妊娠するとおっぱいは大きくなる、なんでだろう?

妊娠するとおっぱいが大きくなるというのは聞いたことがあるとは思います。

 

実際2カップ、3カップ大きくなったという妊婦さんの声も多く聞かれます。

 

ちなみに私自身は2カップアップでした(笑)

 

なんとなく誰もが妊娠すると、あかちゃんに母乳を上げないといけないので、
ママのおっぱいは大きくなって当たり前だと思っていることでしょう。

 

しかし、いざ正式に聞かれたら答えられないこともあるでしょう。

 

では、妊婦さんのおっぱいが大きくなる理由を見てみましょう。

妊婦さんのおっぱいが大きくなる理由

もっともよく知られている理由としては、

  • 女性ホルモンのプロゲステロンの影響
  • 産後の授乳のための乳腺の発達

という2つの要因が挙げられます。

 

つまり、妊娠中におっぱいが大きくなることは恥ずかしいことでもなんでもなくて『当然のこと』なんですね。

 

ママの体は、授乳に備えて妊娠中期から後期にかけて胸が大きくなります。

 

乳腺や乳管の組織を発達させ、生まれてきてすぐにおっぱいをあげられる様な準備を始めるため。

 

また、女性は妊娠していなくても子宮の中で排卵がされた直後には、プロゲステロンという黄体ホルモンが発生します。
胸が張ったり、大きくなってくると生理が近いと感じるのはこのホルモンが原因です。

 

母乳を作るためにママの体ではおっぱいの乳腺が発達していきます。乳腺を発達させるのにこの女性ホルモンが関わってくるのです。
妊婦さんは赤ちゃんを育てるために、栄養もいっぱい必要になるために太っていくのが当たり前なのですが、
おっぱいも構造上、乳腺と脂肪でできているために妊娠すると大きくなっていくんですね。

 

おっぱいが大きくなってのトラブル

妊娠によっておっぱいが大きくなっていくと妊婦さんはどのようなトラブルや不安が出てくるのでしょうか。

 

黒ずみ

乳輪の黒ずみは、出産後に赤ちゃんに授乳する時に、赤ちゃんがおっぱいはここだよとわかりやすくするために起こる妊婦さんの自然な現象だそうです。

 

これは、旦那さまに触られたからという声も多いのですが、その点については医学的な根拠はないんだそうです。

 

乳輪の黒ずみに関しては『大切な赤ちゃんのため』ということを意識して、あまり気にしすぎないことも大切なんですね。

産後の授乳でおっぱいがしぼむ?

産後の授乳でおっぱいがしぼんでしまうんじゃないかと気にしている方も多いと思います。

 

残念ながら、この答えは『イエス』です。

 

妊娠中におっぱいが大きくなるのは産後の授乳のために乳腺が発達するからです。

 

授乳が終わって行くのに従って少しずつ小さくなって行きます。

 

それにつれて、妊娠中におっぱいが大きくなることで『伸びた肌がきれいなハリを保ったまま戻るか』というのが、
妊娠中のバストケアのテーマと言っても言い過ぎではないと思います。

 

このためのケアの具体的な方法として、妊娠後期の7ヶ月目から行うバストケアを詳しく説明しているので読んでみてください。

生理前のおっぱいの張りとの違い

生理前にもおっぱいが張るという方も多いと思います。

 

実はこれは妊娠前症候群(PMS)の症状の一つといわれていて、
女性ホルモンの影響だといわれているのですが完全には医学的には解明されていません。

 

この症状と妊娠中のおっぱいの張りが似ているといわれています。

 

特に妊娠初期におっぱいの張りは表れやすく、生理前のものとの違いが分かりにくいという声も多くあります。

 

妊娠中の胸の張りは、痛みだけではなくかゆみや黒ずみなどにもつながってくるので
おっぱいマッサージなどではなく、保湿クリームなどでのケアが必要になります。

 

乳首や乳輪を柔らかくして水分をキープするような保湿を心掛けると良いと言われています。

妊娠中のバストアップについて

もともとバストサイズが小さいことがコンプレックスだった方にとっては、
妊娠中に大きくなるバストを出産後も維持したい!
女性ホルモンによるバストアップのタイミングで、バストアップケアを行い通常よりもできるだけ大きくしたい!

