ローヤルエンザミン酵素の飲み方

ローヤルエンザミン酵素の理想的な飲み方

ローヤルエンザミン酵素はダイエットに効果のある酵素ドリンクです。

モンドセレクションのダイエットと健康製品部門を受賞した商品です。
累計出荷数は約50万本です。
厳しく管理された京都の工場で製造されています。
有名なニュースサイトでも数多く紹介されています。
酵素ダイエットに失敗したり、外食が多くて食生活が心配だったり、ダイエット中の美容の心配などを解決してくれます。
そんなローヤルエンザミン酵素の飲み方をこのページでは特集したいと思います。

 

ローヤルエンザミン酵素には熱や酸に強く吸収力が違うエンザミン、美容や健康のエネルギー源になるローヤルゼリーが含まれています。
ローヤルゼリーに含まれるアピシンとデセン酸という成分が酵素と同じく体の代謝を高めます。
酵素とローヤルゼリーの2つを同時に摂取することで、酵素だけを摂取した場合と比べて、体の代謝を高める効果が上がります。
またローヤルゼリーには酵素の活性化に必要なビタミンなどの栄養バランスが含まれています。
脂肪を燃やすための栄養が不足してダイエットに失敗してしまうというリスクを軽減します。
ローヤルエンザミン酵素は熱に強いです。
エンザミンは食品センターの耐熱試験を121度まで耐えました。
また酸にも強く、耐酸性試験ではpH1.2をクリアしました。
胃の中でも酸は生き続けています。
そして低分子になっています。
分子量は500以下なので、分子が小さく、体内でも吸収されやすくなっています。
カロリーは100グラム48カロリーと低カロリーになっています。
一般的な酵素ドリンクは100グラムに約250カロリーから300カロリーほどあります。
納豆菌を利用した方法なので業界さあ行こう水準の低カロリーを実現しています。
内容量は1本600ミリリットルでコップ15杯から30杯飲むことが出来ます。
美味しく飲みやすいフルーティーな味になっています。
酵素ドリンク特有のクセを抑えています。
リンゴ、オレンジ、パインアップル果汁を使った優しい味になっています。
飲み方としてはそのまま飲むことが出来ます。
合わせやすい味なので炭酸水、ヨーグルト、スムージー、野菜ジュースなどと割って飲むことが出来ます。
ローヤルエンザミン酵素の主成分のエンザミンとは開発者である微生物の
世界的権威で元京都大学の医学部に在籍していた赤澤一三博士の研究改良によって完成した画期的な酵素です。

 

納豆菌類を強化して開発した独自の菌を特許製法によって長時間かけて製造しました。
エンザミンは酵素の中の酵素と呼ばれる新酵素成分です。

 

妊娠中という食事内容な飲み物にまで気をつけながら栄養も管理していかないといけない妊婦さんにも
とてもありがたい飲み物なんですよ。

 

効果を無駄にしない為の続け方

ローヤルエンザミン酵素を続けているのに知らず知らずのうちに効果を無駄にしてしまう。なんてことになりたくないですよね。
そのためには、ローヤルエンザミン酵素を続けることのほかに、普段の生活で無駄を作らないように心がける必要があります。
それは食事です。
あなたは普段の食事でカロリーコントロールを心がけていますか?
実際にダイエットに成功している方のほとんどがこのカロリーコントロールにフォーカスして徹底されていると言われています。
私たち人間の体は、永遠とベッドで横になっていても体重が減っていく仕組みになっています。
逆に毎日激しく動いていても必要以上に食べ過ぎてしまうと体重は減っていかないようになっています。これはローヤルエンザミン酵素を用いたダイエットでも同じことが言えます。
いくらローヤルエンザミン酵素を続けて痩せる原因を作っても、あなたの食事の要素でマイナス要素を作りすぎてしまっては、それが太る原因になってしまい、ローヤルエンザミン酵素の効果を無駄にしてしまうことになります。
これではお金をかける意味がありませんよね。
ローヤルエンザミン酵素は余分に食べたものをチャラにしてくれる最強の薬ではありません。
あくまで酵素の力などを活用して体のダイエットをサポートしていくというものです。
なので、ローヤルエンザミン酵素を無駄にしないためにも普段の食事で自ら太る原因を作ってしまわないように気をつけてくださいね♪

TOPへ