妊娠中の白髪染め成分は100%安全ではない?

妊娠してから一気に白髪が増えた~!

妊娠中の白髪染め|成分が胎児に悪影響アリって本当?

という方は少なくありません。
実際に妊娠中は体の変化の1つに、白髪ができやすいと言うのがあります。

 

しかし妊娠中は実際のところ、

 

妊娠中の白髪染めは成分が赤ちゃんに良くないみたいだから、今は我慢。

 

と言って我慢してしまう方がとても多いんです。
実際に、頭皮は腕に比べて皮膚の吸収率が3倍から4倍ほど高いこともわかっています。

 

そんな白髪染めの成分の悪影響は、胎児に対して影響は100%安心なものではないといわれています。

 

そうなるとやっぱり控えたくなってしまいます。。

 

ですが、妊娠中の方でも安心して白髪染めができる方法は存在します。
そこでこのページでは、妊娠中の白髪染めの危険性について見ていくとともに、白髪染めの危険な成分を気にせずに、安全に白髪染めができる方法について紹介したいと思います。

 

目次

  • 妊娠中の白髪染めはなんで安全じゃないの?
  • 妊娠中の白髪染めは危険ではないという医師もいる
  • 白髪染めによく使われる成分
  • 最近の白髪染めは安全性が高くなっている
  • どんな白髪染めなら妊娠中でも大丈夫なの?
  • 妊娠中の白髪対策は「ミネラル」の摂取も重要

 

妊娠中の白髪染めはなんで安全じゃないの?

妊娠中の白髪染めが危険と言われている理由は、経皮毒が関係しています。
経皮毒とは、頭皮を始めとした皮膚から体の中に、白髪染めの悪い成分のような化学物質が吸収されてしまうことを指しています。

 

そんな白髪染めの成分による経皮毒は、胎児への影響がとても大きいと言われています。
経皮毒は、アトピー、アレルギー、免疫力低下、将来ガンになりやすい。などといった問題点が挙げられています。

 

これが妊娠中の白髪染め成分が100%安全でないと言われている理由です。

 

ただし、お医者さんの中にも妊娠中の白髪染めは特に問題がないと言うお医者さんもいれば、上記のような理由から妊娠中の白髪染めは良くないと言うお医者さんもいらっしゃるようです。

 

妊娠中の白髪染めは危険ではないという医師もいる

妊娠中の白髪染めが問題ないと言うお医者さんの意見としては、

 

確かに経皮毒は可能性としてゼロではありませんが、突然大きな病気になるようなものではありません。そのため、白髪染め自体に有毒な成分が含まれていたとしても、頻繁に使わない限りは問題がないのです。つまり妊娠中でも特に影響は無い。

 

とのことです。

 

実際にこの様な意見を持っているお医者さんも大勢いらっしゃるようです。

 

白髪染めによく使われる成分

なお、白髪染めの成分は以下のようになっています↓

 

 

参考
これらの成分は、白くなってしまった髪の毛を元の色に戻すために効果的な成分ではあるのです。
しかし、これらの成分が体内に入って赤ちゃんの元まで届いてしまうとよくない。と言うわけです。

 

最近の白髪染めは安全性が高くなっている

近年、妊娠中でも成分を気にせず安心して使える白髪染めが増えていることをご存知でしょうか?
妊娠中は体の変化によって白髪になりやすい時期であるのに対し、使える白髪染めがほとんどないというのが前から問題視されていました。

 

ですが最近では、無添加の白髪染めや天然成分を豊富に使ったものなど、安全性が高いことを前面に打ち出している白髪染めが増えてきているんです。
白髪染めをすること自体が赤ちゃんによくないのではなく、成分が良くないと言うだけですので、このような安全性の高い成分の白髪染めが増えていると言うのは妊婦さんにとってはとても大きなメリットだといえます。

 

どんな白髪染めなら妊娠中でも大丈夫なの?

白髪染めといっても、美容室に行って髪を染めたり、市販のヘアカラーで白髪染めを行ったりする以外にも方法はあります。

 

ここでお勧めしているのが、ヘアマニキュアを使うという白髪染め方法です。

 

なぜヘアマニキュアが妊娠中の白髪染めにお勧めなのかと言うと、通常のヘアカラーと比較すると成分の分子がとても大きく、皮膚に入りにくいといった性質があるからです。

 

つまり、このページの冒頭で紹介した経皮毒による影響は断然低くなります。

 

さらに使われている成分自体も通常のヘアカラーよりも毒性が強くないと言われています。

 

このような理由から、通常のヘアカラーよりも、ヘアマニキュアを使った白髪染めをすることをお勧めしています。

 

ヘアマニキュアでオススメなのが利尻ヘアカラートリートメント!

利尻ヘアカラートリートメントは、ここ2 、3年で多くの妊婦さんから大変支持を集めているヘアマニキュアです。
妊娠中の白髪にお悩みのあなたに利尻ヘアカラートリートメントがオススメな理由は、ヘアマニキュアであるが故に、経皮毒のリスクが圧倒的に低いことと、無添加で天然成分の作りになっているため、通常のヘアカラーよりも成分面でも圧倒的に安全性が高いと考えられるからです。

 

市販のものと値段を比べると少々高く感じてしまうかもしれませんが、妊娠中の白髪がひどくて、どうにかしたい。でも赤ちゃんへの安全性は最優先にしたい。
と言う内容であれば、利尻ヘアカラートリートメントを選ぶと言うのも良い判断だと思います♪

 

妊娠中の白髪対策は「ミネラル」の摂取も重要

妊娠中の白髪の原因はミネラル不足が大きく関係しています。
一方、最も大きな原因として女性ホルモンの影響が強いと言われていますが、こればかりはどうにもできない部分です。
なので妊娠中の白髪対策では、ミネラル不足を補うことがポイントになります。

 

ミネラル不足を補うのに効果的な食べ物は、発芽玄米だと言われています。

 

精製前の穀物には、白髪対策に必要なミネラルが豊富に含まれているだけでなく、妊娠中に必要なビタミン、カルシウム、鉄分、マグネシウム、食物繊維などの栄養成分が豊富に含まれています。

 

それだけでなく精製された柔らかい白米とは違い噛みごたえがあるため、満腹感を感じやすく体重コントロールにもぴったりな食べ物なんです。

 

妊娠中はどうしても、ミネラルが優先的に赤ちゃんのほうに移ってしまうため、意識的にミネラルを補給していく必要性が出てくるんです。

 

妊娠中の白髪対策には、白髪染め選びも重要ですが、このような食生活の面でのアプローチも可能であれば行っていきたいところです。

 

まとめ

妊娠中の白髪染めについて振り返りたいと思います。

 

  • 妊娠中の白髪染めは100%安全ではないが、頻繁に行わなければ危険と言うわけでもなく、ヘアマニキュアを選ぶことでより安全性が高まる。
  • ヘアマニキュアを選ぶ際は無添加で天然成分の作りになっている利尻ヘアカラートリートメントのようなものがおすすめ
  • 白髪の原因であるミネラルを不足しないように、食事で補うことも大切

 

いずれにしても妊娠中の白髪染めが100%確実に安全と言うわけではありませんが、調べてみると多くの方が安全性の高い方法を選び妊娠中でも白髪染めを行っています。

 

また、白髪染めをした後もこれ以上白髪が一気に増えていかないように、ミネラルの摂取も意識して行なっていけると良いと思います。

TOPへ