妊娠中に肌の弾力が失われる原因と対処方法まとめ

年齢を重ねるたびに肌の弾力が失われていくのは多くの方がご存知かと思います。

 

ですが、それとは別に妊娠中は、お肌がとても乾燥しやすく、”肌の弾力が失われやすい”と言われています。

 

さらに、妊娠中に肌の弾力が失われてしまうことに伴う大きなデメリットとして有名なのが、妊娠線ができてしまうということ。

 

それももちろんですが、お肌が乾燥して弾力が失われた状態は、何もいいものではありませんよね。。

 

そこでこのページでは、妊娠中にお肌の弾力が失われてしまっている方、肌の乾燥に悩んでいる方に向けて、妊娠中に肌の弾力を取り戻す方法や、肌の弾力が失われやすい理由等、妊娠中のお肌と弾力に関する内容について紹介したいと思います。

 

目次

  • 妊娠中に肌の弾力を取り戻すには?
  • 妊娠中にお肌の弾力がなくなりやすい理由
  • お肌に弾力がないと妊娠線もできやすい
  • 肌の弾力をチェックする方法
  • 妊娠中でも安全にできる”肌の弾力を保つ習慣”

 

妊娠中に肌の弾力を取り戻すには?

 

妊娠中に肌の弾力を取り戻すためには、コラーゲンとヒアルロン酸の効率の良い摂取が必要になります。

 

その理由は、簡単に言うと、肌の弾力がなくなってしまう原因がコラーゲンとヒアルロン酸が減少してしまうことによるものだからです。

 

 

”減少していくものを積極的に摂取していく。”

 

 

これだけ見てみるととても簡単なように思います。

 

実際問題これを行うためには手間やお金がかかってしまいますが、原理としてはこのようなシンプルな捉え方で良いと思います。

 

具体的な方法は?

では、コラーゲンとヒアルロン酸を効率よく摂取していくためにはどうしたら良いのかという部分について見ていきましょう!

 

それでは、コラーゲンとヒアルロン酸を効率よく摂取していく方法について、別々に解説していきます。

 

コラーゲンを摂取していく方法

コラーゲンの摂取に効果的な簡単な方法は、”卵かけご飯を食べること”だと言われています。

 

卵かけご飯と言えば、必要なのはご飯と卵、それとお好みで醤油などの調味料だけです。

 

というのも、コラーゲンを作るには、材料であるアミノ酸(必須アミノ酸)が必要です。

 

その材料を摂取するのに、卵かけご飯が効果的だと言われているんですよ。

 

毎日卵かけご飯を適度に摂取して行くことで、サプリメントを飲まずとも、体内で効率よくコラーゲンを生成していくことができるようになります♪
つまり、コラーゲンを摂取していくと言うよりも、コラーゲンを体内で作り出すためのコツとも言えますね!

 

 

ヒアルロン酸を摂取していく方法

ヒアルロン酸と言えば、皮膚に注射をして体内に流し込むという方法をイメージされる方もいらっしゃるかと思います。
でもそれだと、かなり大掛かりで手間がかかるため現実味がないですよね?

 

なので、先ほどのように卵かけご飯のような簡単でシンプルな方法があれば良いのですが、現段階では、食事から摂取する方法は、厳密には解明されていないようです。

 

そのため、身近な方法で何かあると言えば、サプリメントを使ったらヒアルロン酸摂取の方法が良いでしょう。

 

食事によるヒアルロン酸の摂取は効果がとても少ないと言われていますが、サプリメントであれば、お肌の弾力にアプローチをしてくれるヒアルロン酸が配合されているものもあります。
なので、ヒアルロン酸の摂取についてはサプリメントの摂取がお勧めです。

 

妊娠中でもサプリメントでコラーゲン、ヒアルロン酸摂取は可能?

 

先ほど、ヒアルロン酸は食事からの摂取ではお肌の弾力に対する効果が限りなく少ないとご紹介しました。

 

そのため、ヒアルロン酸を摂取する方法としてヒアルロン酸配合のサプリメントを飲まれている方がとても多いんです。

 

 

ですが、それを

 

”妊娠中の人でも飲んで大丈夫なのか?”

 

と言う安全面が気になる方も少なくないでしょう。

 

結論は、”大丈夫”です^^

 

ただ、コラーゲンやヒアルロン酸が配合されているサプリメントの多くには、注意書きの欄に、

 

心配な場合は医師と相談してください。

 

と言う文章が書かれています。

 

この部分だけ見ると不安になってしまいますが、サプリメントは、
あくまでも食品であり副作用はありません誰でも安心して飲むことができます。

 

もしも私たちの体やおなかの中の赤ちゃんに対するコラーゲンサプリメントの影響が0だったとしても、生まれてきた子供に何かしらのアレルギーや障害などがあれば、おそらく誰もが妊娠中に摂取した飲食物やサプリメントなどを疑うと思います。

 

そのような状況で、コラーゲンやサプリメントを服用する可能性のある方達の体質全てにおいて、また、おなかの中の赤ちゃんにまで完全に悪影響の心配がない。
と言う風に言い切るのは、販売する側としては、とても大きなリスクとなってしまいます。

 

つまり、妊娠中の方でも、基本的にはコラーゲンやヒアルロン酸をサプリメントで摂取することは可能ですが、わずかな可能性である万が一のことを考えて、そのような注意書きがされていると言うことです。

