体重が思っていたよりも増えすぎたら

妊娠中にはお母さんのためにも赤ちゃんのためにも栄養を摂ることが必要不可欠です。

 

しかし、妊娠中とはいえ栄養のあるものを必要以上に摂り過ぎてしまうと
体重が増えて過ぎてしまったり、脂肪が多くつき過ぎてしまう場合があります。

 

そのため、妊娠中に体重が増え過ぎてしまったり、脂肪が多くつき過ぎてしまうなど
体重や体型などが変化してしまった場合には妊娠中ダイエットを行う必要があります。

 

また、妊娠時からすでに太っている場合も、
出産時のリスクなどを考えると適切なダイエットが必要になる場合もあるんですね。

妊娠中に増えて良い体重はどのくらい?

妊娠中はご存じの通り体重は増えて行きます。

 

妊娠中に増えて良い体重の幅はBMI値で決められます。

BMI数値18未満 9~12kg|(このゾーンの方は、もともとかなり痩せ体型)
BMI数値18~24まで 7~11kg|(このゾーンの方は、いわゆる普通体型)
BMI数値25~ 5~7kg|(このゾーンの方は、肥満気味と分類されます)

このような枠組みで“妊娠中に体重が増えて良い幅が決まっている”んですね。

 

しかしながら、この幅を超えて太ってしまう妊婦さんもおられます。

 

これは、妊娠初期に胎盤や臍帯(へその緒)が作られて、
小指の先ほどの大きさの赤ちゃんがいる時点から少しずつ増えて行くということなのですが
そのペースを超えて太ってしまう場合は『栄養過多』ということになります。

妊娠中の体重増加のうちわけは?

後ほど、赤ちゃん、胎盤やへその緒、羊水などの合計の重さをご紹介していますが、
妊娠中は適切な体重増加のペースを守った体重の増え方が大切です。

 

ママの身体の方で、妊娠中に体重が増える要因は、安定期から後期、お産に向けて
赤ちゃんに栄養をしっかり送り届けるために血液量が増えるという部分、そして万が一の時に
赤ちゃんへの栄養供給がとどこおってしまわないようにママの身体が自然と水分をたっぷり含んだ脂肪を貯めようとします。

 

この、“妊娠中の脂肪と水分のたくわえ”が産後に母乳のための栄養素として使われたりします。

 

妊娠による体重の増加というのは適正値があり、それを超える場合は
しっかりと体重のコントロールをするように産婦人科でも指導されます。

 

基本的にはウオーキングなど妊婦さんの負担にならないものをすすめられるのですが、
妊娠初期のつわりがきついときなどなどはどうしても体重の増加がコントロールできないということになります。

 

ですが、ウオーキングなどの運動によって痩せようと思えないという妊婦さん側の感情もあるんですね。

 

そして、普段から体重や体型などに気を使っている方は
妊娠中ダイエットを行う必要はあまりありませんが、
妊娠中で気が緩んでしまったり、ストレスを多く感じてしまうことによって
甘いものやカロリーが高いものなどを食べ過ぎてしまっていると、
体重が増え過ぎてしまうので妊娠中ダイエットが必要になる場合があります。

 

そして、妊娠中に体重が増え過ぎてしまったり脂肪が多くついてしまうと、妊娠中に注意が必要な病気を引き起こしてしまったり、場合によっては出産時や赤ちゃんなどにも様々な影響がでてしまう可能性があります。
そのため、妊娠してから体重が増え過ぎてしまった際には、妊娠中ダイエットを行うことで妊娠中の体重や体型などの管理が必要になる場合があります。

 

妊娠中の体重増加のリスク

体重増加のリスクを語る上では、まずは妊婦さんがどのくらい体重が増えるものなのかを
知ったうえでお話しなければなりません。

 

お腹の中ですくすくと育つ赤ちゃんの重さは約3キロといわれています。
ここに羊水や胎盤が約1キロ加わる形です。
さらに妊婦さん自身が出産のために体力や変化する体型で3キロから4キロくらいが加算されます。

 

この計算から妊娠中の妊婦さんが増加する体重の目安としては約7キロくらいといわれているんです。
もちろん痩せすぎの方は出産のためには太らなくてはならないし、
逆に太っている方は出産のためにやせなくてはなりません。

 

あくまで目安としてこの増加する体重の目安は知っておきましょう。

 

この上で妊娠中の体重の増加のリスクを考えていくと、やはり適切な栄養管理や運動などで体重管理を行うことが大切なんですね。
それがちゃんと行えると妊娠中毒症、妊娠糖尿病、難産のリスクがさげることができます。

 

妊娠中に体重が増えすぎないようにするには?

妊娠中に体重が増えすぎないようにするには、大きく分けて2つの要素に分けることになります。

  • 食事による栄養管理とカロリー減
  • 適度な運動に消費カロリー増

この2つの要素を助けるのがサプリメントや酵素ドリンクということになります。

 

酵素サプリやドリンクは野菜や野草、果物などの原料から生きた酵素を熟成発酵されて
タンパク質やミネラル、ビタミン群などが含まれています。

 

また、ものによってはアミノ酸や葉酸、鉄分、亜鉛などが摂れる酵素ドリンクやサプリメントもあり
しかも、お砂糖を使わずに素材の栄養素だけで自然発酵させているドリンクもあるんですよ。

 

酵素ドリンクや酵素サプリがどういった点で妊娠中の体重管理ダイエットに役立つのかというと

 

体内酵素の働きを活性化させることで栄養は補給しながら、
身体に貯めていけないものはしっかり排出するための代謝を高めるということなんです。

 

ただし、妊娠中の身体の健康状態に個人差があります。

  • 今の自分にどんな栄養素が足りていないのか
  • 悩みの種類によって必要な栄養素が違う
  • 栄養の吸収効率の違い

によって正しい選び方をすることが大切なんですね。

TOPへ