妊娠中に安全に痩せる最新マタニティダイエット

妊娠中,痩せる,マタニティダイエット

妊娠中はお腹の赤ちゃんのためにも、妊婦さん自身の健康のためや
産後にスムーズに体型を戻せるためにも適正体重以上に太らないようにすることが大切ですよね。

 

ですが、妊娠中は赤ちゃんをお腹の中で育てていかなくてはいけません。
そのため栄養はいつも以上にしっかり摂っていく必要があります。

 

自分自身とお腹の赤ちゃんの分ですから2人分の栄養が必要!なんて良く言われます。
とはいえ、あまりに過剰に食べ過ぎてしまったり、カロリーの高いものばかり選んでしまうと太りすぎてしまうこともあるでしょう。

 

体重も赤ちゃんの成長に合わせて増えて行きますし運動不足になりがちですので、こちらも太る原因となります。
ですが、妊娠中は激しい運動は基本的にできませんし、できる運動の種類も限られます。

 

そのため妊娠中に痩せるマタニティダイエットは、食事の質と摂取カロリーの管理にとても気をつかうものなんですね。

 

ですが、妊娠中は管理に神経質になり過ぎるとストレスが心配です。
お腹の赤ちゃんに将来的なリスクの危険性があるからです。

 

例えば、妊娠中で一番太りやすいと言われている臨月にお盆休みやお正月の里帰りが重なってしまう妊婦さんもいるでしょう。
そういった時でも、食べ過ぎにだけ注意して、代謝を高めてくれる健康的な栄養補給で妊娠中の『たくわえ体質』を改めていけるならマタニティダイエットが楽になりますよね♪

 

ただし、体質や妊娠前からのもともとの体格、運動量などに個人差があるように、ドリンクなら味やつわりの時にキツイにおいのないサプリが良いかも知れません。
このようにタイミングやその時の自分の置かれた状況によって、自分のために選ぶことが大切で、また、妊娠中だからこそ安全性が一番重要なんですね。

 

妊娠中ダイエットトップページへ

 

このサイトでご紹介しているドリンクやサプリは、当社で成分の安全性を専門医に相談取材したり、
研究機関のレポートなどから情報を集めて『妊婦さんのための本当のマタニティダイエットアイテム』をご紹介しています。

 

自分の体質や状況、味や香りなどの好みや摂りたい栄養素などで選べるランキングになっていますので、良かったらご覧になってみてくださいね。

 

妊娠中に太るとどうなるの?

妊娠中に想定以上に太るとどういったことが起こり得るのでしょうか。

  • 太ることによって分娩時間が長くなって難産になってしまう
  • 妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病の懸念
  • 太ることで、皮膚が想定以上に伸びて妊娠線のできやすくなる

このようなことが考えられます。
妊娠中に痩せる必要が出た場合はマタニティダイエットも検討していくこととなります。

 

妊娠中は過激な食事制限や激しすぎる運動は望ましくありませんので、
体調に合わせたダイエット方法を選んでいきましょう。

 

ダイエットで不安がある場合は医師に相談すると食事や運動のアドバイスをしてもらうこともできます。

 

マタニティダイエットの方法としては、まずは食事の管理が大切です。
間食は避け、低カロリーでバランスの良い食事を心がけていきましょう。

 

それから、運動ではウォーキングやマタニティヨガなども無理なく行うことができます。

 

よくマタニティダイエットで、まずは便秘解消をしましょうという方が多くおられます。
たしかに妊娠中の妊婦さんは便秘になりやすくて、
便秘を解消すれば痩せられると勘違いするようなおすすめをされるところもあるくらいです。

 

マタニティダイエットは、食事面に気を付け、適度な運動をするという単純で誰もが当たり前にやる行為が最適なんです。

 

こう書くと、な〜んだぁ〜、そのくらい誰だってやっているよと言われるかもしれませんよね。

 

安心してください、大事なポイントがあるんです♪

 

運動不足やストレスの増加など、痩せるということに対してマイナス要素が増えるのも、妊娠中という時期なんですね。もちろん便秘もそうです。

 

マタニティダイエットをより効果を出すためには、体の代謝を上げて、ストレスや便秘などの悩みも同時に解消できるようなものを
加えることによって、しっかり効果が出るようになるんです。

 

それが酵素ドリンクなんです!

 

すでに知っている方も多いと思いますが、妊娠中の妊婦さんにこそ
おすすめしたいマタニティダイエットを成功させるコツでもあるんです!
こういったダイエット方法に酵素ドリンクなどを合わせると、さらに効果は期待できるんですね。
もちろん、世の中には様々な酵素ドリンクがあるので、効果の高いものを選ぶようにしましょうね。

 

妊娠中に安全に痩せるマタニティダイエットのポイント

この段落では妊娠中に安全に痩せるためのマタニティダイエットのポイントについてご紹介します。

  • 塩分量を控える
  • 脂質と糖質を控える
  • 水分を多めにとる

この3つのポイントが、妊娠中に安全に痩せるポイントになります。

 

塩分を控えないとダメってどのくらい?

