インクリアは本当に効くの?使ってみた口コミを大特集!

インクリアは多くの女性を悩ませる様々な膣内トラブルに対して、アプローチをすることができる専門医療品です。

 

この記事では、そんなインクリアの基本情報や期待されている効果の仕組みなどについてわかりやすく解説していきます。
また、使い方に関する簡単な説明や、使用することのメリットやデメリット、愛用者の方の口コミ、販売情報等についても順応ってお伝えしていきます。

 

今現在インクリアの購入を検討されている方、気になられている方は是非こちらの記事から必要な情報ゲットしてくださいね♪

 

インクリアはどんなアイテム?

まず最初に、インクリアの基本的な情報を簡単におさらいしていきたいと思います。

 

インクリアと言うのは、膣の中を洗浄することをサポートしてくれたり、デリケートゾーン特有の匂いであったり、おりものを減らすためのことを考えて開発されたものです。
ちなみに韓国の出産後のケアの方法に着目して生み出されたそうです。
こちら一般的に医薬品と捉えられがちなのですが、専門の医療品に分類されるアイテムです。
なお、膣の中を洗浄する働きと言うのは、人間本来が持つ機能なのですが、膣の中の環境を保ちながら外からの細菌の侵入や雑菌の繁殖などを防ぐことで、膣の中をきれいにする働きのことをいいます。

 

そしてさらに膣の中には、膣の中の環境を維持するために働いてくれる乳酸桿菌と言うものがあります。
これは膣の中の環境整えるための乳酸を増やしてくれる働きを持ちます。
膣の中でこの乳酸が減ってしまうと膣内の環境が悪化してしまい、臭いが悪化したりおりものが増えたりする原因になると考えられています。

 

インクリアはその膣の中を整えてくれる重要な乳酸も配合されています。
乳酸が配合されているジェルを膣の中で注入して膣の中で乳酸を増やすことで、直接的に匂いやおりものを改善していくと言う仕組みです。

 

膣内洗浄と言うと、一般的に言われている使い捨てビデのように洗い流してやるようなものではなく、直接的に膣の中に対してアプローチをすることができるため、ビデは外、インクリアは内側のアプローチができます。
今まで外側からのアプローチしかしてこなかった方も多いと思いますが、インクリアの概念を加えることで外側と内側の洗浄の両方できるようになり、様々なデリケートゾーンの悩みの改善や予防につながるでしょう♪

 

こういうの初めてだからちゃんと使えるか不安…でも大丈夫です!

インクリアを購入される方の多くは、こういったものが未経験の方です。
そういった形でも簡単に使えるような作りになっているので安心してください。
また、持ち運びやすくコンパクトなサイズになっています。外出先でも旅行先でも持っていきやすいサイズです。

 

イメージとしては、まるでタンポンのような感じでシンプルな使い方です。
タンポンを使わないと言う方でも手軽にケアを始められると思いますよ♪

 

その他の特徴として、こちらは使い捨てタイプですので衛生面でも安全ですし、ジェルを活用していますので、軽い力でも最後までゆっくりと押し出すことができます。
あと個人的に気にいっているのが地球環境に優しいPP素材と言うものを活用していると言うことです。

 

自分が使っているものが知らず知らずのうちに地球を汚していることって結構あるんですよね。
ですがインクリアであれば地球環境にも優しい素材になっているので、なんだか地球にとって良いことをしているような感じで使っていて誇らしいです(笑)

 

インクリアの使い方を簡単におさらい

インクリアの使い方は非常に簡単であるとお伝えしましたが、その使い方を具体的に見ていきたいと思います。

 

まずは入れ物からインクリアの本体を取り出して、キャップの部分を指で折るようにして抜き取ります。
挿入の際は体全体をリラックスさせて、容器の先ちょから5センチから8センチ位の部分まで膣の中に挿入します。
ピストンを押し出したらジェルを注入していきます。
ジェルを注入し終えたら容器をゆっくりと優しく体から取ります。

 

