シャンベジーは妊娠中のセルライト対策にも効果的!

シャンベジーは妊婦さんのセルライト対策にもOK!

シャンベジーは、ただ酵素を使ったダイエットドリンクではなく妊娠中のセルライトを改善するのにも効果的だと言われています。

 

突然ですが、元々痩せていたのに妊娠してからセルライトができた。

 

こういった悩みをお持ちではありませんか?
実は、痩せてるからセルライトはできないと言うわけでもないようなんです。
また、妊娠中にセルライトができやすいのには、妊娠してから変化するホルモンのバランスも大きく関係しているようなんです。

 

そんなセルライトを改善するためには、ただ減量するだけではなく筋肉をつける必要性もあると言われています。
ですが妊娠中は以前よりもできる運動も限られてきますので、筋肉をつけやすい状態とは言えません。

 

そんな妊娠中の状況や体の状態をサポートしながら、セルライト対策を行ってくれるのがシャンベジーです。

 

ここでは、シャンベジーが妊娠中のセルライトを改善してくれる仕組みや、妊婦さんがシャンベジーの筋肉量アップサポート力を活かして筋肉を鍛えることのメリット、妊婦の方にとっての安全性等について特集していきたいと思います。

痩せていてもセルライトはできる

セルライトと言えばスリムな方には無縁なイメージの方も少なくないかと思います。
ですがセルライトの原因を見てみると、痩せている方でもセルライトができてしまう原因があることがわかりました。

 

中でも特に、セルライトの原因に大きく関係するのは血液循環です。
元々痩せていると言う方でも、身体がむくんでいたり消えてしまうことによって血行不良が起きてしまいます。
この状態が続くと体の代謝が低下し、わずかながらついている脂肪や老廃物を体内に溜め込みやすくなります。

 

セルライトとは、脂肪と老廃物がくっついて固まったものですので、仮に痩せている方でも血液循環が悪いとセルライトが発生してしまう事は十分にあり得るんです。

 

特に妊娠中は血行不良になりやすいとも言われていますので、元々痩せ方でも妊娠してからセルライトができたと言う方も意外と少なくないようです。

痩せるだけじゃセルライトは解消できない

セルライトを解消するには筋肉を適度につけることも大切です。
なぜなら、筋肉量がアップすることで血液循環も向上し体の代謝もアップします。
そうすることでセルライトの素材となっている脂肪、老廃物を体の外に排出していきやすい状態を作ることができます。
なので根本的なセルライト解消ができ、今後もセルライトができにくい体を作ることができるんです。

 

一般的に、セルライトを解消しよう!と思い立ったときに多くの方が1番最初に行うのがリンパマッサージだと思います。

 

確かにそれも有効な手段の1つです。
ですが、上記のような理由から、筋肉をつけるのも有効な手段の1つだということも忘れてはいけません。

妊娠中の筋力向上をシャンベジーがサポート

シャンベジーは元々プロテインのように筋力アップをサポートするのがメインの物ではありません。
ただ、酵素によるダイエット効果以外にも、成分をよく見てみると筋力アップをサポートしてくれる優秀な成分が備わっていることがわかります。

 

というのも、シャンベジーの原材料にはプラセンタが含まれており、それが成長ホルモンを活性化させ筋肉増加をサポートしてくれます。
また、バリン、ロイシン、イソロイシンなどのアミノ酸が含まれています。
これらの成分は筋肉を構成しているタンパク質の約20%を占めています。

 

つまり、以前よりも筋力増加が厳しい状態の妊婦さんでも、シャンベジーを飲む習慣をつけ日々これらのアミノ酸を摂取しながらウォーキング、ピラティス、などの妊娠中でもできる運動を取り入れていくことによって、着実に筋肉がつくことが期待できます。

 

このような習慣を取り入れ体全体の筋肉量を増加させることができれば、下手にダイエットできない妊婦さんでも、体の健康を維持しながら排除したいセルライトを効率よく除去することが可能なんです♪

筋肉が付くと安産ってどいうこと?

