妊婦さんで痩せる食事って?

妊娠初期は、悪阻などの影響で食欲が低下して、一時的に体重が減少することが多いです。

 

妊娠5ヶ月を過ぎて、安定期に入ると体調が良くなってきて、食欲が増してくるため、体重の増加に注意をする必要があります。

 

妊娠中に体重が増えすぎてしまうと、妊娠中毒症や早産などのリスクが高まってしまいます。

 

妊娠中の痩せる食事を摂りたいと考えている方は、炭酸飲料やインスタント食品、お菓子などのカロリーの高い物は控えることが大切です。

 

なぜなら、お菓子やインスタント食品は塩分濃度も高く、妊娠後期のむくみや脚のしびれやツリ(こむら返り)などの原因にもなりますし、糖分が高い炭酸ジュースなどは血液をドロドロにしてしまう危険性が高いからです。

 

というのも、塩分はナトリウムとしてむくみの原因になる水分がたまる事につながりますし、
糖分で血液がドロドロになると血糖値が高くなり妊娠中毒症の原因になりかねないので危険があるからなんですよ。

 

また塩分は必要以上に水分が欲しくなったりもしてしまいますから、妊娠中に太りやすい原因にもなります。

 

これに対して妊娠中に痩せるための食事は、糖分や塩分などを過剰に含まないものを選んだり、料理の味付けなども配慮することが大切なんですね。
(適度にという部分が難しいのですが、ちょっと味気ないかなと感じるくらいがちょうど良いんですよ。)

 

豆乳や豆腐、納豆などに含まれている大豆イソフラボンには、女性の体の調子を整える働きがありますし、
低カロリーでかさが多いので、満腹感を感じやすくなっています。

 

また、植物性たんぱく質だけではなく、ミネラルやビタミン類を多く含んでいる海藻類や、緑黄色野菜なども積極的に食べるようにしましょう。

 

果物は、果糖が含まれているため食べすぎには注意をすることが大切です。
もし、どうしてもフルーツが食べたい場合は、缶詰やゼリーなどではなく、食べたい果物を一日一個に決めて食べるといった工夫をすると良いですよ。

 

糖分も塩分も妊娠中に限った話ではなく適度に摂る事が大切なので、加減に注意して健康的な食事を心がける事で母胎も守りながら赤ちゃんも元気に育つようにしたいですね。

 

妊娠中の痩せる食事のポイント

栄養バランスの良い食事を心掛けるようにすると、妊娠中で体重増加を先生から注意されたという方も無理なく痩せることができます。

 

貧血を予防するために、亜鉛や鉄分などを多く含んでいる食品を食べるようにすることで、体の調子が整ってきます。

 

菓子パンは、カロリーが高く、栄養価がほとんどないので食べるのを控えたほうが良いでしょう。

 

よく売れているダイエット食品の組み入れ方は、食事の一部に代えてという摂り方が普通です。
毎日の3食のうち、朝食または夕食を人気のダイエット食品を探して食べるのも良い選択肢ですね。

 

また、デトックス効果があって、新陳代謝の力を上昇させるので、いわゆる短期集中ダイエットの成功は当然のこと、
スリムになれるのと併せて、肌の明るさの回復や辛い便秘を解消することに効果が期待できるのが酵素ドリンクと言えます。

 

たしかに妊娠中の妊婦さんの栄養補給を完璧にしようと考えると難しく思ってしまうかもしれませんが、基本の部分をしっかりして、
それでも補えない栄養素をサプリメントや影響補給食品などで補うようにしていきましょう。

 

自分の味の好みや、喉が細くてサプリメントはちょっと・・・というような方もおられます。
自分に最適な食事法や酵素ドリンクなどの飲み物、または栄養素が定量的に摂取できる便利なサプリメントなどを選んで利用することが大切なんですね。

 

産後に『本当に子供を産んだの?妊娠前よりもキレイになったよねw』なんて言われるようなママさんになれるチャンスが妊娠中に目の前に転がっているんですよ♪

 

【合わせて読みたい関連ページ】

妊娠さんのダイエットドリンク特集
妊婦さんが妊娠中に飲んで健康的に無理なく痩せられる酵素ドリンクやダイエットドリンクの特集ページです。

妊婦さんのダイエットサプリメント特集
妊婦さんが健康的な妊娠中ダイエットを安全に行えるための栄養補給に最適なサプリメントを特集しています。

妊娠すると塩分は控えろっていうのはなぜ?
妊娠中に塩分を控えるべき理由をご紹介しています。母胎や赤ちゃんの健康のためという漠然とした理由で塩分を控えろと言われても納得できませんよね。
そういった方はこちらのページを読んでみてください。

スポンサードリンク