妊婦さんにおすすめハーブアブソリュートコンブッカの飲み方

妊娠中の体重管理ダイエットは本当に大変ですよね。
お腹の赤ちゃんがちゃんと健康的に育っていくために必要な栄養素は
ママの妊娠中の健康を支えるための栄養素とはまた別に必要なので、
妊娠中には食べる量は控えながらも、しっかりと考えられた栄養摂取とそのバランスが大切と言われています。

 

ですが、普通の食生活を行っている限りではなかなかその理想的な栄養バランスと低カロリー、高タンパクな食事というのは
なかなか完全な妊娠中の理想的な食生活として毎日送る事はなかなか難しいというのが実際のところでは無いでしょうか。

 

そこで、妊娠中の体重管理ダイエットを理想的に行うことができる
飲み物の1つであるハーブアブソリュートコンブッカを使った健康的な妊娠中の体重管理ダイエットこのページでは特集していきたいと思います。

 

体重管理ダイエット@ハーブアブソリュートコンブッカの飲み方

体重管理ダイエットに効果的なハーブアブソリュートコンブッカの飲み方なのですが
、これは毎朝、一杯当たり20mlの原液を体を温めてあげるように白湯で割って飲むことです。

 

さゆの量は、いっぱい当たり200mlから250mlの間で加減しましょう。
その時の味の感じ方によってもこれは変わってくるのですが、薄めにすればするほど、食べつわりや妊娠初期の吐きづわりなどの時でも
風味が気にならず飲むことができるでしょう。
もともとハーブアブソリュートコンブッカ自体は紅茶をベースに野菜や果物、野草といった原料を加えて酵母菌で発酵させたドリンクです。

 

ベースに紅茶を使っているため、野菜や果物に含まれる甘みと野草に含まれるポリフェノール類を吸収効率良く摂ることができますが
味のほうもアップルティー風味の紅茶味となっています。
味の感じ方については個人差があるため妊娠中のつわりに苦しめられている方の場合は、
まずは匂いや味が気にならないような飲み方をできるだけ行うようにしたほうがよさそうです。

 

また、つわり中でもなく妊娠中の安定期で、ハーブアブソリュートコンブッカの味が苦手でもなく
美味しく飲めるようであれば一杯当たりハーブアブソリュートコンブッカの原液の量を30mlに増やして飲んでいくことも良い方法です。

 

というのも、その分だけ妊娠中に必要なミネラル、ポリフェノール、ビタミン群をバランスよくとることができるからなのですが、
特に毎朝、飲むことによってハーブアブソリュートコンブッカの中にわずかに含まれたカフェインで
朝の目覚めが良くなってその分だけ体の巡りも良くなるという特徴があるからです。

カフェインが気になった方は…

ハーブアブソリュートコンブッカに含まれるカフェインが気になった方は、
一杯当たりのハーブアブソリュートコンブッカに含まれるカフェインの量を具体的にご紹介したいと思います。
妊娠中でも安心して飲んでいただけることがわかると思いますよ。

 

ハーブアブソリュートコンブッカに含まれるカフェインの量は、720mlのフルボトル1本あたりで、約80?100mgとなっています。
これをいっぱい当たり30mlで割って計算するとなると… 24杯とることができますので、一杯当たりに含まれるカフェインの量は

 

約3mgから4mgということになりますね。

 

これは、アメリカンコーヒー(娘に入れた)と比べても約30分の1から40分の1のカフェイン量ですので
全く妊娠中でも問題なく飲めるレベルのカフェイン量であります。

ハーブアブソリュートコンブッカの味は?

ハーブアブソリュートコンブッカの味は、基本的にアップルティー風味の紅茶味ということができます。
実際に口コミでもそのような味の良さが報告されているため、
妊娠中のつわり等の特別な個人差あった上で味の好みがあるような状況においては何とも言えませんが
基本的に飲みにくい味では無いと思いますよ。

ハーブアブソリュートコンブッカを飲むタイミングは?

ハーブアブソリュートコンブッカを飲むタイミングは、基本的には先ほどもご紹介した通り、
毎朝の朝食の時にわずかに食べる量をちょっとだけ加減して、
その分ハーブアブソリュートコンブッカを飲んであげる。そしてその時は左右で割ってあげるというのが
体を冷やさないで飲めるひとつのコツで妊娠中の体重管理ダイエットをスムーズに生かせるための方法でもあります。
ハーブアブソリュートコンブッカに含まれる乳酸菌やハーブアブソリュートコンブッカの原料の中に含まれているりんごやオレンジの栄養素であるりんご酢やペクチン、オレンジに含まれるヘスペリジンなどのポリフェノールによって毎朝穏やかに目覚めながら、血流を活性化させることで、妊娠中のホルモンバランスの変化による「蓄え体質」を穏やかに変えていくことができるんですね。

 

