妊娠中に市販のバストアップブラは胸に良くない?

妊娠中にバストアップブラをつけるのはあまり良いことではないといわれています。
そうすることでバストを痛めてしまうことや、結果としてバストアップ効果を下げてしまう可能性にもつながってくるからです。

 

これらの詳細については後ほど詳しく見ていきたいと思います。
このページでは妊娠中のバストと市販の身近なバストアップブラとの関係や、妊娠中につけるべきブラジャーについて見ていきたいと思います。

 

目次

  • 妊娠中に市販のバストアップブラが良くない理由とは
  • 妊娠中はどんなブラを選べばよいのか?
  • マタニティブラはいつからつけるべき?
  • マタニティブラを市販で買う時の選び方
  • まとめ

 

妊娠中に市販のバストアップブラが良くない理由とは

それでは妊娠中に市販のバストアップブラが良くない理由についてみていきたいと思います。
まず妊娠中のバストは、産後の授乳に備えて女性ホルモンの影響から乳腺が少しずつ発達し、妊娠期間をトータルするとアンダーバストが2カップ大きくなると言われています。

 

それに対してバストアップブラの特徴と言うと、通常のものに比べて締め付けがやや強くなっています。
そのため、女性ホルモンの力で発達していく乳腺を傷つけてしまう可能性があるんです。

 

そうすると産後の母乳に悪影響が出てしまうだけでなく、ホルモンバランスが乱れてしまうことにもつながり、逆にバストアップの妨げとなってしまう場合もあるようです。

 

このような理由から、一般的に使われる市販のバストアップブラは妊娠中にはあまり良くないと言われているんです。

 

妊娠中はどんなブラを選べばよいのか?

では、妊娠中は大きくなっていくバストに合わせてどんなブラを選んだらよいのか?
という部分についてみていきたいと思います。

 

妊娠中はマタニティブラを選ぶのが良いと言われています。
それが何故かと言うと、マタニティブラはバストアップブラとは違い、妊娠中に変化し続けるバストを優しく守ってくれる役割を持っています。

 

それだけでなく出産前後のママにうれしい機能がたくさんあり、妊娠中のデリケートな肌に合った素材や生地に配慮しているだけでなく、授乳しやすい機能も施されているんです。

 

この様にマイナス要素が多いバストアップブラに対して、マタニティブラは妊婦さんにとってデメリットがほとんどなく、逆にメリットが豊富にあるため妊娠中はマタニティブラを選ぶのが良いと言われています。

 

マタニティブラはいつからつけるべき?

マタニティーブラへの切り替え時も重要です。
マタニティブラはいつから変えたら良いのかと言うと、もともと着用していたブラジャーがきついと感じ始めた時です。
一般的には妊娠3ヶ月ごろにそう感じる方が多く、マタニティブラに変える人が多いようです。

 

マタニティーブラを買うときのサイズ選び

ブラジャーはサイズ選びがとても重要ですよね。ではマタニティーブラを買うときのサイズの目安はどんなものかと言うと、妊娠6ヶ月までは2サイズ程度大きいもので、妊娠7ヶ月以降は3サイズ程度大きいものを選ぶとちょうど良さそうです。

 

また、授乳に備えて発達する乳腺を圧迫してしまわないように、できるだけキツイものは着用せずにつけ心地が良いブラジャーを選ぶようにすると良さそうです。

 

マタニティブラを市販で買う時の選び方

 

それでは、実際に市販の店舗でマタニティブラを買うときの選び方のポイントをいくつか紹介したいと思います。

 

素材

妊娠中のママさんのお花はとても敏感になっています。
今まではつけていても大丈夫だった素材でも妊娠中の場合はかぶれてしまう場合もあるようです。

 

なので肌に直接つける部分には特にこだわる必要があります。
オススメなのは綿やパイルなどの柔らかい素材を使っているブラジャーです。

 

フロント開閉方法

マタニティーブラを購入する際は、授乳するときのことも考える必要があります。
なお、基本的にマタニティブラはフロントの開閉方法が大きく4つに分かれています。

 

クロスオープンタイプ

このタイプはカップの交差部分にホックなどが付いておらず、ただ単にクローズしただけのタイプです。
フロントの交差部分を片手でつまんではずすことでさっと素早く授乳することが可能です。

 

フロントオープンタイプ

フロントの真ん中でカップが左右に開くタイプです。
フロントはスナップなどで停められており、開くとバスト全体を出すことができそのまま授乳することが可能です。

 

このタイプは赤ちゃんの顔にカップが当たる心配もありません。

 

ストラップオープンタイプ

ストラップの部分のホックを外してカップが前に開いていくタイプです。
片方ずつカップを開いて授乳することができるため、バストがはだけてしまう心配がありません。

 

ウィンドウオープンタイプ

こちらは窓のようにカップの前部分がめくれるタイプです。
授乳中もバストを固定しながら安定して授乳することができます。
バストが大きめのママさんにオススメです。

 

ストラップ

ストラップは幅広く大きくなったバストをしっかりと支えてくれるものを選びます。
またストラップの幅の広さによって肩の食い込みはずり落ち具合も変わってきます。

 

ホック

出産前産後はアンダーバストのサイズも大きく変わってきます。
幅広く調整できる4段ホックのブラジャーならば、アンダーを約4センチから5センチ程度伸ばすことができるため、授乳期のバストにもしっかりとフィットしてくれます。

 

カップ

妊娠期間はどうしてママのバストは1カップから3カップほど大きくなっていきます。
妊娠初期にマタニティブラを購入する際はバストサイズをよく確認して伸縮性があるものを選びます。

 

また授乳に備えて発達する乳腺を圧迫してしまわないようにカップは深めのやつで容量がたっぷりのものが安心です。

 

アンダー

リラックスするときには圧迫感のないノンワイヤー、一方外出するときには安定感のあるワイヤ入り。
といったようにシチュエーションに合わせたブラを使い分けるのがオススメです。

 

多くのマタニティブラに使われるワイヤはバストのサイズに合わせて広がってくれるソフトワイヤーが使われているため、ワイヤ入りだったとしても乳腺を圧迫する心配は無いんです。

 

まとめ

いかがでしたか?それではここまでの内容を簡単に振り返ってみたいと思います。

 

  • 妊娠中に市販のバストアップブラジャーは良くない。
  • その理由は母乳への悪影響やバストアップの妨げになると考えられるため。
  • 妊娠中はマタニティーブラを選ぶのが好ましい
  • マタニティブラを選ぶ際は先のことを考え、上記の内容を考慮するのがオススメ。

 

妊娠中はホルモンの働きにより脂肪がつきやすくなっているため、確かにバストアップブラをつけると効率の良いバストアップが見込めるかもしれません。
ですがそうすることによって乳腺へのダメージから母乳への悪影響や、ホルモンバランスの乱れなどから、自然と行われるバストアップの妨げとなってしまう可能性もあります。

 

なので妊娠中は無理にバストアップブラをつけずに、自然に大きくなる原理を利用したバストアップを図るのが好ましいとも言えます。

TOPへ