妊娠中の体重管理ダイエットに水素水はどうなの?

妊娠中の体重管理は本当に大変ですよね。

 

妊婦健診でも、毎回体重を測られてちょっとでも理想的な増え方から外れていれば厳しく注意されてしまいます。
これだけ厳しい理由は、もちろん母子の健康を守るためであることは分かっていても、ストレスを感じるあまり妊娠中に『うつ症状』に近いところまで追い込まれてしまう妊婦さんもおられるほどです。
そんな厳しい体重管理を簡単にしてくれる存在があるんですよ♪

 

それが『水素水』です。
このページでは、水素水がなぜ妊娠中の体重管理ダイエットに良いのか。
また飲み方などに注意点はないのかなどを詳しく一緒に見て行きたいと思います。

 

妊娠中はなぜ太りやすいの?

妊娠中に太りやすくなる理由の中で最も大きなものが、ホルモンバランスの変化です。
妊娠中は、妊娠状態を維持する働きがあるプロゲステロンというホルモンの分泌量が増えるのですが、このプロゲステロンには水分を溜め込んでしまう働きがあります。
通常時に身体が水分を溜め込むようになるのは、体内の塩分濃度を一定レベルに調節するための『むくみ』なのですが、妊娠中はホルモンバランスによってむくみが起こってしまうんですよ。

 

ただし、これには理由があって、お腹の赤ちゃんにも血液を循環させなければならないために血液量を増やすための水分や羊水量を一定レベルに保つためなどの働きがあります。
しかしながら、これが妊娠中に食べ過ぎないように注意していても太りやすくなってしまう理由なんですね。

 

そもそも水素水ってなに?

水素水は、普通の水の『H2O』に水素分子の『H2』を加えただけというものです。
乱暴な言い方をしてしまえば、『水素を加えただけのただの水』です。笑

 

そんな水素水がなぜ妊娠中の体重管理に良いのかというと・・・

 

水素水の身体の中での働き

水素水は、わたし達人間の身体の中で老化や疲れ、ガン細胞の発生につながる細胞のコピーミスを引き起こさせる『活性酸素』を取り除く力があります。
活性酸素には善玉と悪玉があり、善玉の活性酸素は、病気の原因になるウィルスや細菌を退治してくれるのですが、悪玉の活性酸素はウィルスや細菌に対してではなく、血管を固くもろくさせてしまったり、老廃物を血管の中で酸化させてプラーク(血栓)にしてしまったりします。
この悪玉活性酸素の事を『ヒドロキシルラジカル』と言います。水素水の水素は、このヒドロキシルラジカル(悪玉活性酸素)だけを取り除いてくれる抗酸化作用がある事が研究で分かっています。
また、水素分子は非常にサイズが小さいため、身体のすみずみにまできっちり行き渡って、活性酸素の毒性を還元して無毒化してくれるんですね。

なぜ妊娠中のダイエットに水素水が良いの?

妊娠中の体重管理ダイエットに水素水が良い理由は、抗酸化作用によって血流を活性化させてくれるため、基礎代謝量が増えるという点です。

 

また、妊娠中のむくみがホルモンバランスによるものなのですが、常に新しい水が身体に入ってくる事によって古くなった水は尿と一緒に排泄される『循環』が出来上がります。
これが、妊娠中の体重管理ダイエットに水素水が良い理由ですね。
また、根拠は曖昧なものの妊娠中に体重管理が難しくなってしまう理由の一因でもある『食べつわり』も抗酸化作用によるストレス除去が関係しているとも言われています。
どういった仕組みなのか分かっていませんが、実際に水素水を飲むようになってから『食べつわりが楽になった』という方もおられますよ。

 

妊娠中の水素水の量や時期など飲み方は?

妊娠中の水素水の飲み方で量や時期などに特に決まりはありません。
アルミパックの水素水(大体300ml~500mlくらい)を1日1パック飲めば充分です。

 

ただし、飲み方では妊娠中は体調変化が毎日のように起こっていますから、あまりキンキンに冷やした水素水で身体を芯から冷やしてしまわないように気を付けましょう。
水素水の扱いで注意する点がひとつだけあります。
それは、開封したら出来る限り早く飲み切ってしまう事です。
1回で飲み切ってしまうのが難しい場合は、ペットボトルやアルミパックの中から空気を出来る限り追い出すようにして栓をしましょう。

 

こうしておかないと、1時間も経つ頃には、溶かし込まれた水素の大部分が空気中に抜け出てしまうからです。

 

妊娠中ダイエットの水素水のまとめ

妊娠中の体重管理ダイエットに便利な水素水の効果や飲み方、注意点はいかがでしたでしょうか。
水素にしか出来ない悪玉活性酸素にだけ働きかける水素水の効果は妊娠中のダイエットに是非活かしたいところですね。

 

また、元モー娘の後藤真希さんが、妊娠後期に急激な体重増加とむくみで、帝王切開になってしまう寸前だったところが、
水素水と適度な運動、食事による栄養管理で体重管理に成功されたそうですよ♪
ただし、注意点が2つだけあります。

 

  • キンキンに冷やした水素水で身体を冷やさない事
  • 開封したら出来るだけ早く飲み切ってしまう事

 

この2点だけ注意して、妊娠中の体重管理ダイエットを成功させましょう。
また、太り過ぎを注意されたからと言って、あまり気にしすぎると却ってストレスで食欲が収まらなくなったりします。
ですので、言われた体重の1kgや2kg程度のオーバーは気にしないくらいの気持ちでいる事も大切です。
確かに、妊娠中の体重管理は大切ですが、気にしすぎてストレスが溜まって精神的な面から健康を崩してしまうようでは、それこそ本末転倒ですからね。

 

妊娠中に水素水がおすすめらしい!

TOPへ