妊娠中にシャンベジーを飲む目的と言えば、本来であれば妊娠中の体重コントロールを行うためである方が多いかと思います。
また、妊娠中のセルライトを解消するために飲まれる方もいらっしゃるでしょう。

 

ですが、先ほどお伝えしたように筋肉がつくと妊娠中のセルライトを効率よく解消できるだけでなく、他にももっと嬉しいメリットがあるんです。

 

それが安産につながると言うことです。

 

安産は、ズバリ言うならばスムーズに無事に子供を出産することです。
実は出産と筋肉はとても深い関わりがあり、安産だった方の多くに共通するのが、筋肉量が多いと言う事。

 

出産をするときには、いきむ時に腹筋を使います。
それ以外にも様々な筋肉を使うのですが、いきむ際に使う筋肉がしっかり鍛えられていると、いきむべき時に十分な力を出すことができるため、しっかりといきむことができ、安産につながります。

 

一方、妊娠中のダイエットやセルライト解消を行う際に、筋肉に着目することなく他の方面から脂肪を減らすことばかり考えていると、仮に脂肪減らすことができても筋肉量が低下してしまい健康的なダイエットとは言えない状態になります。

 

このように筋肉量が低下したまま出産に臨むと、いきむべき時に十分な力を発揮できず、難産になってしまう方が多いです。

 

出産の際にうまくいきむことができずにあまりにも長引いてしまうと、緊急帝王切開をする必要が出てきたりと、赤ちゃんだけでなくお母さんの体にも大きな危険につながってくるんです。

 

このように、妊娠中に筋肉をしっかりつけるのとつけないのとでは、セルライトがどうこう以上に大きな問題に関わっているのです。

 

多くの酵素ドリンクでは、シャンベジーに含まれているようなアミノ酸がきちんと含まれていないようです。

 

その点、アミノ酸がしっかりと含まれていて、酵素ダイエットをしながらも筋力アップがしやすくなるシャンベジーは、まさに妊婦さんにとってお勧めの酵素ドリンクだと言えるでしょう。

シャンベジーは妊娠中でも安全?

シャンベジーの成分表を見てみると、そのほとんどが植物由来のものや体にとって健康的なものばかりです。
しかし、原材料の最後のほうにクチナシ色素と言う、食品を色付けるための成分があります。
これは果実から抽出される天然の色素ですが、着色料として食品添加物に指定されています。
食品添加物となると身構えてしまう気持ちは分かるのですが、特に大騒ぎするほどのものでもないようです。

 

クチナシ色素は元々着色料の中では安全な部類です。
そのうえ原材料の中でも最後の隅っこのほうに書かれているため、配合量もごくわずかだということがわかります。
また、以前他の酵素ドリンクの安全性について調べていた際、同じくクチナシ色素が配合されていた酵素ドリンクも直接メーカーに問い合わせてみたところ、配合量はごくわずかであり妊娠中の方でも安心して飲むことができるといった回答がありました。

 

こういったことからも、シャンベジーに含まれている量のクチナシ色素は、特に身構える必要がないと言えるでしょう。

 

妊娠中ダイエットとして飲むならば痩せ方に注意

シャンベジーはあなたのダイエットをサポートしてくれる優秀なアイテムです。
しかしながら、妊娠中ダイエットとして活用するのであれば気をつけなければいけないポイントがあります。
それは極端な痩せ方をしてはいけないと言うところです。
シャンベジーを使用するしないに限った話では無いのですが、シャンベジーを使用される方の中には、断食系のダイエットをしたり、栄養が偏ったダイエット方法を選んだり、極端な方法を取る方も少なくありません。
通常であればそれでもいいかもしれませんが、妊娠中の場合は大事な赤ちゃんにしっかりと栄養を届けられなければいけないので、極端な断食や栄養が偏ってしまうような体に悪いダイエットの方法は良くありません。
何かあってからでは遅いので、ダイエットの方向性は担当の先生とよく相談しながら行うようにしましょう。
シャンベジー自体は安全なものですが、使い方によっては危険なものに変わってしまうことも考えられます。
安全第一で健康的なダイエットをしていきましょう♪

TOPへ