妊婦の便秘に効く青汁の選び方と飲み方|決定版情報

妊娠中の便秘の解消に青汁が効果的というのはご存知の方も多いと思います。
また、何となくイメージで青汁というと便秘に良さそうっていうのもありますよね。

妊娠中の便秘解消に青汁|おすすめはコレ!

ですが、妊娠中の便秘に青汁が有効というのは確かに本当なのですが、
飲み方や青汁を飲むための割るお水の質などによっても妊娠中の便秘に対しての青汁の効果が半減してしまうこともあり得ます。
また、青汁そのものもたくさんの種類があるため
妊娠中の便秘に対して最も良い青汁は何がいいの?という疑問を持っていらっしゃる方もたくさんおられると思います。

 

そこでこのページでは、妊娠中の便秘に対してどの青汁がいいのか、
お水はどんなお水を使えばより青汁の便秘解消効果が挙げられるのが、
という2つの大きなテーマのもとにお話をしていきたいと思います。

 

まずは妊娠中の便秘の原因から見て見ましょう。

妊娠中の便秘の原因と青汁について

妊娠中の便秘解消に青汁が効果的というのは2つの理由があります。
そのうちの1つは食物繊維が取れること。
そしてもう1つは野菜や果物に含まれているマグネシウムが含まれている事です。
そして、もう一つ忘れてはいけない要素が青汁の粉タイプのものをお水で解いて飲むことがほとんどなので、水分補給にもおすすめという点があります。

 

妊娠中の便秘の原因は、自律神経の乱れのほかにつわりの影響などにでもする機会がありやすいということもあり、
さらに体質の変革によってもともと好きで食べていたはずのものが食べられなくなったりといろいろな影響が考えられます。

 

もちろん妊娠中の基本的な特性としてホルモンバランスの変化は常に起こっていて、
腸内環境が水分不足になりやすいというものがあります。

 

このようにの妊娠中の水分不足と自律神経の乱れそれと食生活の変化による食物線やミネラルの不足など
そういったもの全てに対してバランスよく働きかけることができるというのは
妊娠中の便秘に対して青汁が効果的と言われる理由なんですね。

妊娠中の便秘解消に効果的な青汁の選び方

妊娠中の便秘解消に効果的な青汁の選び方も大切な要素になります
。最も大切にしたい条件というのが
やはり残留農薬や食品添加物を使っていないこと。
つまりでき得る限りオーガニックの青汁を選ぶという事になります。
残留農薬は危険である事は説明の必要もありませんが、
食品添加物によって味が美味しく調整された青汁というのも、あまり妊娠中の母体と赤ちゃんのためにはお勧めできるものではありません。

 

そのため、できるだけ原料の大麦若葉やケール、モロヘイヤや人参、玉ねぎ・ごぼう、トマトなどの野菜類や桑の葉、
などの原料をでき得る限り国内産の無農薬有機栽培で作られた原料を使った青汁を選ぶというのが1つのポイントになります。

 

また、もう一つの選び方としては先ほど原因の中で
ご紹介したマグネシウムや食物繊維などの便秘に効果的なミネラルや栄養素がどれだけ取れるのかというところも大切な要素です。

 

そしてもう一つ大切にしたい部分があります。それは乳酸菌の存在です。
乳酸菌は食べた物を正しく分解してそこから妊娠中の母体の維持や
赤ちゃんの成長のために必要な栄養素やミネラルをしっかり取り出して、
不要なものはきちんと便の形にまとめて排出するという働きをしています。

 

つまり腸内環境を健康に保つための『仕分け作業員』とも言えるんです。
できることなら先程の野菜や大麦若葉、桑の葉、明日葉などの
野菜や葉物類で得られるミネラルや食物繊維だけではなく、
乳酸菌も取れる青汁というのが妊娠中の便秘解消のために理想的な青汁を選ぶときのポイントになります。

 

この選び方を基準に編集部が選定した『妊娠中の便秘解消におすすめの青汁』を後ほどご紹介いたします。

 

妊娠中の青汁の飲み方妊娠中の青汁の飲み方ですが、飲み方と言っても大きく分けて3つの意味が出てきます。

  • 1日あたりどのくらい飲むのが良い?
  • 飲むタイミングは?
  • 青汁の粉を解く飲み物は?

