妊娠中の増えやすい虫歯菌を殺菌する方法まとめ

よく聞く話で、母親に虫歯があると、赤ちゃんに虫歯がうつりやすいと言うのがありますよね。

 

大人でも虫歯の不快な症状にはなれないですし、大人の方でも虫歯の治療は好きで行う方はおられないと思います。

 

また、歯医者さんの待合室で聞こえる『キュイーン!』という音を聞くだけでも、寒気が走るという方もいますよね。苦笑

 

実は、妊娠中と言うのは、増加する女性ホルモンと虫歯菌の相性が良いことから、とっても虫歯になりやすい時期でもあるんです。

 

妊娠中の時期に、虫歯予防を怠った結果虫歯ができ、赤ちゃんが生まれてから母子感染で子供に虫歯が移ってしまった。
という話もないわけではありません。

 

そういったことから、妊娠中は特に増えやすい虫歯菌をこまめに殺菌し虫歯予防をしていく必要があるんです。

 

そこで、このページでは、妊娠中に虫歯予防するための、虫歯菌を殺菌する方法について詳しく解説していきます。

 

目次

  1. 妊娠中は虫歯菌が増えやすい
  2. 虫歯菌はこまめに殺菌しないと脳の病気にも繋がる?
  3. 妊娠中に増えやすい虫歯菌を殺菌する方法
  4. 妊娠中はいつまで虫歯菌と戦わなきゃいけないの?
  5. まとめ

 

妊娠中は虫歯菌が増えやすい

先程の冒頭でも少し解説をしましたが、妊娠中は以前に比べると虫歯菌が増えやすい状態であります。

 

それには妊娠中ならではの原因が絡んできています。

 

この段落では、虫歯菌が増えやすい3つの原因について見ていきましょう。

 

つわりによる歯磨き不足

特に妊娠初期の頃は、つわりによって体調がすぐれずに歯磨きをするのが困難な場合もあります。

 

この時期は、歯磨き粉の味がダメになったり、歯ブラシを口に入れるだけでも、具合が悪くなったりなどという方もいらっしゃいます。

 

そのような理由から、ついつい歯磨きが不足になりがちでもあり、そういったことから虫歯菌が増えやすいとも言えます。

 

唾液の変化

妊娠中に増えていく女性ホルモンによって虫歯菌が増殖してしまいやすい。

 

本来虫歯菌を殺菌する働きを持つ唾液も性質が変わり、殺菌力が弱くなってしまうんです。

 

そして虫歯になる確率が上がります。

 

こまめな食事が増える

口の中は、食事をすることで酸性に傾きます。

 

酸性の状態は虫歯が増えやすいタイミングであり、これは時間が経つとともに
唾液によって中和されていくのですが、おやつを含めたこまめな食事が増えることによって、口の中が唾液によって中和される頻度が減ってしまうため、虫歯になりやすい状態が継続されがちなんです。

 

そういったことも妊娠中に虫歯になりやすい理由とされています。

 

このような理由から、妊娠中はとても虫歯菌が増えやすい状態であることがわかります。

 

虫歯菌が増えると言う事は、虫歯になる確率がどんどん上がっていってしまうため、こまめに殺菌していく必要があるんです。

 

虫歯菌はこまめに殺菌しないと脳の病気にも繋がる?

母親が虫歯になることで、子供に口移しなどで食べ物を与えた際に母子感染で
虫歯が子供に移ってしまうという危険があります。

 

虫歯自体にはそれ以外にも恐ろしいリスクにつながる可能性を秘めているんですね。

 

どのようなリスクにつながるかと言うと、

 

  • 脳炎
  • 顎関節症

 

これらの症状です。

 

もちろん、虫歯になる=必ずこれらの症状が発生すると言うわけではありません。

 

しかしながら、虫歯に気づかずに、そのままにしておくと、このような重たい症状につながってしまう可能性もゼロではない。と言う事は覚えておきたいですね。

 

妊娠中に増えやすい虫歯菌を殺菌する方法

もちろん虫歯予防には、日常的な丁寧な歯磨きが1番大切です。

 

しかしながら、それが困難な場合や、それで足らないような場合に備えて、
虫歯菌をきちんと殺菌したいという方もいらっしゃるかと思います。

 

そこで、これから誰でも簡単にできる虫歯菌を殺菌する方法を2つ紹介していきます。

 

マウスウォッシュを使う

これは市販でも売られており、とても手に入りやすく、妊娠中の方でも安心して使うことができます。

 

もちろんマウスウォッシュを行うことで、決定的な殺菌を確実に行うことができませんが、
間違いなく口の中にいる多くの虫歯菌を殺菌する効果がある事は確かです。

 

歯磨きではなかなか手が届きにくい所などは、マウスウォッシュに頼るのもありですね!

 

唾液分泌を促す

先ほど書いた内容の繰り返しになってしまいますが、唾液には虫歯菌を殺菌する強い作用があります。

 

しかし、妊娠中はホルモンバランスの影響により、分泌量や、
唾液の質が変わってしまい、殺菌能力が少々弱くなってしまいます。

 

殺菌能力に変化があるとはいえ1番身近な虫歯菌殺菌作用のある手段だと言うことには変わりありません。

 

とにかく唾液をたくさん出してあげる事が大切です。

 

その方法の1つとして、ガムを噛む事をお勧めします。

 

ガムを噛み続けることで、唾液の分泌が促され、口臭予防にもなりますし、虫歯菌の殺菌にもつながります。

 

なお、この時に噛むガムをキシリトールが豊富に配合されているが無にすることで、キシリトールが虫歯菌を殺菌し、倍の効果を得ることができます。

 

どちらも誰でも簡単にすぐに始めることができる妊娠中の虫歯菌を殺菌する方法ですので、ぜひ試してみてください。

 

妊娠中はいつまで虫歯菌と戦わなきゃいけないの?

妊娠中に虫歯ができやすい理由や原因を振り返ってみると、

 

  • つわり
  • 食事の頻度が増えること
  • ホルモンバランスの影響

 

この3つがあり、つわりや食欲に関しては、やがて落ち着いてくることも考えられます。

 

ホルモンバランスに関しては、妊娠中の間は、通常時よりも女性ホルモンが多く分泌され続けます。
また、通常時の生理周期と違ってエストロゲンとプロゲステロンの交互ではなく

 

両方の女性ホルモンの分泌が増えて行きます。

 

妊娠期間中は常に虫歯予防を意識していく必要がありそうです。

 

なお、出産後は女性ホルモンの分泌が次第に穏やかになっていくため、妊娠中の時ほど身構える必要はありません。

 

まとめ

妊娠中は、体質の変化などにより、以前よりも虫歯菌が増えやすい状態であり、虫歯ができやすい時期になります。

 

自分の体への悪影響や、生まれてくる赤ちゃんへの母子感染を防ぐためにも、日常的な歯磨きのほかに、このページで紹介した2つの虫歯菌殺菌方法をぜひ取り入れてみてください!

TOPへ