妊娠中のむくみ・セルライトの放置は危険?解消法まとめ

妊娠中は、赤ちゃんの成長のためにホルモンの働きによってさまざまな身体の変化が起こる時期です。

 

その変化に伴い、薬の副作用かのように体にさまざまなトラブルが発生します。

 

そんな悩ましいトラブルに、体のむくみ、セルライトなどがあります。

 

“今までは体がむくんだりセルライトができる事はあまりなかった”

 

という方でも、妊娠してからやたらと体がむくむようになり、セルライトまでできてしまった。
このような体の変化に不安や悩みを抱える妊婦さんは少なくないんです。

 

また、むくみとセルライトは決して同じものではありませんが、どうやらこの2つには発生してしまう仕組みから互いに関連性があるようなんです。

 

そこでこのページでは、妊娠中のむくみ、セルライトにお悩みの方のために、むくみとセルライトを改善するための方法や、むくみとセルライトができてしまう理由。
また、発生することによる危険性についても紹介していきたいと思います。

 

目次

  • 妊娠中のむくみとセルライト改善のためにできること
  • 妊娠中にむくみとセルライトができやすい理由
  • 妊娠中のむくみを放っておくと危険!?

 

妊娠中のむくみとセルライト改善のためにできること

それでは早速この段落では、妊娠中のむくみとセルライトを解消するための方法について一緒に見ていきたいと思います。

 

そこで、内容を理解しやすくするために、先に知っていただきたいのがむくみとセルライトの関係性です。

 

むくみとセルライトの関係性については、実際に身体がむくんで行くと、まず血液循環に悪影響が出て、新陳代謝が悪くなっていきます。

 

すると、体内の老廃物が溜まりやすい状態になるため、セルライトがどんどんできてしまう状況であるようです。

 

なので、そのような悪い状況を改善していく必要があります。

 

では、それらをどのように解消していけば良いのか?

 

という部分についてですが、むくみが発生するとセルライトができやすい。

 

と言う事ですので、まずはむくみの解消について見ていきましょう。

 

妊娠中のむくみ解消方法

妊娠中のむくみ解消方法といっても、運動をしたり、マッサージしたり、体を冷やさないようにしたりなど、様々な方法があります。

 

それらは確かに妊娠中のむくみ解消方法として効果的なものではありますが、上記のような方法でむくんでしまったものに対してアプローチをすると同時に、身体がむくんでしまう原因をできるだけ改善していくことも重要です。

 

なお、妊娠中に体がむくみやすい理由は、いくつかあります。

 

その中でも代表的なのが血液量増加に伴う水分増加です。
これは、赤ちゃんに栄養を送るために血液量が増加することにより、体内に水分が溜まりやすくなってしまう状態が関係しています。

 

確かにこのような変化は必要なのですが、必要以上に水分が溜まってしまう事はただ単にむくみが発生しやすくなってしまうだけですので、ここを改善していく必要があります。

 

そのためには以下のポイントが重要になります。

 

塩分を控えること

塩分には水分を余計にため込んでしまう性質があるため、塩分をたくさんとってしまうと必要以上に体に水分が溜まってしまいます。
するとむくみができてしまう原因となるため、塩分を控えることが大切です。

 

カリウムを積極的に摂取する

カリウムには体内に吸収された余分な塩分を、効率よく外に排出してくれる働きがあります。
この働きを生かして不必要な塩分を外に排出していくことで、体のむくみを予防することができます。

 

適度に体を動かす

適度に体を動かすことで体の代謝を上げる事ができます。
体調が良い日は基本的に毎日外に出てウォーキングをしたり、雨が降っていて外に出れないような時はストレッチをしたりと、血の巡りを良くし代謝を上げていくことでむくみを予防、改善していくことができます。

 

 

まとめ

上記の3つの方法は、妊娠中にむくみができやすい原因に対する、直接的なアプローチ方法です。
これらの3つの方法を実践することで、妊娠中のむくみの原因を限りなく抑えることができ、なおかつこれに加えて、マッサージを受けたりすることて、効率よく的確にむくみを解消していくことが可能になります。

 

 

妊娠中のセルライト解消方法

先ほど触れたように、セルライトは、むくみの発生に伴うものです。
つまり、上記のようなむくみ対策をとることでセルライトの原因となるむくみを抑えることができるため、そもそもセルライトができにくい体質になります。

 