妊娠中の1日あたりの青汁の飲む量は?

妊娠中の便秘解消に青汁|おすすめはコレ!

ほとんどの市販の青汁は、1箱あたり30袋入りでおよそ1ヶ月分として販売されます。
これは通販であっても近所のドラッグストアや薬局などでも販売されている青汁でも同じようになっているといえます。

 

そのため、1日1袋飲むというふうにされているのですが、
もし青汁が好きな方の場合は、1日2杯や3杯飲むといった飲み方もできます。
ですが、特定のミネラルや栄養素が過剰摂取になってしまうという可能性もないとは言い切れません。
なので、基本的にはメーカーがパッケージで推奨している1日あたり一杯という飲み方をするのが安全と言えますね。

 

青汁を飲むタイミングは?

青汁を飲むタイミングは基本的にお薬ではありませんし健康補助食品ですので、自由に決めることができます。
一般的には朝飲むのが1番良いと言われていますよね。
ですが、便秘解消のためという目的があるとなるとまた少し変わってきます。

 

編集部としておすすめなのは、夕食を食べるタイミングで、その前後に合わせて飲むというのがおすすめです。
これには理由があります。
というのは人間の体内酵素によって青汁のミネラルがしっかり取り出されて
便秘解消であったり、むくみ改善のためのカリウムであったり、それらの改善のための効果的なミネラルがそれぞれにあります。
そのような妊娠中の不定愁訴(ふていしゅうそ=痛みやだるさ)といった症状の改善のための効果が1番期待できるのが
体内酵素の働く時間割が栄養吸収に1番適した時間を選ぶのが良いと思われるからです。

 

この考え方はナチュラルハイジーンという「酵素栄養学」に従った考え方なのですが、
その酵素栄養学の中では、夜8時から朝4時までの8時からの吸収と栄養素の利用(代謝)の時間とされているからです。
どんなに体に良いミネラルや栄養素が含まれていたとしても体の中で吸収され、
血流で必要なミネラルが運ばれて体中の役に立たなければ、
どんなに青汁を飲んだとしても効果が半減してしまいます。

 

できれば吸収効率が1番良い時間帯を狙ってそのタイミングに
青汁のミネラルや栄養素がしっかりと体の中で利用できるようにする良いのではないかと思います。

青汁は何で割ればいい?

青汁はほとんどの方がお店ではあるというふうに答えると思います。
もちろんお湯割りとか他のジュース割といったこともバリエーションとして考えられますし、
中には、毎朝飲むお味噌汁を少しぬるめに入れて、その中に青汁をという方もいらっしゃるかもしれません。

 

ですが、ここで編集部が便秘解消のためにお勧めする青汁を割る飲み物があるんです。

 

それはミネラルをあまり含んでいない軟水、もしくはピュアウォーターと呼ばれる種類のお水です。
このような軟水やピュアウォーターをお勧めするのにも理由があるんです。

 

それは、硬水に含まれるミネラルが青汁の中に含まれるミネラルと合わさってしまったことによる相互作用で
帰って効き目を弱らせてしまう可能性が考えられるからです。

 

また、硬水には沢山のミネラルが含まれているのですが、
それと同時に他にもミネラルがたくさん含まれている青汁をプラスしてしまうことによって
妊娠中のホルモンバランスと自律神経の働きによって腎臓機能が低下していることがあります。

 

その状態で腎臓にに負担をかけてしまう可能性がある硬水の飲み過ぎはおすすめできません。
そうなると、妊娠中に起こりやすい腎盂腎炎(じんうじんえん)や尿毒症、尿管結石、胆石などの危険性が考えられるからです。

 

その他の飲み方の注意点は?

