妊娠中ダイエットストレスをためずにバランスよい食事を摂るには?

妊娠するとお腹の赤ちゃんの成長と共にお母さんの体重も増加するため、体重管理が求められることもあります。

 

もちろん、体重の増加加減は個人差があります。

 

なかには、同じ産婦人科で、同じくらいの時期に通院し始めているのに
あのひとはあまり太らないなどの疑問を持つ方もおられますが、心配しなくても大丈夫です。

 

そのことを意識しすぎて妊娠中ダイエットを考えてしまう人もいますが、
過度なダイエット意識はお母さんの体の健康にも、お腹の赤ちゃんにも危険を及ぼしてしまうこともあります。

 

妊娠中ダイエットを考えるのであれば、
無理に体重を抑えよう、落とそうとするのではなく、健康的に体重を管理していくことが大切です。

 

妊娠中ダイエットを行っている時は何を食べるのが良い?

妊娠中ダイエットでは特にきちんと食べて十分な栄養補給しながら痩せていくことが重要になってきます。

 

なぜそうしなければいけないのかというと、食べないダイエットを行うことで十分な栄養を得ることができず赤ちゃんが栄養失調になってしまう可能性があるからです。

 

では妊娠中ダイエットの時は何を食べながら痩せるのが良いのかというと、ミネラル豊富な未精製な主食です。

 

未精製の食べ物にはミネラルがたくさん含んでいると言われており、このミネラルはダイエット面以外にも美容にも効果が良いと言われています。

 

では具体的に何を食べるのかというと、胚芽米がお勧めです。胚芽米には多くのミネラルだけでなくビタミンも豊富に含まれており、妊娠中に必要な栄養素を効率よく補給することもできます。

 

それに加えて食物繊維が多い食べ物を食べることによって、妊娠中の便秘を解消しながらも痩せやすい体を手に入れることができると言われています。
このように胚芽米のような低カロリーで栄養豊富な主食を食べながらも、食物繊維が豊富な野菜などを積極的に食べることで、妊娠中に必要な栄養補給しながらも効率の良いノンストレスなダイエットを実現することが可能です。

 

妊娠中ダイエットではストレスとの向き合い方も大切

妊娠中ダイエットとしては、妊娠中は様々なことでストレスが溜まりがちになりその結果食べ過ぎてしまうこともあります。
そうならないためにはストレスを溜め込まない工夫をすることです。
気分や体調が良い日には外出したり、赤ちゃんの洋服選びやおもちゃ選びなど楽しめることを行ってストレスを解消しましょう。

 

妊娠中ダイエットの際に控えたい栄養素とは

妊娠中ダイエットの際に控えたい栄養素は脂肪分と糖分です。
なので特に食事は脂分や糖分を控えめにして、ミネラルやビタミンを多く取れるようにメニューを工夫すると良いです。

 

簡単な方法としてはその時々で自分がとった食事をメモしておくようにします。
そうすることで食べ過ぎたことが自覚できるし、野菜が足りなかったり果物が足りないなどが
わかってその後の食事のバランスがとりやすくなります。
また産院などでマタニティビクスなどが行われているところもあるので、そういったものに参加して体を動かすのも良い方法です。

 

バランスの良い食事ってことはよく言われることですが、特に妊娠中は意識していきましょうね。

 

妊娠中に注意しておきたい食事バランス

妊娠中は様々な栄養素が必要になってきて、出産に向け変化していく妊婦さんの
体に必要な栄養素と、おなかの中で成長していく赤ちゃんに必要になる栄養の2種類の
食事面の栄養を考えなくてはなりません。

 

栄養素で必要になるものとしては、鉄分、ミネラル、カルシウム、葉酸、タンパク質などが重要になります。

 

その一方で、塩分の過剰摂取、糖質、脂質に関しても注意が必要です。
なるべく食事でこれらを補いたいところなのですが、妊娠中に必要なすべての栄養を食事だけで
補うのは難しいので、サプリメントや健康飲料などを一緒に使うことがポイントになっていくんですね。

 

このサイトでも妊婦さんの体重のコントロールの話をさせてもらっているけれど
すべては健康であるのが前提の話です。

 

生まれてくる赤ちゃんのためにも、無事出産する母体のためにも、
そしてそれらを見守ってくれる旦那さん、家族のみんな、友達、親戚、あなたの
周囲には多くの応援してくれている方がおられます。

 

健康な体を大事にしていきましょうね。

 

先輩ママさんが実践した妊娠中のストレス解消法

妊娠中のストレスはもちろん原因も人によって様々にはなってくるかと思います。

 

ですがそういったストレスは先ほどもお伝えしたように過食の原因にもなってしまいかねません。

 

少なくとも間接的にも妊娠中のダイエットに対して良い影響をもたらす事は1つもありません。

 

むしろダイエットに対してはネガティブな面しかありません。

 

そのためストレスが溜まりやすい妊娠中だからこそ、
妊娠前以上にストレスの解消方法を日常の中に取り入れて上手に解消していくことが大切になります。

 

同じような悩みを持った先輩ママさん達が実際に試していた妊娠期のストレス解消方法は

  • アロマ
  • 散歩
  • 友達としゃべる

これらが非常に効果的だったようですよ。

アロマ

アロマの中にもいろいろな種類がありストレス解消に特化したものもあります。それを選ぶことで効率の良いストレス解消が期待できるでしょう。

 

散歩

散歩については、家の中にいるよりも外に出て歩けばそれだけでもストレス解消につながると言われています。それに加えて公園などの自然がある場所を歩くことによってさらなるストレス解消効果を期待できるようです。

 

そうすることで同時に有酸素運動を行うことができますので妊娠中のダイエットとしてはダブルで嬉しい効果が期待できます。

 

友達としゃべる

人は気の知れた友達と話すことでストレスが緩和されると言われています。

 

また、笑うことによってセロトニンという幸せを感じるためのホルモンが豊富に分泌されると言われています。

 

同時にそのセロトニンというホルモンはすでにあるストレスを解消してくれる働きもあると言われています。

 

なので、仲の良い友達とたわいもない話をし、時に笑いあうことでそれがストレス解消につながります。

 

誰かと話すこと。そして笑うことがポイントになります。

 

お笑いを見る

先程のセロトニンの話に関連してくるのですが、人が笑うことでセロトニンが分泌されるというのは先ほどお伝えした通りです。

 

これは身近に行えるストレス解消方法としてはとても効果的なもので、
今ではYouTubeやDVDなどで様々なお笑い芸人のお笑いを見ることができます。

 

それを見て笑うだけでもたくさんのセロトニンが分泌され、自然とストレスが解消されていくことが期待できます。

 

この方法であれば、友達との都合が合わなかったり、天気が悪くて出かけられなくても自宅で簡単に行えます。

 

妊娠中はストレスをためないことが大切ですから、できる限りストレスを発散できる方法を見つけましょうね。

スポンサードリンク