それに加えて、生活習慣の中でもセルライトを改善するためのヒントが隠れています。

 

それは、

 

  • 体が硬い状態
  • 汗があまりでない
  • 早食い(10分以内)
  • 運動を日常的にしない
  • 以前に食事を減らすダイエットを2回以上した
  • 味付けが濃い料理が好き
  • 水分をあまり摂らない
  • アイスクリームや冷たい飲み物を良く飲む
  • お風呂ではなくシャワーで済ますことが多い
  • 脂肪の多い食事やジャンクフードをよく食べる

 

これらの10個の項目です。
上記の項目は、セルライトが増えてしまう原因とも言われており、それらを改善することでセルライトができにくい体質になります。

 

 

そしてそれらを実践した上で、すでにできてしまったセルライトを落とす方法としては、

 

  • 体を温める飲み物を飲む
  • 酵素量の多い食事を意識する(野菜や果物には酵素が多く含まれています)
  • 簡単なストレッチを行う
  • 毎日のウォーキング

 

 

これらを行うことで、特に外部に大きなお金をかけることもなく、手軽にセルライトを解消できるでしょう。

 

妊娠中にむくみとセルライトができやすい理由

 

ここまでで、妊娠中のむくみとセルライトが発生しやすい仕組みを大まかにまとめ、それらを解消するための方法を紹介してきました。

 

この段落では、妊娠中にむくみとセルライトができやすい仕組みについてもう少し詳しく紹介していきたいと思います。
わかりやすくするために、妊娠中のむくみ発生からセルライトが出来上がるまでの流れを、箇条書きでまとめていきます。

 

妊娠中はだんだんとお腹が大きくなっていきます。

 

そうすると、

 

骨盤周辺の内臓などがが外に押され、血管やリンパが圧迫される

主に下半身の血流とリンパの流れが滞る

下半身がむくみやすくなる

同時に血管も弱ってきます

すると老廃物が体内に留まりやすくなる

蓄積された老廃物がセルライトとなる

これをそのままにするとどんどん硬くなる

簡単な解消方法では改善されず、プロのケアが必要になって来る

 

先ほどまでの段落にいて、妊娠中に体がむくみやすいことから、セルライトもできやすい。

 

と言う流れを大雑把に紹介してきましたが、細かく見ていくとこのような流れになっています。

 

確かに妊娠中のむくみは、体の変化に伴って仕方がない部分もあるのです。

 

ただそればかりではなく、日常生活で改善できる点をしっかりと改善していくことで、
むくみの症状を最低限に抑え、セルライトができにくい体を作っていくことが可能です。

 

そのための方法が先ほど紹介したむくみとセルライトの原因を改善し、直接的にむくみとセルライトを解消していく。というものです。

 

なお、むくみやセルライトを改善、解消していくための方法は、むくみとセルライトの問題を解決する以外にも、体にさまざまな良いメリットを与えてくれるものですので、日常で取り入れられそうなものから実践してみると良いでしょう。

 

妊娠中のむくみを放っておくと危険!?

先程の段落で、妊娠中はどうしても体の変化からむくみが発生しやすい状態だと言う話をしました。

 

ただ、このような妊娠中のむくみを放っておくと場合によっては胎児に危険が伴うこともあるんです。

 

軽度のむくみなら良いのですが、ひどいむくみが続くようであれば、妊娠高血圧症候群の可能性が考えられます。

 

妊娠高血圧症候群になると、自分自身への悪影響だけでなく、胎児の成長や命の危険に関わってくる問題になってきます。

 

ですので、あまりにもひどいむくみが続くようであれば、自己判断で対処するのではなく、まずはお医者さんに相談してみてください!

 

さらに、むくみができている状態は、体全体の血行不良である状態である可能性が高いんです。

 

そうなると体が冷えてしまういわば、冷え性の状態であることも考えられます。

 

体が冷えて特にお腹が冷えた状態になると、赤ちゃんが逆子になってしまうという危険にも繋がります。

 

このような理由から、むくみもただ単に足が太くなってしまうから・・・
という視点だけでなく、それらの悪影響にも関係していることも意識しておく必要がありそうです。

 

そして、セルライトやむくみの症状がひどくなってしまわないように、このページで紹介したような解消方法を取り入れて、ご自身やおなかの中の赤ちゃんのためにも、体の状態を改善していきましょう♪

TOPへ