その他にも飲み方の注意点はあります。それは温度です。
先ほどご紹介した青汁を飲むためのおすすめの水です。

 

軟水やピュアウォーターをあまり冷やしすぎないように『常温よりも少し低いかなぁ』という程度の温度で割って飲むのが良いでしょう。
あまり冷やしすぎてしまうと、体の中で十二指腸のあたりで一旦飲んだ青汁をストックして、
体の中で体温と同程度ぐらいまで温めてから吸収されるというタイムラグが生じてしまいます。

 

それだけならば問題ないのですが、あまり冷たいお水を飲みすぎるのも胃腸がびっくりしてしまいますし、
妊娠中に便秘解消とは言え下痢を起こしてしまうと、
お腹の痛みから子宮収縮を招いてしまう危険性も考えられます。

 

ですのであまりキンキンに冷やして飲むと言った事はできれば避けたほうが良いでしょう。
また一気飲みをしないというのも1つの飲み方としておすすめです。

 

そして青汁を1日一杯飲むからといっても『それだけで便秘解消ができるというものではありません』から、
できるだけこまめな水分補給と多めにお水を飲むということを心がけましょう。

 

妊娠中は体内環境が全般的に水分不足になりやすく、お口の中のネバつきや喉の渇きなど不快な症状もたくさん感じられます。
そのため、炭酸飲料や冷たく冷えたビール、ジュースといったものをたくさん飲みたくなってしまう傾向があります。

 

私もそうだったのですが、妊娠中に、喉が渇いたタイミングで冷たく冷えた炭酸ジュースを飲むと男おいしいですよね。
ですが、それは本当に1週間に1度とか2週間に1度とかそのような
頻度に抑えてできるだけ本当に飲みたくなったときの楽しみとしてとっておくと良いでしょう。

 

また、その方が飲んだときのストレス発散の感動も大きくなると思いますよ。
きっとお腹の赤ちゃんも理解してくれると思います。

 

では、妊娠中の便秘解消にお勧めの青汁をご紹介したいと思います。

妊娠中の便秘解消にお勧めの青汁

妊娠中の便秘解消におすすめの青汁で編集部がお勧めする青汁は「やわたのおいしい青汁」です。
これには3つの理由があります。

  • 無農薬有機栽培の国産原料の野菜に限定されていること
  • 家にも国内の衛生環境が整ったISO取得工場で厳重な衛生管理のもとで製造されていること。
  • そして、野菜や果物のミネラル以外(つまり食品添加物)が一切使われていないこと。

この3つの理由です。
また、腸内環境を整えてくれる乳酸菌も1億個摂取することができます。
これによって妊娠中の便秘解消はもちろん免疫力の維持向上も期待できるんですよ。

 

妊娠中の便秘解消のためにお勧めの青汁としてはやはり安全性が1番大切で、
そのためにはやはり先程の3つの条件が大切になってきます。この3つの条件を満たしているというのがやわたのおいしい青汁なんです。
また、便秘解消に効果的な食物繊維の量やマグネシウムの含有量なども便秘解消のためにお勧めする青汁がこの青汁である理由の1つです。

 

通販や市販も含めて、この2つの栄養素が取れる青汁として最も安全でしっかり取れるのは、このやわたの青汁なんです。
最近では、フルーツ青汁などすごくフルーツジュースのように飲みやすい糖分がたくさん入った青汁もあります。

 

ですが、これらは人工甘味料を使っていたり、その人口甘味料が劣化しないために酸化防止剤を配合していたり、
そのような観点から見て「妊娠中の便秘解消」という条件で選ぶとそれほど価値が高いとは言い切れないものも多いんです。

 

確かに飲みやすくておいしいかもしれませんが、妊娠中の便秘をお腹の赤ちゃんのためにも
できるだけ薬に頼らない方法で解消しようと考えると、やはりオーガニックな青汁がおすすめです。

妊娠中の便秘解消にお勧めの青汁のまとめ

妊娠中の便秘解消におすすめの青汁は、選び方だけではなく
飲み方にもポイントがあるということがお分かりいただけたかと思います。
では触れるのここまでご紹介してきたポイントをわかりやすくまとめましたのでご覧ください。

  • 青汁はできるだけオーガニックのもの選ぶ
  • タイミングは夕食時がおすすめ
  • 飲む量は推奨量をできるだけ守る
  • お水は軟水がピュアウォーターがおすすめ
  • 飲むときにあまり冷やしすぎない

これらの大きく分けた5つのポイントがあります。
これに加えてできるだけ妊娠中は水分補給を怠らないことやできるだけ
一定時間のタイミングでおトイレに行くようにするというのも大切です。

 

そうすることによって体の中の自律神経が一定時間におトイレに行く=排便するという
習慣的な刷り込みによって体のリズムが整っていくからです。

 

このような妊娠中の便秘解消のための知識もどこかでお役にたつかと思います。

TOPへ