文章で説明するとちょっとややこしく感じるかもしれませんが、実際にやってみると非常にシンプルで、どなたでも1回で覚えることができると思います♪

 

なお、インクリアを使う前はよく手を洗ってから使うようにしてくださいね。

 

そしてインクリアを使った後は、体を洗い流す必要は一切ありません。
インクリアのジェルについては、膣の中に長くとどまったほうが、膣の中の環境整える上では好都合だからです。
お風呂上がりの寝る前に使っても大丈夫ですよ。

 

ただ、まれに漏れて出てきてしまうこともありますのでおりものシートを併用すると安全です。
また、生理期間中の使用については、インクリアが逆流してしまったり、使ったときに血液が一気に流れ出てきてしまうこともあります。
月経に対して悪影響があるわけではありませんが、そういった恐れがあるため、生理期間中はトイレで活用することをお勧めします。
それと気になる性行為の前後の使用についてですが、性行為前でも後でも使うことが可能です。
しかし、インクリアには避妊効果はありませんので、そこは充分注意が必要です。
あと、インクリアは弱酸性のジェルを活用しているため、中には産み分けの目的で使う方もおられるのですが、具体的な産み分け効果については正確なデータがないのでそちらはあまり期待しない方が良さそうです。
最後に、妊娠中の方の場合ですが、特に妊娠期間中でも使用に問題はありません。
しかし、場合によっては使用しない方が良い場合もあるかもしれませんので、心配な方はかかりつけの産婦人科の先生に相談しましょう。

 

インクリアの成分はどんな感じ?副作用の心配はないの?

インクリアの成分は、口に入れても安全なほど安全性が高いものになっています。
ちなみに成分はこんな感じです。

 

  • グリセリン
  • ヒドロキシエチルセルロース
  • 乳酸
  • パラオキシ安息香酸メチル
  • ヒアルロン酸ナトリウム
  • 精製水
  • クエン酸ナトリウム
  • エデト酸二ナトリウム

 

また副作用の心配についてですが、特に心配をする必要はなさそうです。
しかし、使い慣れていないと挿入するときに違和感を感じることもあるそうです。
コツとしては体の力を抜いてリラックスしながら挿入することです。

 

私が感じたインクリアのメリットやデメリット

インクリアを使用した私の感想やレビューについて軽く触れたいと思います。
インクリアは使い始めの場合は3日連続で使用することが推奨されていますが、それを続けると結構本格的にデリケートゾーンの匂いの改善につながります。

 

それ以降は5日に一回程度の頻度で使用していました。
なお、これを使っているとおりものの匂いがちょっと酸っぱいような匂いになることがありますが、それはインクリアで活用されている乳酸の影響だと考えられます。
特に心配する必要はないです。
ですが、インクリアを活用していて魚のような生臭さや、強烈な匂いがするような場合はどこか様子がおかしい部分があるかもしれないので、念のためお医者さんに診てもらった方が良いかもしれません。
話をメリットについてに戻しますが、インクリアは基本的に妊娠中や生理中でも使うことができるので、使い勝手が良いなと感じます。
また避妊効果は期待できないものの、カンジダ膣炎などの病気の予防効果が期待できるそうです。
これはありがたいですよね。

 

デメリットとしては、1番最初のほうに感じたのですが、ジェルを注入したときにちょっと違和感が続いたことです。
すぐに慣れますが最初のうちはこれがネックになる方もいらっしゃるかもしれません。

 

インクリアの口コミ

※口コミは、あくまで個人の感想であり、効果を証明するものではありません。

 

私はインクリアを使用してから、おりものの量が確実に減ってしかも匂いがほとんど気にならなくなりました。今までここがずっと私の中でコンプレックスになっていたので、すぐに効果を感じることができてとても感動しています。

 

生理期間中にインクリアを活用したのですが、何故かいつもより早く生理が終わりました。もしかして生理を早く終わらせる効果もあるのかな?

 

私はこういったアイテムを使うのが初めてだったんですが、そんな私でもちょっと説明書を読みながらやれば簡単にできたので、多分誰でも使えます♪

 

TOPへ