 

と考える方も少なくありません。

 

実際に確かに妊娠期は大きなバストアップを図る大きなチャンスという見方もできます。

 

ですが、妊娠中はとてもデリケートな時期であることから、下手すると悪影響伴うためバストアップのケアの仕方も限られてくると言われています。

 

これからそういった中でも行えるバストアップケアの方法について紹介していきたいと思います。

 

妊娠期は安静にすること

妊娠初期のバストアップケアは特に危険だと言われています。それには以下の3つの理由があります。

  • バストに余計な刺激を与えてしまう
  • 乳腺を傷つける
  • 女性ホルモンのバランスを乱す恐れがある

ざっくり言うとこの3つが妊娠初期のバストアップケアが危険だと言われている理由です。

 

特に1番最後の女性ホルモンのバランスが乱れてしまう恐れがあるという点については、そうなってしまうとバストだけの話ではなく母子ともに悪影響や様々な危険などを伴う原因となりかねません。

 

なのでそういった意味でも妊娠初期のバストアップケアは、控えるべきだと言われています。

バストアップケアをできるのは7ヶ月目から?

基本的に妊娠中のバストアップケアは良くないのですが妊娠7ヶ月目になると、マッサージだけはOKな場合もあります。

 

ただし、その場合にも下記のような注意点あります。

  • おっぱいの肌表面を柔軟にするための保湿マッサージはOK
  • スキンケアを目的とした保湿クリームを使う
  • 乳腺の成長を助けるために温めるようなマッサージを行う

ただし、マッサージも旦那さまとの仲良しの時に“揉まれるようなマッサージ”は行ってはいけません。

 

というのは、おっぱいは女性ホルモン分泌と密接な関係があるため、バストアップを目的としたハードなマッサージはホルモンバランスに影響を与えて、子宮収縮を起こさせてしまう場合があるからです。

 

バストアップケアがやっていいのかよくないのかについては、ホルモンバランスが安定しているかどうかが大きく関係しているようで、その判断はお医者さんがするものです。

 

なので、上記のような注意点を守るマッサージを行う場合でも『産婦人科の先生に相談して許可をもらってから行う』という点は守ってくださいね。

妊娠中のケアは産後のきれいなバスト維持のため

妊娠中にバストケアをするのは、産後にきれいなバストを維持するためです。

 

先ほどの話と繰り返しになるかも知れませんが、その要点としては・・・

  • おっぱいの肌表面を柔らかく保てば授乳でしぼんでもハリを失わない
  • バストの下や横の妊娠線を予防するため

こういった要点を意識して妊娠中のおっぱいのケアをしてあげましょう。

 

妊娠中におっぱいが大きくなっているタイミングだからチャンス!という方も多いと思います。
『ついでに今もっと大きくしておけば産後にペチャパイにならないんじゃ・・・』

 

ですが、あなたは産後に巨乳になりたいんですか?それともハリと瑞々しさがある美乳になりたいんですか?ということなんです。

 

妊娠中のバストアップケアは基本的に良くないと言われている理由が安全性によるものであることを意識してケアを行いましょうね。

何もしないのが最も良いバストアップケアという意見も

先ほどバストアップサプリやバストアップブラ等による悪影響の話がありましたが、下手にバストアップを図ろうとしてバストアップを促進するホルモンが乱れてしまったりすることによって、逆に大きくなるはずのバストが十分に大きくならないといったような事態にも発展しかねません。

 

そういったことから、妊娠期はむしろ何もしないほうが順調にバストアップを期待することができるという意見をお持ちのお医者さんもいらっしゃるようです。

TOPへ