塩分は身体に蓄積されると、体内の水分と結びついてむくみの原因になります。
妊娠中は、プロゲステロンの影響で『水分を蓄えてしまいやすい体質』になっています。

 

妊娠中に1日に摂っても良い塩分量は『約7g前後』と言われています。
糖尿病患者で塩分摂取が制限されている方が『1日6g』と言われていますから
1日で7gというのは、かなり厳しい数字と言えます。

 

ちなみに、カップヌードルの醤油味の塩分量が4.8g(レギュラーサイズ)となっています。
つまり、毎日カップヌードルを1個食べると、その後はこれでもか!というくらい塩分を使わないようにしても

 

ただし、妊娠中の生活で毎日を糖尿病患者のように過ごすのはつらいです。
なのでできる限り<b>カリウムをしっかりとるようにしましょう。

 

カリウムが不足すると、高血圧に直結しますし、妊娠中にハァハァと息切れがしたり
筋力量が維持できなくなり、マタニティブルーにもなりやすくストレスも溜めこんでしまいやすくなります。

 

妊娠中にカリウムはどのくらい必要?

妊娠中は、成人女性の通常時のカリウム摂取量の2800mgに対して25%増しの3500mgは必要とされています。

 

このカリウムの摂取量を補うのは、毎日続けるとなると、食生活の中では大変なものです。

 

干しわかめや昆布、煮干しなどは食品の中ではカリウム量が多く、
むくみの解消に最適なのですが、毎日食べ続けるのは大変です。

 

妊娠中のむくみは、高血圧と同時にお産が重くなります。
さらに、陣痛が安定せず、緊急帝王切開などのリスクが伴います。

 

安全なお産と、産後に元気な赤ちゃんに会うため、
そして妊娠生活を健康に過ごすためにもカリウムはしっかりとりましょうね。

 

妊娠中のむくみやイライラ|カリウムサプリで解決!

糖質と脂質はどのくらい摂って良いの?

糖質と脂質を摂って良い量というのは、BMIの個人差があるため、ここで一概に決めつける事は出来ません。

 

しかしながら、妊娠すると母子健康手帳が交付されて、妊婦健診を受けるようになりますよね。

 

なので、妊婦健診の数値で血圧が高かったり、指摘される項目がある場合は
それから控えるようにしても良いでしょう。

 

ただし、炭水化物のパンやご飯は糖質になります。
パンはトーストにする時にバターやマーガリンを塗り過ぎず、
尚且つ、耳の部分をカットしたり、一度に食べる量を半分くらいにするなどの工夫を楽しみながら食べましょう。

 

食事がパン派の妊婦さんは、全粒粉パンやふすまパンなどを使うのも良いですね。

 

また、お米のご飯の量は、妊娠前の通常の量から40%ダウンくらいの量を目安にしましょう。
もしくは、五穀米や十六穀米、または玄米などに切り替えて、量は減らさないという方向も良いでしょう。

 

炭水化物は、そのまま糖質になることは多くの方がご存じと思いますが、
まったく食べないというのも問題があります。

 

なぜなら、炭水化物が消化吸収される過程で核酸(かくさん)という栄養素が取り出されるのですが
この核酸は、赤ちゃんの成長に必要不可欠な栄養素だからです。

 

水分を多めにとる

妊娠中は、水分を多めにとりましょう。
できれば、一日あたり500mlのペットボトル4〜5本分の水分をとるのが理想的です。

 

むくみを避けたくて水分を多めにとることに抵抗を感じる妊婦さんが多いのですが、
プロゲステロン(黄体ホルモン)は、子宮内の赤ちゃんのために羊水量を一定レベルに保つ働きがあります。

 

そのため『水分を溜め込みやすい体質』になっているのですが、プロゲステロンが増えている状況で
水分をとる量を少なくしてしまうと、『妊娠中の便秘』の原因になってしまいます。

 

なぜなら、プロゲステロンは水分を控えてしまうと、腸の中にある食べ物を消化したものから
水分を集めて子宮に溜め込むようになるからです。

 

そのため、便が固くなり便秘になりやすくなるんですよ。
便秘は腸内フローラも悪化するので、免疫力が落ち込んでしまいます。

 

妊娠中は、風邪をひいたり、体調が悪くなっても禁止されているお薬が多いので、
基本的にお薬に頼ることはできないと考えた方が良いです。

 

それに、おなかの赤ちゃんのことを考えると、食べるものひとつ、栄養素ひとつにしても慎重になります。
その状態で、体調を崩してしまうのはとても危険です。

 

わたし達人間の身体の基本中の基本になっているのは水分ですよね。
妊娠中だからこそ、水分補給の『水の質』には絶対的にこだわらないといけないんですね。

 

妊娠中の妊婦さんにとってのお水は安全が第一

 

妊娠中に健康的に痩せるマタニティダイエットのまとめ

ここまで、妊婦さんのマタニティダイエットで主に注意したいポイントである、食事や栄養面、水分補給、糖質や脂質はどのくらい摂るべきなのかといったところを中心にお話してきました。

 

ですが、マタニティダイエットとはいえ、子宮頸管や子宮底長の長さなどで特別に安静を指示されていない限りは、適度な運動も大切です。
ウォーキングの距離や時間、ペース、マタニティビクス、マタニティヨガ、マタニティピラティスなど、妊娠中に状況に合わせてできる運動もあります。

 

適度な運動は、水分補給と同じくらい身体にとって大切です。
なので、絶対安静を指示されているなどの場合を除いては、できる範囲で身体を積極的に動かして行きましょうね。

スポンサードリンク