妊婦ですが、痩せる方法あります?

?妊婦ですが、痩せる方法あります?

 

妊娠中

妊娠中。女性にとってスタイルを維持することを意識している人が多く、ダイエットの経験のある人のほうが多いのではないでしょうか。

 

しかし、妊娠や出産ではボディラインが崩れたり、産後体重が戻らないという方もいらっしゃいます。
また一人目の出産は大丈夫だったのに、二人目の出産では、体型が自然ともどらないという方も多いんです。

 

そこで、このページでは『妊娠中に痩せる方法』を安全を第一にする観点から特集したいと思います。

 

栄養補給の大切さを赤ちゃんの成長や妊娠線予防の観点から一緒に見てきましょう。

 

妊娠中の栄養補給はダイエットにも効果的

妊娠中も栄養はしっかりと摂らなければなりません。
ですが、太り過ぎてしまうと妊娠高血圧症候群や糖尿病のリスクが増えたり、お産が難産になってしまう場合があるのです。

 

妊婦さん自身のことで言えば、妊娠線のできるリスクも高くなってしまいます。

 

そのためには、低カロリー高タンパクな食生活が必要なのですが、それだけではなく塩分や糖質も控えめにする事が大切になります。

 

その上で、妊娠中の自分自身の健康と赤ちゃんの成長に必要な4大栄養素を呼ばれるものをバランスよく摂ることが大切なんです。

  • 葉酸
  • 鉄分
  • カルシウム
  • タンパク質

これらの栄養素は、妊娠中の自分自身の健康を守ること=赤ちゃんの成長と言える妊婦にとって必要な栄養と言えます。

 

妊娠中に葉酸の摂取が通常時の倍以上の量が必要と言われているのはご存知ですか?

 

葉酸は、細胞増殖の働きがあり、胎内で赤ちゃんが健康に育つためと妊娠中のママさんの健康、妊娠線予防などのボディケアにも必要なんですよ。

 

通常時では、200mg〜240mgの葉酸が必要なのに対して、妊娠中は400mg〜450mg以上の葉酸が必要になると言われてます。

 

そのため、妊娠中の体重管理としてのダイエットと健康、赤ちゃんの元気な成長に葉酸サプリを利用される方が多いんですよ。

 

しかしながら、葉酸サプリと言ってもいろいろなものがあります。コンビニやドラッグストアで販売されている安い葉酸サプリも選択肢の一つですが、妊娠後期に出産に備えて血液を増える仕組みにも寄与できるようにビタミンB群や鉄分もバランスよく摂取するのが大切なんですね。

 

サプリメントは必要な栄養素を必要量に沿って定量的に(過剰摂取の心配なく)良質な安全性を満たせるのがメリットです。

 

しかしながら、コンビニやドラッグストアで販売されているサプリメントでは、何種類も同時並行で買って揃えなければいけない場合も出て来ます。

 

栄養価の高さ(必要量)、栄養素の種類数(バランス)、安全性(質の良さ)の3条件を満たせる良質なサプリメントをひとつ持っておけば安心なので、何種類ものサプリメントを購入するよりも、却って安上がりで安心も出来て手軽というメリットがある選択肢になるため人気になるのも頷けますね。

妊娠中の1日あたりの摂取カロリー

妊娠中だから栄養が必要。

 

確かにそれは間違っていませんが、自身の身体で代謝しきれないほどの余分なカロリーを摂ってしまうのは危険です。

 

妊娠中の1日あたりの摂取カロリーの目安は

  • 0〜4ヶ月目までで1日1800〜2000kcal+50kcal
  • 5〜7ヶ月末までで1日1800〜2000kcal+250kcal
  • 8ヶ月目〜お産までで1日1800〜2000kcal+500kcal

250kcalというとどのくらいかというと、ごはん茶碗1杯分程度が目安になります。

 

豚肉を使わない肉野菜炒めなら、1皿分くらいが限度となります。

 

