じたこともありますが、それすら無視していました。結局ガッツリと妊娠線ができてまるでスイカのような状態。どれだけ自分の肌に自信があっても、きちんと妊娠線対策のスキンケアをすることをお勧めします。
※個人の感想です


 

ちゃんとしたの買っとけばよかった
妊娠線の対策として、近所のドラッグストアで安く手に入れた保湿ケアアイテムを使っていました。それ以外は特に気をつけてなくて、これやってるから大丈夫でしょう。と言う気持ちがありました。それでもできてしまったんですよね。今とても後悔してます。ちょっと高いお金を出しても専用のクリームを買う価値はありました。
※個人の感想です


TOPへ