飲む生酵素の成分をチェック!安全性を確認しよう!

飲む生酵素は、生の酵素を飲める大人気ドリンクで
優木まおみさんも実際に飲んでいると話題になって成分も注目されている酵素ドリンクです。

 

優希まおみさんは、つい先日の2017年1月26日に第2子を出産されたばかりなのですが、
その妊娠中の体重管理にも飲む生酵素を利用されたりしていたとか。

 

妊婦さんにとっては妊娠中の体重管理ダイエットについて
『どうやって行けば安全で効果が出るのか』と悩んでいる方もたくさんいると思います。
このように、優希まおみさんなどテレビでも実際に目にしたことがある方が
妊娠中に飲んでいる酵素ドリンクというなら安心できる要素のひとつと言えます。

 

もっとちゃんと安心して飲む生酵素を利用することができるようにするには
飲む生酵素に使われている成分もチェックしておく必要があります。

 

では、その成分から見ていきましょう。

飲む生酵素の原材料

果糖ぶどう糖液糖、〈植物発酵エキス①〉(モロヘイヤ、パセリ、キャベツ、リンゴ、パイナップル、イチジク、シイタケ、ゴボウ、ミカン、アンズ、グレープフルーツ、ウメ、グレープ、キンカン、西洋ニンジン、トチュウの葉、クコの実、クコの葉、ハト麦、アマチャヅル、タンポポの根、ツユ草、クマザサ、オトギリソウ、ナンテンの葉、アカメガシワ、ハブの葉、ビワの葉、マタタビ、アムラの実、高麗人参、ナツメ、イチョウ葉、エゾウコギ、サラシア、アガリクス、田七人参、エンメイ草、アマドコロ、カキの葉、カミツレ、カンゾウ、キキョウの根、タマネギ、紅人参、レモン、メロン、トウガラシ、ショウガ、ニンニク、モヤシ、コンブ、フノリ、タマネギ外皮、ヨモギ、ウコン、スギナ、ドクダミ、キャッツクロー、キダチアロエ、イチジクの葉、センシンレン、セッコツボク、シソの葉、ツルナ、エビス草の種子、トンカットアリ、ニンドウ、ベニバナ、マカ、マツ葉、メグスリの木、モモの葉、ラカンカ、ルイボス、レンセンソウ、桑の葉、オオバコ、レイシ、カリン)〈植物発酵エキス②〉(よもぎ、どくだみ、キダチアロエ、秋ウコン、えんめい草、枇杷の葉、モロヘイヤ、ニワトコ、アカメガシワ、オオバコ、クコの葉、カンゾウ、松の葉、ナンテンの葉、スギナ、アマドコロ、ツユクサ、メグスリの木、ツルナ、高麗人参、パセリ、ごぼう、にんにく、らっきょう、キャベツ、もやし、しいたけ、クコの実、ハトムギ、弟切草、隈笹、たんぽぽの根、レンセンソウ、ももの葉、エビスグサの種子、イチョウの葉、レイシ、ニンドウ、イチジクの葉、ベニバナ、エゾウコギ、アマチャヅル、ハブ茶、羅漢果、杜仲の葉、やまいも、柿の葉、カミツレ、カリン、紫蘇の葉、ミカンの皮、しょうが、アンフィス、桑の葉、きんかん、タマネギの皮、田七人参、ききょうの根、ナツメ、サラシア、唐辛子、いちいの実、おたね人参、ルイボス、アムラの実、八升豆、ムイラプアマ、イボナシツヅラフジ、ゴツコラ、ホーリーバジル、キャッツクロー、昆布、ふのり、みかん、パイナップル、りんご、ぶどう、うめ、イチジク、グレープフルーツ、メロン、レモン、あんず、にんじん、たまねぎ、他)
香酢濃縮混合粉末、L-シトルリン、酸味料、香料、着色料(カラメル)、増粘多糖類、保存料(安息香酸ナトリウム)、甘味料(スクラロース)、ビタミンB1(原材料の一部に小麦、リンゴ、やまいもを含みます。)

飲む生酵素の成分と妊娠中・産後の安全性

この成分表を見て、食品添加物が気になる方も多いと思います。

  • 保存料(安息香酸Na)
  • 着色料(カラメル)
  • 甘味料(スクラロース)

この3つが飲む生酵素の中で含まれている食品添加物ですが、大量に摂ると発ガン性が問題になっていたりする添加物です。
ですが、飲む生酵素にについてはまったく安心して頂いて大丈夫です。

 

なぜなら、飲む生酵素は1個当たり15mlという少ない量で、真空パックされており、保存料が入っているのは
万が一でも品質が低下したものを届けるなんていうことがないようにしている配慮からきています。
つまり、個包装で衛生面が非常に優れているから、保存料の使用量も他の酵素ドリンクに比べても少なくて済むんだそうです。

 

実際に、飲む生酵素はボトルタイプのドリンクもあるのですが、保存料についてはボトルタイプのほうが多く添加せざるを得ないということなんだそうです。

 

これだけ多くの成分を多くのよりすぐりの原材料から作られている飲む生酵素。
国産の商品だから安心感もより一層人気の秘密になっているようですよ。

 

酵素サプリメントや酵素ドリンクは、素材の酵素数や栄養素が商品選定の基準になっている部分もあるので
飲む生酵素がこのような天然素材を使って素材にもこだわりを持っているのは魅力や特徴の一つになっているわけなんです。

 

妊娠中ダイエットに使うならやり方に注意

妊娠中ダイエットに飲む生酵素を使う事は危険なわけではありませんが、ダイエットをするならばやり方に充分気をつける必要があります。
というのも、酵素ドリンクなどを活用するダイエット方法には、食事を抜いてしまったり、固形物を数日間にわたって一切口にしないなどの極端なダイエット方法があります。
確かに短期間で目先の結果を出していくためには非常に効果的な方法です。
ですがその代償が非常に大きく、必要な栄養が十分に補給できない恐れがあります。通常であればご自身の健康状態やお肌の状態等に影響が出てくるだけで済む場合が多いですが、妊娠中の場合必要不可欠な栄養素が赤ちゃんに届かなくなる恐れがあります。
一生ものの悪影響が残ってしまう可能性もありますので、妊娠中にそういった極端なダイエット方法を取るのは非常に危険です。

 

なので飲む生酵素をとりながらも、適度に運動をしたり、カロリーコントロールをしたりしながら必要な栄養補給していく。
という事は忘れないようにしてくださいね。
なお、こういったアイテムを活用しながらのダイエットについてもお医者さんと相談しながら計画的に行うと良いかと思います。

TOPへ