また、すでに妊娠中に妊婦検診で先生に体重の増えすぎを注意された方で
明らかに痩せなさいと言われた方の場合は、葉酸サプリなどで必要な栄養素をしっかり摂取しながら、
なおかつ朝食をハーブアブソリュートコンブッカに置き換えて、なおかつ夕食で食べる量を減らしながら、
ハーブアブソリュートコンブッカとサプリメントを使って栄養補給を助けてあげるようにしましょう。

 

そうすることによってできるだけ無駄なカロリーを摂取しないようにしながら必要な栄養素は
しっかり補給できる上にハーブアブソリュートコンブッカの働きによって、妊娠中の蓄え体質を緩和させていくことができますよ。

 

ハーブアブソリュートコンブッカで失敗した方が語る良くない飲み方、続け方

私の知っている人で、ハーブアブソリュートコンブッカでダイエットをしたが最初の挑戦は失敗してしまった経験をしている人がいるんですが、その方が教えてくれた失敗するパターンとして挙げられる良くない飲み方や続け方について簡単なポイントをご紹介していきたいと思います。

 

ハーブアブソリュートコンブッカ自体は非常に優れたアイテムですが、一方間違えるとその効果を無駄にしてしまうこともあるんです。

 

その最大のポイントは、継続が歯抜けになってしまうと言うところです。初めての挑戦で失敗してしまった彼女は、飲む日があったり飲まない日があったり、まばらだったそうです。また、続けてこんなことを言っていたのですが、食生活の見直しは必須だそうです。
ハーブアブソリュートコンブッカを毎日継続するようになってから徐々に体重が落ちるようになったようなのですが、食生活の見直しをした途端体重が落ちるペースが一気に上がったそうです。

 

なので、彼女曰く、毎日の継続と食生活の見直しを決定することができれば、より確実に結果を出すことができるのではないかと言う話をしていました。

 

ハーブアブソリュートコンブッカをこれから始められる方、今現在ハーブアブソリュートコンブッカを継続されている方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

 

ハーブアブソリュートコンブッカの乳酸菌は便秘にどう?

ハーブアブソリュートコンブッカに含まれる乳酸菌は基本的に酵母菌によって作り出された
非常に微粒子の乳酸菌で人間の体内に入る乳酸菌とも相性が良いと言われています。

 

私たちの体にいる腸内細菌は乳酸菌だけではなくビフィズス菌、アシドフィルス菌など
複数の種類がありますが、妊娠中はお腹の赤ちゃんを異物として認識しないために「免疫寛容」という現象が起こっています。

 

これは妊娠中のホルモンバランスの変化による自律神経の働きによって抑えられるもので、
目的はやはり前述の通りお腹の赤ちゃんを異物として認識しないためなのですが、
(この働きによって子宮収縮が起こらない仕組みになっています)

 

妊娠中に便秘をして便秘と下痢を交互に繰り返すような良いとは言えない腸内環境になってしまうと
下痢をした時にも便秘でお腹が張っていたくなってしまった時にも子宮収縮が起こってしまう原因となります。

 

ですので基本的には妊娠中の水分補給(体を冷やさないよう注意が必要)が大切になってきますが、
その時にそれに答えられるだけの腸内細菌のバランスが整っていないと便秘を解消することができないんです。
そのためにはポリフェノールとビタミン類のバランスそして乳酸菌も含まれているハーブアブソリュートコンブッカの働きがとても役に立つんですね。

 

ですので妊娠中はできるだけサプリも使いながら、上手にバランスのとれた栄養補給をしながら
なおかつ食べ過ぎができるだけ起こらないようにしましょう。またもし仮に食べ過ぎてしまった時でも
必ずそれに見合った正しい対処の仕方がありますので、慌てずに落ち着いて
ハーブアブソリュートコンブッカの特性や栄養補給の大切さを考えながら妊娠中の体重管理ダイエットを行っていくようにしましょう。

 

また便秘解消のためにハーブアブソリュートコンブッカを利用する場合は水分補給は先ほどご紹介した通り大切なのですが、
それ以外に1つだけ足りないものがあります。それが食物繊維なんです。

 

食物繊維は水溶性と不溶性の2つがあり、どちらもバランスよくとることによって妊娠中の便秘に対しても非常に効果的な解消の手段になります。
不溶性食物繊維は牛蒡やレンコン、じゃがいもなどの根菜類に豊富に含まれています。
また、水溶性食物繊維は特に海藻類や根菜類でもサツマイモには豊富に含まれていて、
これも便秘解消には役立ちますよ。

 

もちろん食べ過ぎには注意しないと行けませんが、ほどよくこれらの食材と組み合わせながら
しっかりと食物繊維を取り、なおかつハーブアブソリュートコンブッカの特徴を活かしながら
食べ過ぎも起こらないようにしつつ適度な運動も組み合わせていくことで妊娠中の便秘を解消することができます。

TOPへ