知らないと怖い!妊娠中ダイエットのリスクとは

通常、妊娠中ダイエットは、あまり勧められる物ではありません。
やはり胎児の栄養などが不足がちとなり未熟児になる可能性まで出てしまいます。
栄養をしっかりと取らなくてはいけない妊婦にっとっては、赤ちゃんの為と思って妊娠中ダイエットは諦めた方が良いかも知れません。

 

これは、ただ単に痩せることをのみ目的とした妊娠中ダイエットのことです。

 

妊娠中ダイエットは女性にとっては、体型が変わって凄くショックな事かも知れません。
そう言った時にダイエットをしてしまってもあまり良い結果とならない事が多いです。

 

妊娠中ダイエットはやはり危険?

妊娠中ダイエットを実践するならば、栄養などを気にしながら行わなければいけないでしょうし、運動系の分は何かあって流産となると大変な事となります。
ストレッチや運動は出来るだけ控えなければいけないので、食事系のダイエットだけが唯一出来る妊娠中ダイエットとなるでしょう。

 

無理なダイエットは結果的にリバウンドしたり、体調を壊す事が多いので時間をかけて少しずつ行う物とそんなに変わらない状況となります。
その事を踏まえると、闇雲に痩せたいからと言って色々な物に手を出すのも危険が高いという事です。

 

妊娠中ダイエットも同じ様に、出産後にじっくりと時間をかけて体重を落とす事で考えた方が結果的に痩せるスピードは変わらないのかも知れません。

 

妊娠中ダイエットの考え方

だからこそ、私は妊娠中ダイエットというのを産後に痩せやすい準備ととらえているのです。
妊娠中ダイエットはすぐに効果が出るものではなく、痩せやすい体を準備するということが目的なのです。

 

見ていただいたらわかるのですが、トップページで紹介しているドリンクやサプリは栄養を損なわないようなものばかりです。
ダイエット商品は妊娠中は使用不可などの表記のものが多いのですが、これらは大丈夫なんです。

 

痩せることを目的としたらプレッシャーもかかるし、焦りも出てきてストレスも増えてしまいます。
そういったダイエットの弊害の要素を増やさないように妊娠中ダイエットは、しっかり考えていきましょうね。

 

妊娠中ダイエットによる危険なリスクとは?

妊娠中にダイエットをする理由は人それぞれ違ってくるかと思います。

 

・増えていく体重に対する不安や恐怖を解消したい。
・旦那に太ったことを侮辱された。
・友達に指摘された

 

このように理由は様々あると思いますが、基本的に妊婦さんが
本格的に体重をコントロールする必要があるのはお医者さんから体重管理の指示が出た場合のみです。

 

本来ダイエットをする必要がない適正体重であるにもかかわらず、自己満足でダイエットをすることや、
他人に太ったことを指摘されたからといってダイエットをしてしまうのは大変危険だと言われています。

 

何故かというと、妊娠中に行く必要なダイエット行って母体の栄養状態が悪くなってしまうと、
その分胎児への十分な栄養補給もできなくなってしまいます。
そうなると赤ちゃんが十分に成長していくことが困難になってしまい、
低体重児のリスクが非常に高まってしまう確率が高まってしまうからなんです。

 

近年女性の間では痩せ型思考が爆発的に広まり、その影響からか20年前に比べて
未熟児の赤ちゃんが増加しており、
今や10人に1人の子供が未熟児で生まれてくるという現状があります。

 

未熟児というのは、母体から栄養摂取がうまく行われなかったことが原因ですので、衰弱体質だったり、知能や運動能力に問題が生じることがあるようです。また、未熟児の赤ちゃんが生まれてから低血糖を起こしてしまった場合、脳に障害が発生してしまう可能性があるとも言われています。

 

このように、妊娠中に不必要なダイエットを行ってしまうと、子供が生まれてから子供の体の重要な部分に様々なリスクが発生する可能性が高くなってしまいます。

 

このような理由からも、妊娠中に不必要なダイエットをする事はリスクが高く危険だと言われているんです。

 

医師からダイエットの指示が出たらどうすれば良い?

先ほど妊娠中に不必要なダイエットを行う事は良くないという話をしました。
しかし、太り過ぎも妊娠中毒症などのリスクにつながってしまうため良くありません。

 

そうなってしまう危険がある場合は妊婦検診の際に担当のドクターからダイエットの指示が出るかと思います。

 

ここでは、そのような場合具体的にどんな体重コントロール方法を行ったらよいのかについて、簡単に見ていきたいと思います。

 

妊娠中ダイエットの基本はカロリーコントロールです。
カロリーをコントロールするためにも、低カロリーでバランスの良い栄養が取れる食事をとること。
適切な運動で適度にカロリーを消費する習慣をつけること。
この2つが重要です。

 

食事によるカロリーコントロール

なお、低カロリーでバランスの良い栄養を取れる食事といってもやり方が様々ですが、シンプルに言うならばさっぱりとした和食中心の食事にするのがオススメだと言われています。

 

さっぱりとした和食を中心の食生活にすることによって、たくさんの野菜からバランスよく栄養を補給できるだけでなく、余分なカロリー摂取を予防することも期待できます。

 

また、適度に果物を摂取して、果物から取れる質の高い栄養素を補給しながらも、酵素を同時に取り入れることでダイエットがより効率的になると言われています。

 

食事の見直しによる妊娠中ダイエットについて詳しく知りたい方は以下のページを参考にしてみると良いかもしれません。

 

★該当するページの内部リンクを

 

運動によるカロリーコントロール

運動によるカロリーコントロールはいたってシンプルです。
妊娠中はできるだけ運動は控えた方が良いと思ってしまいがちですが、
お散歩程度のウォーキングはむしろ積極的に行った方が良いと言われています。

 

そうすることで筋力向上や血液循環向上など体にとって嬉しいメリットがたくさんあると言われています。
またそういった嬉しいメリットから直接的なカロリー消費だけでなく
基礎代謝も向上するといったような嬉しい効果も期待できるんですよ。

 

体調が悪い時に無理をするのは良くありませんが、天気も良くて体調が良い時は
20分でも30分でも時間を作って外を歩く習慣をつけてみると良いかもしれません。

 

継続すればするほど痩せやすい体質に変わっていくとも言われています♪

TOPへ