妊娠中に大きくなるお尻は小さくできる?

お腹の中の赤ちゃんが大きくなるにつれて、ママの体もふくらみを持ち始めますよね。
わかってはいるんだけど、妊娠前とは違う体に戸惑っている方もいるんではないでしょうか。
ここでは、妊娠中の体の変化、その中でも特におしりについてお話していきます。

 

妊娠中はおしりが大きくなります

妊娠中の体の変化に心がついていけなくなってしまうのは、どうしてもあると思います。
でもお腹の中で赤ちゃんが大きくなっていると思うと、その気持ちも少し和らぎますよね。

 

体の変化を感じるのはだいたい妊娠5~6ヶ月頃でしょうか。
少しずつ丸みを帯びてきて、ふっくらしてきますよね。

 

妊娠中におしりが大きくなるのは、大きなお腹を下半身で支えるためなんです。
自分の体と赤ちゃんを守るための、生理的な体の変化ですね。

 

しかし気を付けたいのは、妊娠線ができやすいということ。

 

妊娠線はおなかだけじゃないの?と思った方もいますよね。
お腹の妊娠線は自分で見て気が付くことができますし、妊娠線予防クリームなどでケアして気を付けている場所だと思います。
でもおしりの妊娠線を予防するのは忘れてしまいがちで、クリームなどでの予防も怠ってしまいます。

 

妊娠線を予防するためにお腹を出したなら、おしりも一緒に予防していきましょう。

 

妊娠中から妊娠線対策について|知ってて良かったこと

 

妊娠中にお尻が大きくなると起こる悪影響

妊娠中にお尻が大きくなるのは妊娠という体の変化によって引き起こるものなのですが、
その影響で起こるデメリットも存在します。

 

妊娠するとホルモンの影響で骨盤を開いていくもの。それと同時に出産に向け体が栄養を蓄えるため脂肪分のお尻周りがつきやすくなっている状態になりますこれによりお尻の悪影響の一つとして坐骨神経痛などのお尻の痛みに悩む方が多くおられます。
坐骨神経痛というものはお尻だけではなくお尻から太ももの裏側そしてふくらはぎまでをかけて麻痺や痺れ痛みなどがある症状になります。
一般的にこの坐骨神経痛を認知するのはなんとなく痛みが来ているな または お腹が大きくなると同時に自分で座る姿勢や立つ姿勢などが上手に変えることができず 痛みが伴ってくると言った時に感じるものと言われています。
この坐骨神経痛の症状が現れた時にはまずは無理をせずそして同時に体を温めるということが有効な対策となります。 お腹に赤ちゃんがいるという状態はなかなか自分で思った通りの行動が取れなくなったり家族に協力してもらいながら過ごしていくという日々を送っていると思いますだからといって様々なことを自分で抱えることなく無理に動かないようにしたり腰から下半身を温めて痛みを緩和させるということも大事になりますもちろんこれは入浴や体が温まる食べ物や飲み物を選ぶことも 大事な習慣となっていくでしょう。
さらにそういう対策でも痛みがまだある場合は骨盤ベルトであるとこちゃんベルトや整体やマッサージなどで体をケアするということも大事なことになります。

 

妊娠中ダイエットでおしりは小さくできる?

妊娠中ダイエットで大きくなって行くおしりを小さくできるのかな・・・と疑問に思う方も多いと思います。
確かに、妊娠中でもお腹だけ大きくなって、脚や腕、二の腕なんかも細い人っていますよね。

 

そういった方は、もしかしたらウォーキングやそれ以外にもエクササイズを頑張っているんじゃないの?と思われたかも知れません。
ですが、実はそうではありません。あくまでも個人の体質の違いです。
もともと、ちょっとしか食べられなくて細い方は脂肪細胞自体が少なくて、太くなりにくいんです。
こんな風に聞くと『うらやましい』と思われるかも知れませんが、そうとは言い切れません。

 

というのも脂肪細胞が少ない方は、妊娠中に赤ちゃんを守るための柔らかい脂肪(妊娠脂肪と言います)が付きにくいので
流産や早産、骨盤が開き始める後期では、それを支える筋肉も少ないので、赤ちゃんが予定よりも早く降りてきてしまったり・・・このようないろいろなリスクがあります。

 

もっとはっきり言うと『おしりが大きくならない妊婦さんは安産できない』と言われているくらいなんです。

 

妊娠中のお尻ダイエット

 

普段からスポーツジムに通って、身体づくりにはげんでいるという方なら少しは太くなりにくいかも知れません。
ですが、ほとんどの方は妊娠中に活性化する脂肪細胞の働きで脚、おしり、ふくらはぎなどといった部分は必ず太くなります。
むしろ、妊娠中におしりが大きくなるのは、赤ちゃんがちゃんと生まれてくるための準備を身体が自動的にやっていると思ってくださいね。

 

産後っておしりは小さくなる?

妊娠中に大きくなったお腹とおしり。
赤ちゃんが生まれると、徐々に小さくなっていくのはお腹です。

 

お腹が小さくなるのに対し、おしりは極端に小さくなるわけではないので、体のバランスでおしりの大きさやたるみが目立ってしまいます。
しかし、おしりの大きさやたるみは、産後に骨盤の開きを改善していくことで、少しずつ体型は戻ってきます。

 

産後半年くらいまでは、骨盤が元に戻りやすいので、その間に戻すのがチャンスですよ。

 

妊娠中にできることや気を付けること

妊娠後期になると、何を食べても身になるってくらい・・・体重は増えますw

 

これは人によっては『空気を吸っても太る』という方もいるくらいです。
でも妊娠後期に急激に太るのはお産が難産になったり赤ちゃんが危険になってしまったり、いろいろなリスクがあります。

 

なので、栄養補給は絶対に必要なのですが『食べ過ぎと食べるものの種類に注意』するようにしましょう。
また、おしりは妊娠線ができやすいとお話しましたよね。

 

お腹の次にできやすいのが、おしり、太もも、ふくらはぎの3ヵ所なんです。
お風呂あがりには、必ず妊娠線予防クリームなどで保湿し妊娠線を予防しておきましょう。

 

さらに妊娠中は運動不足になりがちです。
運動不足になったり腰回りの筋肉が落ちるのも、おしりが大きくなったり、たるんでしまう原因になります。
安定期に入り体調が良ければ、散歩や軽めのウォーキングをして、運動不足、筋肉不足を解消するのも良いと思います。
また、安定期から始められるウォーキングやお散歩は
筋力不足を解消することで大きくなったおしりが“垂れ下がることを防止”する効果がありますよ。

まとめ

妊娠中の体の変化は自然なことです。
変わっていく体に心がついていけなくなってしまったりもしますが、赤ちゃんが成長している証だと喜ぶことが大切ですね。

 

さらに妊娠中の体の変化よりも、妊娠線ができたり、産後の体型崩れに気付いた時の方がショックは大きいと思います。
産後に後悔しないためにも、体重管理と妊娠線予防をして、運動不足にならないよう体に負担のない適度な運動をしておきましょう。

TOPへ