妊娠中に足がつった、こむら返りがおきた│どうしたらいい?

足がつったりこむら返りがおきる

寝ている最中に足がつったり、冬の時期こたつに入ってて立ち上がろうとする瞬間に足がつるという状況は、
特に女性の場合妊娠中に起こりやすいと言われています。

 

この現象は一般にはこむら返りと言われているのですが、
なんと妊娠している妊婦さんの約半数以上に見られる悩みの一つなんです。
ふくらはぎ周辺が突然に痙攣を起こして足がつってしまう状況は、
いざ足がつってしまうとどうしたらいいのか分からなくなってしまいます。

 

そこで今回は妊娠中に起こりやすい足がつるという現象である
こむら返りの主な原因、正しい対処とそれを予防する方法というものを見ていきたいと思います。

 

こむら返し│こむら返りとは

こむらがえりというのは、ふくらはぎ周辺が痙攣し足がつる状況を指します。

 

病気などなく健康な状態な妊婦さんだとしても、自分の意思とは関係なく筋肉が痙攣し収縮が起こっていくのですが、 通常は短い時間で治っていくのがほとんどです。
もちろんふくらはぎ以外の筋肉にも起こることはありますが、場所としてはほとんどがふくらはぎに症状が集中していると言われています。

 

一般的に足がつる現象は健康な状態だと起こらないと言われてはいるのですが、
妊娠しおなかの中に赤ちゃんがいる状況だとこの足がつる現象であるこむら返りが起こりやすくなると言われています。
妊婦さん以外では高齢者の方や激しいスポーツをしている最中に起こることも多く、
また筋肉が衰えてる状況の方でも起こりやすいとも言われています。

 

今回はそんなこむら返りの特に妊娠している妊婦さんについてを見ていきたいと思います。

 

妊娠中の足がつる・こむら返りの原因

妊婦さんのこむら返りをお医者様に見てもらう

本来こむら返りという状況の直接的な原因と言われているのは、ミネラルなどの不足によって筋肉が一時的に異常な収縮を起こすことと、脳から出る信号の誤動作だと言われています。
妊娠中の妊婦さんは通常時のこむら返しに、妊婦さん特有の原因が加わってしまいます。

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 骨盤の歪み
  • お腹が大きくなり足の血管を圧迫する
  • カルシウムやマグネシウムなどの栄養素の不足

主な妊婦さんの足がつる・こむら返しの原因となっているのは上記の4つあげることができます。

 

ホルモンバランスの乱れ

妊娠することでお腹の中の赤ちゃんを成長させ、妊婦さんを出産に向けて準備させようとホルモンバランスが乱れていきます。
同時に赤ちゃんの成長によって骨盤もその周辺も変化します。(詳しくはこの後説明します)その際に骨盤を広げやすくしたり、周辺の筋肉を柔軟に動かすためにもホルモンが分泌され、血液のバランスも乱れやすい状況になっていきます。
ホルモンバランスの乱れはPMSなどの精神的ストレスや疲労を招き、出産に向けて適度な運動が必要な妊婦さんの外出の動機を減少させてしまいます。その結果あまり動かなくなった、動かないから便秘になりやすくなったなど様々な弊害があり、より筋肉の低下を引き起こし、筋肉や筋を上手に動かしたり収縮させたりするのができなくなり、足がつった、こむら返しが起こったという原因になってしまいます。

 

骨盤の歪み

お腹の中の赤ちゃんが成長してきたり、成長させるため妊婦さんの骨盤は前述したホルモンの影響で妊娠前の状態よりも開いていき、骨盤は緩んでいる状態になります。
骨盤が緩む状態だと下半身の筋肉は引っ張られている状態になっていて、その一方でふくらはぎの筋肉は通常のように元に戻そうとして下半身の筋肉が相反する動きをしようとするんですね。
さらに骨盤が開いた状態ではお腹が大きくなっている状態も相まって、立っている状態では重心が後ろへと変化します。
重心が変化すると自然と歩き方も変化し、下半身への負担も気が付かないうちに増えてしまうんですね。

 

お腹が大きくなり足の血管を圧迫する

お腹の中で赤ちゃんはすくすくと成長を続けます。
すると子宮が大きくなって腸を圧迫し、便秘の原因の一つにもなるのですが、下半身へと続く血管も圧迫されるんです。
血管が圧迫されることによって下半身への血の巡りが悪くなります。

 

そのため足がつる原因の一つになるミネラル不足などの栄養がいかなくなるという状態になるんですね。

 

ミネラルなどの栄養素の不足

上記血管を圧迫するにも多少かぶる部分はあるのですが、妊娠中という時期は妊婦さんが食べ物などから摂取する栄養分がお腹の中の赤ちゃんにも送られるために、妊婦さん自身が栄養不足になりやすいと言えます。
特にミネラルでるカルシウムやマグネシウムが不足したら足がつったりしやすくなると言われているため、そのような栄養分を妊娠中は意識的に摂取する必要があります。

 

妊婦さんの足がつる・こむら返りの対処法

外出時に脚がつる

足がつる、こむら返りが起こるのは日中だけではなく睡眠中に突然起こって目が覚めてしまうという状況もあるので、その際の対処法を見ていきたいと思います。
正しい対処法を知らないとかえって悪化させたりするし、突然なので対処できないとパニックになる場合もあり得ます。
ついついやってしまう間違った対処法としてふくらはぎの筋肉を強くもんでマッサージしたり、患部を冷やしたりする人がいますが、そのような対処は余計に悪化させる場合があります。

 

ではどのような対処が有効なのでしょうか。
こむら返り、足がつるというのは筋肉の収縮なので、対処としてはまず筋肉を伸ばすストレッチなどが有効と言えます。
突然なった時でもゆっくりと筋を伸ばすような感覚でストレッチして患部の筋肉を伸ばしてください。ゆっくりやらずに、急いでやってしまうと痛みがかえって増してしまうこともあるんです。
ふくらはぎの場合は、足の親指を手で持ち、手前に引き起こすようにやるとふくらはぎ部分が伸びると思います。

 

また、患部を温めるというのも有効な対処になります。ただし、炎症を起こしている場合は逆に冷やしてあげる必要があるため、自分の状況を把握してから行いましょう。

 

ふくらはぎなどの筋肉を伸ばす
筋肉を温める

 

妊婦さんの足がつる・こむら返りの予防

原因の項目で足がつったり、こむら返りがどうして起こるのかが分かったと思います。
事前に予防するためには、血液の循環をよくすることと必要な栄養素を十分に取り入れることが重要なポイントになります。

 

予防法を文字であらわすととても簡単に思えますよね。しかも当たり前のことを言っているように感じると思います。
しかし、この2つは、足がつる、こむら返りだけの予防法だけで終わらず、妊娠中の妊婦さんが気を付けるべき様々な悩みの予防法にもなっています。

 

血液の循環を良くするためにもある程度の筋肉が必要となるので、ウォーキングのような運動を毎日少しでも取り入れたり、外出ができないような天候の場合は踏み台昇降運動などを行ってみたりすることも筋肉をつけるためには有効です。
出産時にある程度の筋肉がないと安産になりにくいというのも、かかりつけのお医者様から聞いたことがあると思います。

 

栄養面でも毎日の栄養バランスに注意することが心配な場合は妊婦さん向けの栄養サプリメントで補うことも、脚のつり、こむら返りの予防にもなるんですよ。


TOPへ