これが1日で摂るカロリー量になるのですから、1食あたりのカロリーオーバーは微々たるものですね。

 

栄養も大切ですが、栄養を意識しすぎて食べ過ぎになってしまわれる方も多く、冒頭でもご紹介したような産後に体重が戻らないという悩みにつながってしまう方もおられるんです。
体重の管理が重要だと言う医師も多くいます。

妊娠中の体重管理と増加する体重の上限

お腹に赤ちゃんがいる状態で妊娠中に痩せるのはなかなか難しいのが現実です。

 

赤ちゃんの体重だけではなく胎盤や羊水の重さ、血液が増える分なども考えることになりますが、それでも増加して良い体重は7〜8kg程度と言われているんですよ。

 

激しい運動ができず、食事は栄養を意識してしっかりと食べる必要があります。

 

そのため痩せる方法は軽い運動と食事の管理が中心となります。
軽い運度はマタニティヨガやストレッチ、ウォーキングなどです。
また、食事は塩分を控えて薄味にし、和食中心にするように心がけ、腹八分目を目安にいただきます。

 

お菓子などはできるだけ控え、甘いものが食べたい時はヨーグルトや果物などにすると良いですね。
ですが、どうしても生まれた時から苦手で食べられない食材というものもあります。

 

妊娠中に痩せるのは赤ちゃんのことを最優先に考えたうえで行う必要があります。

 

そこで、無駄なカロリーを抑えながら、尚且つ赤ちゃんのために必要な栄養を摂るために役立ってくれるのが、トップページで紹介している妊娠中ダイエットに最適なアイテムなんです。

野菜や果物、野草などを中心とした豊富な栄養素を補う事が出来ます。
しかも食事よりはるかに低カロリーで好みに合わせたアレンジもOK♪
飲み物なので消化がしやすいので、高い栄養素と酵素の影響で体にもやさしく、消化酵素、代謝酵素も摂取できるのが
うれしいですよね。何もしなくても痩せるのではなく、痩せやすい体を作ってくれます。

 

コンブチャクレンズは、自分自身出産経験もある人気モデルの山田優ちゃんも利用しているデトックス菌活ドリンクです。

 

コンブチャクレンズで補える栄養素は、ホルモンバランスの影響で『ため込み体質』になりやすい妊娠中の体重管理ダイエットに効果的な幅広さとバランスで補給出来ます。

 

・スーパーフードの抗酸化作用が高いポリフェノール類
・葉酸、鉄分、乳酸菌、オリゴ糖、植物由来の酵素、酵母菌2種類が摂れる
・アルコールやカフェインもゼロ
・金時ショウガやカイエンペッパーなど冷え性とむくみ改善に有効なカプサイシン

 

金時ショウガやカイエンペッパーは酵母菌で分解されているため、妊娠中に心配な刺激物にならないという嬉しい特性も持っています。

 

妊娠中の妊婦さんが気を付けなければならない成分までしっかりと考えられています。

  • スムージー

酵素ドリンクでは、どうしても不足しがちな不溶性食物繊維をカバー。

妊娠後期に陥りやすいむくみや便秘解消が効果的に出来ます。
加えて、とろみのある喉越しで、妊娠中に痩せる方法としてのダイエット中に
ストレスを感じにくいというメリットもあります。

葉酸や鉄分などを必要な分を分りやすく定量的に補えるのが魅力。

無駄なカロリーも摂る事なくピンポイントで不足している栄養をチャージできます。
しかしながら、近所のコンビニやドラッグストアで販売されている安い商品には
注意が必要な点もあります。

これらのアイテムを自分の身体の状態や気分に合わせて自由にアレンジしながら、
マタニティライフの中で採り入れることで、
母子共の健康を維持しつつ産後に備えて妊娠中にダイエットを行う事が出来るんですよ。

 

妊娠中も楽しみながら「産後のキレイなママ」になるための準備を進めて行ってくださいね。
そして元気な赤ちゃんを産んで幸せになってくださいね♪

スポンサードリンク