 

なので、妊娠中の方でも服用することができます。

 

しかしながら、その際は念のため『お医者さんに確認を取るのが1番安全ですよ。』と注意喚起をしているわけですね。

 

実際、お肌の弾力を回復させると言う事は、妊娠線の予防にとても効果的ですので、サプリメントで効率よくコラーゲンやヒアルロン酸を補給するのはとても良いアイディアだと思います。

 

妊娠中にお肌の弾力がなくなりやすい理由

先程までの段落で、妊娠中に肌の弾力が失われた場合は、どのような対策を取ったら良いのかについてわかりました。

 

ここの段落では、妊娠中に肌の弾力が失われてしまう原因についてお話ししていきたいと思います。

 

先ほども少し書きましたが、お肌の弾力がなくなってしまう原因は、コラーゲンやヒアルロン酸が減少してしまうからです。

 

コラーゲンは、お肌の表面ではなくさらに奥のお肌の内側の部分を整える働きがあります。

 

ヒアルロン酸は、お肌の貯水槽のような役割を果たし、弾力を保つために必要な水分を蓄えてくれる働きを持ちます。

 

お肌は、表面的につるつるしてきれいに見えても、コラーゲンやヒアルロン酸が減少してしまうと、内側の重要な部分が衰えてしまうため、弾力を保つことができなくなってしまいます。

 

見た目だけじゃなくて中身が大事なのは、お肌の弾力にも言えることなんです♪

 

だからこそ、コラーゲンとヒアルロン酸をきちんと摂取することが肌の弾力を保つためには重要になってきます。

 

 

ここまでは、妊娠中の方に限らず、どの方にも共通する話なのですが、妊娠中特有の原因と言えば、ホルモンバランスの変化です。

 

妊娠中はホルモンバランスが大きく乱れ、その影響で肌の水分量が崩れてしまい、肌が荒れてしまう要因となります。

 

このような状態はもちろん肌の弾力も奪ってしまうんです。

 

妊娠中のホルモンバランスに関しては、不確定な要因が関わっているため、完全に対処することは出来ません。

 

というのも、妊娠中に安定期を境に増え始めるプロゲステロンは、
肌から水分を奪って、子宮内に蓄えようとする働きがあるからです。

 

ですが、先ほど紹介したような肌の弾力を取り戻すための対策をとることで、それを最小限に抑えることが可能になります。

 

このようなホルモンバランスの変化に対して、
肌にコラーゲンとヒアルロン酸を与えることで、肌の弾力を維持しやすくなるんですね。

 

お肌に弾力がないと妊娠線もできやすい

このページの冒頭でも少し触れましたが、妊娠中にお肌の弾力がないと妊娠線ができやすくなってしまいます。

 

ちなみに妊娠線は、いちどできてしまうと、完全に消すのはほぼ不可能と言われているほど、とても厄介なものです。

 

妊娠線は肌の弾力が失われている状態になると、非常にできやすいと言われています。

 

妊娠中は、後期になるにつれてお腹が一気に大きくなっていきます。

 

肌の弾力がしっかりと保たれていても、このような皮膚の変化に耐えきれなくなると
肌の奥に亀裂が入ってしまい、それが内出血を起こして、赤紫色の線になってしまいます。

 

この内出血が妊娠線となります。

 

それがもし、お肌の弾力が保たれていない場合、そうなってしまうリスクが高くなってしまうのは想像がつきますね?

 

言ってみれば乾燥したゴムのような状態です。

 

少し引っ張るとちぎれてしまいますよね?

 

そのような状態が肌の弾力が失われている状態で、肌の組織が切れて妊娠線ができやすいと言うのも、イメージがつきやすいと思います。

 

なお、妊娠線はお腹だけでなく、人の腕や太ももなどの、脂肪がつきやすく体の柔らかい部分にできやすいため、

 

積極的にコラーゲンやヒアルロン酸を摂取して、お肌全体の弾力を回復させていく必要があるんです。

 

 

肌の弾力をチェックする方法

 

ここでは、妊娠中のお肌の弾力について紹介していますが、一体どんな状態が弾力があって、どんな状態が弾力が失われている状態なのかを明確にしておくことも大切です。

 

 

そのための方法として1番簡単なものを紹介します。

 

まずほっぺたを思い切り膨らませてみてください。
そして自分の指で押してみましょう。

 

弾力がある状態であればこの時に、まるで弾むようにほっぺが跳ね返ってくることがわかります。

 

そうでない場合は、肌の弾力が失われている可能性が高いため、対処していく必要があります。

 

妊娠中でも安全にできる”肌の弾力を保つ習慣”

ここでは、ヒアルロン酸やコラーゲンを摂取して妊娠中の肌の弾力を回復させる方法や弾力が失われてしまう原因について紹介しました。

 

紹介した内容以外にも、肌の弾力には、睡眠不足やストレス、偏った食生活なども関係しています。

 

ヒアルロン酸やコラーゲンを効果的に摂取していても、日々の生活習慣のそのような部分でマイナス点を取ってしまっては十分な効果が期待できません。

 

もしもご自身の生活習慣で、上記のようなマイナス点が該当されるようであれば、そのような部分を改善していくことも必要になってきます。

 

弾力のある肌を取り戻すためにも、できることから始めていきましょう!

TOPへ