妊娠中ダイエットの成功のカギは正しい方法と目的

妊娠をきっかけに、女性の体はどんどん変化していきます。
その中でも、見た目や数字でわかりやすいのが体重ですよね。
胎児や羊水でお腹が大きくなりますし、赤ちゃんの分も栄養を摂らなきゃ!
というママさんも多いのではないでしょうか。

 

それと同時に、「マタニティダイエット」という言葉もよく聞くようになりました。
妊婦さんの体重が増えていくのは当たり前です。個人差はありますが、人によっては
妊娠初期の「食べつわり」や、妊娠中期に入ってつわりが落ち着くと、突然食欲が
出てきて、ついつい食べ過ぎてしまうものですよね。

 

これらによって急激に体重が増加すると、「妊娠高血圧症候群」や「妊娠糖尿病」
などを発症してしまったり、付き過ぎてしまった脂肪によって、赤ちゃんが産道を通る時の
妨げになり、結果的に難産になってしまう事があるんです。

 

また、産後になっても、ママさんはいつまでもキレイな女性であり続けたいですよね。
「妊娠中だから…」といって気を抜いていると、気付いたら妊娠線が…なんてこともあります。
妊婦さんの体重管理はきちんと行わなければならないんですね。

 

マタニティダイエットの成功の鍵

マタニティダイエットは妊娠前に太っていた状態から安全に出産できる体重までコントロールするダイエットのことで、
あくまで安全な出産に向けてのダイエット方法を言います。
妊婦さんは妊娠中に急激な体重増加をしてしまうと出産が難しくなったり、妊娠高血圧症候群などの注意が必要になるため
妊娠期間に適切な体重のコントロールが必要になります。
それが妊娠前から太っていると、まずは痩せて適切な体重に落とすことを考えるのですが、
なかなか妊娠している体で出来るダイエットは難しく、成功させるのもハードルが高いとも言われています。
しかし、大事なお腹の中の赤ちゃんのためにも妊婦ダイエットは成功したいところです。
そのためのカギとなるのは正しい方法と、しっかりと目標を持つことだと言えます。

 

マタニティダイエットの目的

マタニティダイエットは、普通のダイエットとは目的が異なります。
普通のダイエットならば、ただ体重を落としたい・くびれがほしい…など、
自分の容姿や健康の為に行いますよね。

 

でも妊婦さんが行うマタニティダイエットは、決して無理なダイエットは禁物。
なぜなら、あなたのお腹には大切な赤ちゃんがいるから。
先程ご紹介した病気になってしまうと、赤ちゃんに発達障害や奇形児になって
しまう事があったり、早産・死産に繋がってしまう恐れもあり、大変危険です。

 

ママが健康的に、赤ちゃんも元気に生まれてくるために、適正体重に沿いながら
ちょうどいい、適度なダイエットを行う必要があるんですよ。

 

マタニティダイエットの方法

マタニティダイエットを行う前に心がけておかなければならない事は、
無理をしない事。
赤ちゃんにしっかり栄養を届けなければなりませんので、無理な食事制限は禁物。
また、過度な運動を行う事も、赤ちゃんに影響が及ぶこともありますし、早産などで
お腹が張りやすい方も、運動には注意しましょうね。
また、ダイエットサプリメントは胎児に影響が出てしまう事がありますので、
使用してはいけません。
妊娠時期に見合ったダイエットを行う事で、母子ともに健康な状態でダイエットを
成功させましょう。

 

妊娠初期のマタニティダイエット法

妊娠初期は、まだ安定期に入っていないため、運動を行うときは注意が必要です。
基本的には食事の改善を中心に行いましょう。
食事は薄味・和食を心がけ、食べつわりでつらい方は、海藻やキノコ類・春雨など
低カロリーで栄養価の高いものを選んで食べると良いでしょう。また、何か口に
含んでいないと気持ち悪い!というつわりの方は、葉酸系のタブレットやキャンディを
口にしてみるのも良いでしょう。

 

また、全く運動しないというのも健康的ではありません。
軽くお散歩などに出かけてみると、妊婦生活のストレスも多少軽減されると思いますよ!
赤ちゃんに影響がないよう、自転車に乗ったり、他の人とぶつかってしまうような運動は
なるべく控えてくださいね!

 

妊娠中期のマタニティダイエット法

妊娠中期になると、つわりもひと段落します。
だんだん食欲も増えてきますので、食べ過ぎには要注意。
「赤ちゃんの分も!」なんて2人分食べたら、どんどん体重が増えてしまいます。
揚げ物ばっかり、スナック菓子ばっかりなど、偏った食事には気を付けましょう。
どうしてもご飯がたくさん食べたい!そんな時は白滝ご飯にしてみたり、低カロリーにする
工夫をしてみてくださいね!

 

また、この頃は運動もお勧めです。
せっかくですから、マタニティヨガやマタニティビスクでダイエット&ストレス発散してみては?

 

妊娠後期のマタニティダイエット法

妊娠後期はどんどん赤ちゃんが成長し、それに伴って体重も増加してきます。
体が重くなって腰痛なども出てくるでしょう。
ですが、運動不足になってしまうと、出産時の体力すら確保できない状態になってしまって
いるかもしれません。
無理をしない程度に、ウォーキングや今しかできない大掃除をして、体力アップとダイエットを
行っていきましょう!

 

妊娠中に安全に痩せるマタニティダイエットのメソッド

TOPへ